*

貧血の予防・改善対策 原因と必要な栄養素は?

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 健康

a0002_010979

肩こり、冷え性、倦怠感、肌荒れなど、体のささいな不調も、貧血のサインだったりするのです。

貧血は万病のもと でもあります。

主な原因と、必要な栄養素を紹介します。

 

  スポンサードリンク  
貧血の判断法

貧血かどうかは、血液検査ですぐわかります。

簡単に調べる方法は、献血に行くことです。

採血してその場でわかります

そして、貧血と判断されると、献血ができません。

 

  • 血液中の赤血球の数
  • ヘモグロビンの数
  • 赤血球の容積の割合

この項目が正常以下だと、貧血と診断されます。

 

貧血の種類と原因

 

貧血には、赤血球の異常、骨髄障害、肝疾患、などの原因もありますが、

一番多いのが、鉄欠乏性貧血 です。

 

現代の食事ではますます、鉄が不足しがちです。

無理なダイエットや、女性には月経も、出産もあるので、貧血の90%が女性ですが

男性にも貧血症はあります。

 

朝の朝礼で、貧血で倒れてしまうのは、脳貧血と言って、脳に血が行かないことで起こるので、

鉄欠乏性の貧血とは、関係ありません

筋肉の未発達の子供に多く見られますが、成長とともに改善されます。

 

朝起きるのがつらい症状が、低血圧と似ていますが、低血圧と貧血も関係ありません

貧血の治療をしても良くならない場合は、低血圧症の可能性もあります。

 

こんな症状が貧血のサイン

焼き鳥レバ

ささいな体の不調の原因が、貧血から来るものだったりします。

こんな症状はありませんか?

  • 頭が重い
  • 動機、息切れ
  • 肩、首筋のコリ
  • 朝、疲れていて起きられない
  • 冷え性
  • 顔色が悪い
  • 下まぶたをめくると白い

症状が進むとみられるサイン

  • 固いせんべい、氷、土などをガリガリと、衝動的に食べたくなる
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • 爪が反り返ってスプーン状になる
  • 舌がツルツルになる

ここまでの症状が出たら、いますぐ治療を受けましょう。

 

鉄を補うには?

 

体にある鉄のうち40%は、足りなくなった時のために、貯めてあるのです。

その貯めてある鉄が減り始めてしまった時、貧血の症状が出てきます。

 

では、鉄のサプリメントを飲めばいいのでしょうか?

実は、体は、鉄を貯め込み過ぎないような抑制機能も働きます。

スポンサードリンク

 

鉄のサプリメントを取り続けていると、胃を荒らしたり、

鉄分の取り過ぎで、いろんな臓器に鉄分が蓄積され

肝硬変や糖尿病につながる危険があります。

 

自己判断で、過剰に鉄のサプリメントを飲むのはやめましょう。

必ず、医師の指導のもと、処方された鉄の薬剤を飲みましょう。

 

鉄分や、貧血に有効な栄養素を含む食品を食べて、貧血予防するのが最適なのです。

a0002_000231

貧血の予防に必要な栄養素は?

 

●鉄

レバー、赤身の牛肉、カツオ、イワシ、あさり、しじみなど多く含まれます。

納豆、きな粉などの大豆製品、ほうれん草にも含まれます。

以前紹介した、雑穀にも、鉄分が豊富に含まれるものがあります。

雑穀を食べよう!種類と効能 レシピ紹介!

 

●タンパク質

血液は、タンパク質でできています。

体で作ることができないアミノ酸は、食事で取るしかありません。

牛、豚などの肉類、マグロの赤身など。

大豆製品や、牛乳、卵、チーズなどに多く含まれます。

a0002_001706

 

●葉酸

ヘモグロビンが作られる時に必要な栄養素です。

レバーやほうれん草、かぶ、アボガド、枝豆、ホタテなどにも多く含まれています。

 

●ビタミンC

植物性の鉄(ほうれん草など)は、ビタミンCを一緒に取らないと、

吸収率が良くありません。

ゴーヤや、ブロッコリー、トマト、キウイフルーツ、パプリカなどに多く含まれます。

レモンや柑橘類にも含まれています。

 

●ビタミンB12

ヘモグロビンが作られる時に必要です。

(貝の)カキ、サバ、サケに含まれています。

アサリやレバーやイワシは、鉄分も豊富に含んでいるので、積極的に取りたい食品です。

 

●亜鉛

赤血球が大きくなる時に必要です。貧血の予防と改善には欠かせません。

普通の食事をしていれば、あまり不足になりませんが、

精白小麦粉を使った、白いパン、パスタなどの食事 が、若い世代を中心に増えたため、

現代では、亜鉛不足が深刻な問題になりつつあります。

 

(貝の)カキ、ホタテ、牛肉の赤身、うなぎに多く含まれます。

くるみは、ビタミンBやCも含まれていて、美肌効果も期待できるナッツです。

 

●オメガ3系脂肪酸

以前こちらの記事にも書きました。

亜麻仁油の効果的な使い方とは?ダイエットやアトピーにも

今一番、気をつけて取りたい油です。

 

油では、亜麻仁油、えごま油

食品では、マグロ、カツオ、サケです。

 

酸化しやすいので、油ではそのまま、魚ではなるべく生で取りたいです。

 

その2では、貧血の予防・改善に効果的なメニューについて紹介します。

 
 

  スポンサードリンク  

関連記事

冷えとり靴下がブーム!エコで健康的に暖かく!

  寒くなってくると、冷え症にはつらくなる季節。 最近、冷えとり靴下と

記事を読む

冬の隠れ脱水は空気の乾燥が原因?命にかかわるほど重大なの?

冬になると空気が乾燥してきますね。 空気が乾燥すると、肌が突っ張ったり、インフルエンザにかかり

記事を読む

プリン体とは?多く含まれている食品は?体への影響は?

プリンというと、お菓子のプリンを思い浮かべますが、プリン体とは何でしょうか。 プリン体オフの缶

記事を読む

足がつる原因と予防法は?こむら返りになったら?

  睡眠中、運動中に、突然足がつることが、ありますね。 特に、睡眠中に、ふくらはぎがつっ

記事を読む

no image

肩こりの簡単解消法!たった10秒で思わず笑っちゃうほど楽になる

肩こりが原因で、頭痛になったり吐き気をもよおしたり。ツライ肩こりに悩まされて、毎日が憂鬱になってしま

記事を読む

帯状疱疹って感染するの?発症する理由やかかったら注意することは?

帯状疱疹(たいじょうほうしん)にかかった、という人が、周りに何人かいます。 かなり痛みを伴うと

記事を読む

no image

秋が旬の食べ物 冬に備える体づくり

旬の食べ物は、その季節に必要な栄養素にあふれています。 必ずきちんと取って、冬の寒さに

記事を読む

no image

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

夏の風物詩といえば土用の丑の日に鰻(うなぎ)、ですよね。ではなぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるんで

記事を読む

ココアの効能は?アンチエイジングや体臭にも?

数年前に、ココアが健康に良いということで、 品切れになる現象が、おきました。 果たして、ココアが健

記事を読む

コレステロールを下げるには?食事は何を食べればいいの?運動は?

健康診断でコレステロール値が高い、と出てしまったなら、改善が必要です。 放っておくと、血管が詰

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

30品目の栄養がとれる雑穀米で健康的な献立を

今の食事にプラスするだけで、一日30品目の栄養をとることができる「三十

消臭除菌スプレーは子供にも安心なものにこだわる必要がある?!

インフルエンザや感染症が心配な時期、家庭での除菌や衛生管理が気になりま

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるな

タングルティーザーというヘアブラシが最強すぎる!

絡まりやすい髪、ツヤのない髪、細い髪、そんな扱いにくい髪に毎日悩まされ

しょうがを手軽にとって代謝アップ!美容やダイエットにも

お料理の隠し味や体を温めたい時、身近な食材として活躍する生姜。 体を

→もっと見る

PAGE TOP ↑