*

貧血の予防・改善対策 原因と必要な栄養素は?

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 健康

a0002_010979

肩こり、冷え性、倦怠感、肌荒れなど、体のささいな不調も、貧血のサインだったりするのです。

貧血は万病のもと でもあります。

主な原因と、必要な栄養素を紹介します。

 

貧血の判断法

貧血かどうかは、血液検査ですぐわかります。

簡単に調べる方法は、献血に行くことです。

採血してその場でわかります

そして、貧血と判断されると、献血ができません。

 

  • 血液中の赤血球の数
  • ヘモグロビンの数
  • 赤血球の容積の割合

この項目が正常以下だと、貧血と診断されます。

 

貧血の種類と原因

 

貧血には、赤血球の異常、骨髄障害、肝疾患、などの原因もありますが、

一番多いのが、鉄欠乏性貧血 です。

 

現代の食事ではますます、鉄が不足しがちです。

無理なダイエットや、女性には月経も、出産もあるので、貧血の90%が女性ですが

男性にも貧血症はあります。

 

朝の朝礼で、貧血で倒れてしまうのは、脳貧血と言って、脳に血が行かないことで起こるので、

鉄欠乏性の貧血とは、関係ありません

筋肉の未発達の子供に多く見られますが、成長とともに改善されます。

 

朝起きるのがつらい症状が、低血圧と似ていますが、低血圧と貧血も関係ありません

貧血の治療をしても良くならない場合は、低血圧症の可能性もあります。

 

こんな症状が貧血のサイン

焼き鳥レバ

ささいな体の不調の原因が、貧血から来るものだったりします。

こんな症状はありませんか?

  • 頭が重い
  • 動機、息切れ
  • 肩、首筋のコリ
  • 朝、疲れていて起きられない
  • 冷え性
  • 顔色が悪い
  • 下まぶたをめくると白い

症状が進むとみられるサイン

  • 固いせんべい、氷、土などをガリガリと、衝動的に食べたくなる
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • 爪が反り返ってスプーン状になる
  • 舌がツルツルになる

ここまでの症状が出たら、いますぐ治療を受けましょう。

 

鉄を補うには?

 

体にある鉄のうち40%は、足りなくなった時のために、貯めてあるのです。

その貯めてある鉄が減り始めてしまった時、貧血の症状が出てきます。

 

では、鉄のサプリメントを飲めばいいのでしょうか?

実は、体は、鉄を貯め込み過ぎないような抑制機能も働きます。


スポンサードリンク

 

鉄のサプリメントを取り続けていると、胃を荒らしたり、

鉄分の取り過ぎで、いろんな臓器に鉄分が蓄積され

肝硬変や糖尿病につながる危険があります。

 

自己判断で、過剰に鉄のサプリメントを飲むのはやめましょう。

必ず、医師の指導のもと、処方された鉄の薬剤を飲みましょう。

 

鉄分や、貧血に有効な栄養素を含む食品を食べて、貧血予防するのが最適なのです。

a0002_000231

貧血の予防に必要な栄養素は?

 

●鉄

レバー、赤身の牛肉、カツオ、イワシ、あさり、しじみなど多く含まれます。

納豆、きな粉などの大豆製品、ほうれん草にも含まれます。

以前紹介した、雑穀にも、鉄分が豊富に含まれるものがあります。

雑穀を食べよう!種類と効能 レシピ紹介!

 

●タンパク質

血液は、タンパク質でできています。

体で作ることができないアミノ酸は、食事で取るしかありません。

牛、豚などの肉類、マグロの赤身など。

大豆製品や、牛乳、卵、チーズなどに多く含まれます。

a0002_001706

 

●葉酸

ヘモグロビンが作られる時に必要な栄養素です。

レバーやほうれん草、かぶ、アボガド、枝豆、ホタテなどにも多く含まれています。

 

●ビタミンC

植物性の鉄(ほうれん草など)は、ビタミンCを一緒に取らないと、

吸収率が良くありません。

ゴーヤや、ブロッコリー、トマト、キウイフルーツ、パプリカなどに多く含まれます。

レモンや柑橘類にも含まれています。

 

●ビタミンB12

ヘモグロビンが作られる時に必要です。

(貝の)カキ、サバ、サケに含まれています。

アサリやレバーやイワシは、鉄分も豊富に含んでいるので、積極的に取りたい食品です。

 

●亜鉛

赤血球が大きくなる時に必要です。貧血の予防と改善には欠かせません。

普通の食事をしていれば、あまり不足になりませんが、

精白小麦粉を使った、白いパン、パスタなどの食事 が、若い世代を中心に増えたため、

現代では、亜鉛不足が深刻な問題になりつつあります。

 

(貝の)カキ、ホタテ、牛肉の赤身、うなぎに多く含まれます。

くるみは、ビタミンBやCも含まれていて、美肌効果も期待できるナッツです。

 

●オメガ3系脂肪酸

以前こちらの記事にも書きました。

亜麻仁油の効果的な使い方とは?ダイエットやアトピーにも

今一番、気をつけて取りたい油です。

 

油では、亜麻仁油、えごま油

食品では、マグロ、カツオ、サケです。

 

酸化しやすいので、油ではそのまま、魚ではなるべく生で取りたいです。

 

その2では、貧血の予防・改善に効果的なメニューについて紹介します。

 
 


スポンサードリンク

関連記事

コレステロールを下げるには?食事は何を食べればいいの?運動は?

健康診断でコレステロール値が高い、と出てしまったなら、改善が必要です。 放っておくと、血管が詰

記事を読む

口内炎をアッという間に治し痛みをすぐとる方法はコレ!

口内炎の痛みを和らげる方法として、以前こちらの記事を紹介しました。 おかげさまで、いろんなところで取

記事を読む

no image

夏の快適入浴法!コレで暑い夏を乗り切ろう

熱い夏は、湯船につかるのが億劫で、ついシャワーですませてしまいがちです。ですが、暑い夏を乗り切るには

記事を読む

静電気がおこりやすい体質は?対策は?防止グッズって効果あり?

冬になると、静電気がおこりやすくなります。 ドアノブに触ると、バチッといったり。   静

記事を読む

足が熱い原因は?隠れ冷え性の疑い?

夏、足の裏がほてって、困ったことはありませんか? 夏だから、暑いのが当たり前なのに、なぜか足の裏が異

記事を読む

口内炎の原因は?痛みをすぐとる方法とは?

知らない間に出来ている、口内炎。 一度できると、2週間は治らないし、 食事の時も

記事を読む

ミドリムシの驚くべき効果とは?ミドリムシが人類を救う?

最近、テレビなどで、紹介されているミドリムシ。 栄養価が高く、栄養のバランスも良く、吸収率も

記事を読む

献血の条件は?血液検査で何がわかるの?

若者の献血離れが、にわかに心配の種になっています。 献血をすると何が良いのでしょうか?

記事を読む

no image

い草を食べると痩せる?

畳に使われるい草、昔は薬草として使われていました。 現在はあまり食用には使われないのですが、 い草

記事を読む

顎関節症(がくかんせつしょう)の症状は?自宅での治し方は?

顎関節症(がくかんせつしょう)に悩む人が、増えてきました。 顎関節症とは?症状や治し方は? 何科に行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ファスティングを家で行うときは注意が必要

1月16日の放送の主治医が見つかる診療所で紹介された、ファスティング(

えびす講花火2016の日程は?穴場や駐車場は?防寒対策は?

長野県長野市で毎年秋に行われる、えびす講花火大会。 正式

秩父夜祭り2016の日程は?有料観覧席が取れなくても見所満載

勇壮な山車の曳き回しと、鮮やかな冬の花火の競演が見事な「秩父夜祭」。

日本スリーデーマーチ2016in東松山に参加してみよう 当日受付は初心者向き

11月に埼玉県で開催される「日本スリーデーマーチ」。 自然豊かな

大道芸ワールドカップ2016の日程は?最高のパフォーマンスが日本でも見られる?

毎年10月末から11月の初めに行われる「大道芸ワールドカップin静岡」

→もっと見る

PAGE TOP ↑