*

い草を食べると痩せる?

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 健康

tatami

畳に使われるい草、昔は薬草として使われていました。

現在はあまり食用には使われないのですが、

い草を食べると健康にいいという、研究をしている森田博士と、い草の効能を紹介します。

 

  スポンサードリンク  
い草を10日食べて、ウエスト-12㎝?

 

北九州市立大学の森田洋教授は、い草の健康効果を研究している博士です。

森田教授の研究で、5人の女性に、10日間、1日3回、い草の粉末を食事に混ぜて

食べてもらいました。

その結果、5人すべての女性が、ウエストのサイズが減り

平均で-5㎝、最高に減った人で-12㎝ という結果が出ました。

 

い草は、ゆでて灰汁(あく)を取ったものを、粉末状にした食用のものです。

食べ方は、粉末い草を、食事にませて、1日3回の食事と一緒にとりました。

量は1回につき、小さじスプーン1(2g)程度です。

 

なぜい草を食べると痩せるのか?

 

い草は、食物繊維が豊富に含まれています。

野菜の中でも、食物繊維が多いパセリや、青汁の原料ケールに比べても

1.5倍の食物繊維が含まれていて、それ以外に、ミネラルもたっぷり含まれています。

 

ほかの野菜に比べて群を抜いて、食物繊維が豊富です。

この食物繊維が、便通の改善をはかって、

大腸にたまった宿便を排出し、ウエストが減ったのです。

 

それ以外に、い草の断面はスポンジ状になっていて、

体内に入った有害物質を、体の外に出す、デトックスの役割もしてくれます。

似たような作用では、炭が有名ですね。

スポンサードリンク

炭も最近、麺や、パンなどに練り込んだ製品が、出回って、定着してきました。

炭も、断面の空間に有害物質を取り入れ、外に出す働きがあると、知られています。

 

い草は、江戸時代あたりまでは、薬草として使われていたので、

本来なら食用に使っても、おかしくないのです。

a0001_009101

そのほかのい草の使い方

 

い草には抗菌作用が認めれていて、食中毒を起こす菌の発生を抑える実験も、

森田教授が行っています。

い草を使った、畳の部屋で勉強すると、い草の香りが集中力を高めて

子供の勉強には、畳の部屋でするほうが、効率がいいという研究もされています。

 

江戸時代の薬草の記録によると、い草を煎じて飲んだり、灰にして飲んだりして、

感染による炎症や、のどの疾患に効果的との記録があります。

 

食べ方は?

yasai

粉末は粉っぽいので、食事に混ぜる時には、気をつけたほうがいいでしょう。

何にでものせて、食べてもいいのですが、粉っぽいのでむせてしまいます。

 

おすすめは、野菜ジュースにいれて、よくかき混ぜて飲む のがいいでしょう。

粉っぽさも軽減されます。

味は少し草くさいので、苦手なようなら、オブラートに包んで、

薬のようにのんでもいいかもしれません。

 

バニラアイスクリームにかけて食べると、

い草が抹茶のような味わいになり、冷たさで味覚も少し弱まるので、美味しく食べられます。

でも、毎食アイスクリームを食べると、別の意味でカロリーを取り過ぎるので、

ほどほどにしましょう。

 

工夫次第で、いろんな料理に使えそうな、今後に期待したい食材ですね。

 

  スポンサードリンク  

関連記事

橋本病とは?原因と症状チェックで予防する

橋本病という病気をご存知ですか? 日本人の女性に多く、特に40~50代の女性の、10人に1人の高い割

記事を読む

足がつる原因と予防法は?こむら返りになったら?

  睡眠中、運動中に、突然足がつることが、ありますね。 特に、睡眠中に、ふくらはぎがつっ

記事を読む

足が熱い原因は?隠れ冷え性の疑い?

夏、足の裏がほてって、困ったことはありませんか? 夏だから、暑いのが当たり前なのに、なぜか足の裏が異

記事を読む

no image

夏の快適入浴法!コレで暑い夏を乗り切ろう

熱い夏は、湯船につかるのが億劫で、ついシャワーですませてしまいがちです。ですが、暑い夏を乗り切るには

記事を読む

no image

雑穀を食べよう!種類と効能 レシピ紹介!

最近では、雑穀が注目されています。雑穀米にして、毎日とりたいですね。 どんな雑穀がどんな効能がある

記事を読む

no image

亜麻仁油(アマ二油)の効果的な使い方とは?ダイエットやアトピーにも

ダイエットの天敵が油と言われているのは、体積に対してカロリーが高いからです。そして、食欲が増えて

記事を読む

胃下垂の症状と治療法は?腹筋を鍛えれば治る?

胃下垂と聞いてイメージするのが、「胃下垂の人は食べても太らない」 「痩せの大食い」といったところでし

記事を読む

no image

骨粗鬆症は予防が大切!運動や栄養が決め手

閉経後の女性に多い、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という骨の病気があります。 年をとると、

記事を読む

no image

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

夏の風物詩といえば土用の丑の日に鰻(うなぎ)、ですよね。ではなぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるんで

記事を読む

ココアの効能は?アンチエイジングや体臭にも?

数年前に、ココアが健康に良いということで、 品切れになる現象が、おきました。 果たして、ココアが健

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑