*

高速道路 渋滞を避けるコツとは?

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 おでかけ

a0002_000599

お正月、GW、お盆は、帰省の車で、高速道路が大渋滞になります。

なんとか、渋滞にあまり巻き込まれないで、移動したいものです。

高速道路の渋滞を避けるコツを紹介します。

 

  スポンサードリンク  
自然渋滞の場合

 

●事前に混みそうな日、時間帯を調べて、それを避ける

NEXCOの渋滞予測カレンダーでは、6か月先まで、渋滞の予測を見ることができます。

過去の統計データをもとに出した数字なので、かなりの精度で情報が出されています。

 

例えば、H25年8月11日(日)に東名高速道路の下りを使いたい場合、

日付を選んで、東名高速下りにチェックを入れると、

「東京から海老名までだったら、大和TN付近がネックになって、

6:00~13:00に25㎞の渋滞が発生しそうだ」と、予測が出てきます。

 

その時間帯を避けて、通過する予定を立てましょう。

http://www.c-nexco.co.jp/
NEXCO中日本HP

渋滞予測カレンダーは、上部メニューから(全国の高速の予測が見られます)

 

高速に入る前にも、ラジオやカーナビで、渋滞の情報をチェックしておきましょう。

SA(サービスエリア)に入ったら、渋滞の情報も見ておきましょう。

 

●高速ラジオから状況を判断する

それなりに進む渋滞と、止まって動いてを繰り返す渋滞があります。

イライラする渋滞の目安は「1㎞5分」です。

それ以上だと、止まる動くを繰り返す渋滞、

それ以下だと、なんとなくそれなりに進む渋滞になります。

 

ラジオからの情報や表示板で、先の渋滞の予想ができるので、判断の目安になります。

「20㎞を50分」の表示だったら、「1㎞3分以下」なので、

それほどイライラしないで通過できそうです。

 

 

●車線の左側を走る

先日テレビで、実験をしていました。

大渋滞の中、右、左、真ん中の車線を走り続けて、それ以外の条件は同じにして、

どの車線の車が先に到着するか?という実験です。

 

結果は左側の車線 でした。

 

ICの入口の先、SAの出口の先では、合流のためどうしても混むのですが、

右車線と左車線の渋滞の混み具合を比べると、

15%も右側が混む(左25%、右40%)という結果が出ています。

 

なぜそうなのか?

理由は、「左は遅い車が走る」「合流で混むから」という心理が働き、

左側を避けて走りたい心理が、働くからです。

 

一般道でも左が一番有利なのですが

3車線の場合、真ん中が一番不利なのは、高速とは少し違いますね。

スポンサードリンク

 

渋滞にはまってしまったら(自然渋滞の場合)とりあえず左車線を走りましょう。

右や真ん中の車線の進んでいくのを横目に、淡々と左で待ちましょう。

最後に笑うのはあなたです。

a1300_000017

 

●高速に並行する一般道は、結局混んでいる事が多い

渋滞にはまったら、一般道のほうが進むのではないか?と考え、

高速を降りてしまいがちですが、かなりの確率で、並行する一般道も混んでいます。

 

余程の、信号のない裏道を知っている(ナビが案内してくれる)のなら別ですが、

あわてて下りずに、左車線にいる覚悟を決めてください。

 

というか、一番重要なのは、事前準備で、「混まない時間に走る予定を立てる」 ことですね。

 

事故渋滞の場合

 

高速ラジオで事故渋滞の情報が流れました。その時どうするか?

事故渋滞は、事故処理が終わるまでほとんど動かず、

事故処理がおわれば、回復が早い、という特徴があります。

 

それを利用して、SAに入り、時間をつぶしましょう

同じ時間をつぶすにしても、身動きが取れない車の中と、

SAでのんびり食事、お茶をするのでは、精神的にまったく違います。

 

到着時間は同じでも、疲れ方がちがってくるのです。

割り切って、事故処理終了の情報があるまで、のんびり休憩しましょう。

a0001_015111

渋滞を作らない意識

 

渋滞学の西成活裕東大教授によると、車間距離と速度の調節によって、渋滞を吸収できると言います。

渋滞領域の手前5kmあたりから、時速70kmでゆっくり走ることで、渋滞は大分解消されます。早く行こうとすることが、逆に渋滞を成長させてしまうのです。「いかに渋滞を弱めるか」ということを考えていただければと思います。スローイン&ファーストアウトによって、渋滞の長さはどんどん短くなっていきます。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090428/1025879
日経トレンディ 西成活裕インタビューより

 

教授は、車間距離を40m、速度を70㎞に保つ集団を「渋滞吸収隊」として

渋滞の中を走って、実験を重ねています。

個人でも、全員が渋滞を避ける運転を心がけれ ば、渋滞を短くすることができるんですね。

あくまで、皆がやる、ということが重要ですけれど。

安全運転でお願いします。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

支笏湖氷濤まつり2016の日程は?近隣の温泉情報も紹介

支笏湖の氷濤(ひょうとう)まつりは、道内をはじめとして全国各地から観光客が訪れる冬のイベントです。

記事を読む

高崎まつり 2018の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2018年の高崎まつりは、8月4日(土)~5日(日)に行われます。 山車あり、お神輿あり、盆踊

記事を読む

河津桜の見頃は?河津桜まつり2014の日程は?抜け道情報も

一足先に咲く、桜と言えば、河津桜ですね。 毎年、河津桜まつりがおこなわれ、 たく

記事を読む

松本そば祭り2015の日程は?松本の近くの観光情報も紹介

長野県には美味しいものがたくさんありますが、あえて「信州」と呼ぶのならもちろんお蕎麦が代表でしょう。

記事を読む

no image

科学技術館へ行って夏休みの自由研究のネタ探し

夏休みの自由研究、毎年何にするか迷ってしまう。気がつくと夏休みも終わりに近づいてしまって焦る! そん

記事を読む

河口湖の紅葉の時期は?紅葉まつり2015情報と御利益スポット紹介

本格的な秋を迎えると、日本一の富士山周辺では、さまざまな場所で見事な紅葉が見られるようになります。

記事を読む

隅田川花火大会2018の穴場は?第二会場の花火を見るべし!

2018年の隅田川花火大会の開催は7月28日(土曜日)19:00~20:30に決定しました。

記事を読む

岩手雪まつり2016の日程は?体験型雪まつりはファミリーで楽しめる

意外と長い歴史の、岩手雪まつり。 前身の「小岩井かまくら」から数えて、今回が49回目となり、現

記事を読む

no image

神田古本まつり2015の日程は?同時開催イベントやグルメ情報も!

毎年、読書の秋になると開催される、神田古本まつり。 2015の日程と詳細を紹介します。

記事を読む

山形の芋煮会フェスティバル2014の日程と山形土産紹介!

山形のソウルフード芋煮。山形では、日本一の芋煮会フェスティバルが、今年も開催されます。 ところ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑