*

橋本病とは?原因と症状チェックで予防する

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 健康

橋本病という病気をご存知ですか?

日本人の女性に多く、特に40~50代の女性の、10人に1人の高い割合でかかる病気です。

こんな症状が出たら、橋本病の可能性があるかもしれません。

 

  スポンサードリンク  
橋本病とは?

 

橋本病とは、甲状腺が腫れ、硬くなる病気です。

甲状腺が腫れても、甲状腺機能が正常に働いていますが、

橋本病の患者の30%は、甲状腺の機能低下がみられ、

甲状腺機能低下症 と呼ばれます。

 

大正元年(1912年)に、九州大学の橋本博士が書いた論文を、世界で初めて発表したため、

橋本病という名前がつきました。

 

甲状腺の病気は2つあり、橋本病が機能低下に対し、

シンガーソングライターの絢香さんが発症したバセドウ病

甲状腺が活発にホルモンを作り過ぎる病気で、橋本病と反対の病気です。

 

珍しい病気ではないのに、あまり知られていないのは、

自覚症状がない、もしくはほかの病気が原因だと思っているから、なのです。

 

原因と症状

 

自己免疫疾患が原因と考えられます。

 

体を守る働きのリンパ球が、甲状腺を攻撃するのです。

すると甲状腺の機能が低下し、ホルモン分泌の働きが低下します。

 

最初は、甲状腺の腫れがみられ、声がかすれる、コレステロール値が異常に高いなどの症状が出て、

耳鼻咽喉科や内科で受診して、わかることが多いようです。

 

中年女性に多い病気ですが、現在は10代のうちから発病するケースが増えました。

原因ははっきりしませんが、食生活の変化やストレスが原因 ではないかと言われています。

019833

 

 

隠れ橋本病チェック

 

こんな症状はありませんか?

違う病気と勘違いしていませんか?

 

●倦怠感・疲労感

●集中力・気力・やる気の低下

●めまい

これは、肝臓の病気や、更年期障害や、貧血、うつの症状と似ています。

 

●抜け毛

●肌荒れ、髪の毛のパサツキ

年相応の老化による抜け毛、肌荒れ、と勘違いしやすいです。

 

●高コレステロール値

●肥満

成人病の症状ですが、薬を飲んでもコレステロール値が下がらなかったりします。

 

●むくみ

腎臓系の病気と似ています。

 

●ドキドキしたり、不整脈がでる

心臓系の疾患と勘違いします。

 

●便秘

単なる便秘症と勘違いしていませんか?

 

●筋力の低下

運動不足などを疑ってしまいます。

 

●体温低下

冷え性によく似ています。

 

●月経異常

婦人科系の病気と勘違いします。

 

甲状腺ホルモンは、新陳代謝ホルモン

 

甲状腺ホルモンは、新陳代謝を促したり、成長ホルモンのような働きをします。

スポンサードリンク

それが低下すると、細胞の新陳代謝が滞り、いわゆる、一気に老けたように なってしまいます。

 

ほっておくと、外出が困難になるくらい、気力が落ちてしまいます。

疑わしかったら、早めに専門医のもとを訪ねてください。

 

毎日の生活で注意することは?

 

橋本病は、治療法はあり、効果のある薬もありますが、完治しない病気と言われています。

それは、血液検査の数値が、あるラインを越えると異常、という判断だからです。

薬をのんで、数値の改善に効果的な習慣を取り入れ、数値がよくなれば、薬を減らすとか

やめられるとか、そのように快方に向かっていくからです。

 

食生活では、ヨードの取り過ぎに注意をする、それくらいです。

たとえば、「わかめや昆布を、一度に100gくらい、頻繁に取らないように」、と言われますが、

普通の食生活を送っていれば、問題ないです

 

普段から、軽い運動を取り入れましょう。

運動の習慣は、成長ホルモンを促したり、ストレスを発散させることにもつながります。

 

ストレスをためないこと

 

甲状腺異常は、自己免疫疾患が原因ですが、その原因の大きな要因が、ストレスです。

ストレスをためないことが、病気を改善に導きます。

 

治療をしている場合も、治療するほどでもないかもと思う場合でも、ストレスが大敵だということを考え

ストレス解消を心がけるようにしましょう。

 

●アロマオイルで落ち着く香りをかぐ

自分の好きな落ち着く香りを、アロマポットで焚いたり

マッサージオイルにブレンドしたりしてはいかがですか?

落ち着く香りは、ラベンダーやベルガモットやネロリなど。

 

ローズウッドなどローズ系の香りは、好き嫌いが分かれますが、

女性ホルモンのバランスを整える ので、嫌いではなければ、使ってみてはいかがでしょうか?

a1380_001040

 

 

●足のマッサージ(リフレクソロジ―)

足全体のマッサージはもちろん、足裏の甲状腺の反射区をマッサージしましょう。

サロンに定期的に通うのも良いですね。

 

異常があると、しこりがあったり、痛かったりしますので、優しくもみほぐしましょう。

反射区とマッサージ方法の動画が、わかりやすいです。↓

 

●カウンセリング

症状がつらい時には、そちらを治療するのが先決ですが、

数値がそれほど悪くないのに、改善した気がしない、まだ気分の落ち込みがある、と感じる場合は、

カウンセリングに通ってみるのも、良い方法かもしれません。

 

自分では気がつかず、ストレスを抱えている場合もありますので

専門の先生に相談してみましょう。

 

症状がつらい時は、我慢せず、早めに甲状腺の専門医かかりましょう。

もしくは、かかりつけの病院に相談して、血液検査を受けてみてください。

 

  スポンサードリンク  

関連記事

良く噛む効果とは?体と脳に効くスゴイ作用!

食事を美味しく食べられることは、幸せですね。 最近では、食べ物を良く噛むと、良い効果があると、 健

記事を読む

no image

貧血の予防・改善対策 効果的な栄養の取り方は?

貧血で一番多いのが、鉄欠乏性貧血です。 日ごろから、不足しがちな鉄を効果的に取る方法や、 貧血に必

記事を読む

反り腰とは?改善方法は?ほおっておくと腰痛に!

反り腰をご存じでしょうか? 自分でも、姿勢を正しくしようとして、反り腰になっていませんか? 反り腰の

記事を読む

献血の条件は?血液検査で何がわかるの?

若者の献血離れが、にわかに心配の種になっています。 献血をすると何が良いのでしょうか?

記事を読む

no image

味覚障害は亜鉛不足が原因?若者の舌が危ない!

最近の若者の特徴として、味覚障害が増えているという専門家の医師の報告がありました。 味

記事を読む

コレステロールを下げるには?食事は何を食べればいいの?運動は?

健康診断でコレステロール値が高い、と出てしまったなら、改善が必要です。 放っておくと、血管が詰

記事を読む

no image

骨粗鬆症は予防が大切!運動や栄養が決め手

閉経後の女性に多い、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という骨の病気があります。 年をとると、

記事を読む

プリン体とは?多く含まれている食品は?体への影響は?

プリンというと、お菓子のプリンを思い浮かべますが、プリン体とは何でしょうか。 プリン体オフの缶

記事を読む

片頭痛の原因は?予防法は?避けたほうが良いものは?

  日頃、片頭痛に悩まされる人には、共通点があります。 病院で診てもらうだけでなく、自分

記事を読む

no image

い草を食べると痩せる?

畳に使われるい草、昔は薬草として使われていました。 現在はあまり食用には使われないのですが、 い草

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

30品目の栄養がとれる雑穀米で健康的な献立を

今の食事にプラスするだけで、一日30品目の栄養をとることができる「三十

消臭除菌スプレーは子供にも安心なものにこだわる必要がある?!

インフルエンザや感染症が心配な時期、家庭での除菌や衛生管理が気になりま

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるな

タングルティーザーというヘアブラシが最強すぎる!

絡まりやすい髪、ツヤのない髪、細い髪、そんな扱いにくい髪に毎日悩まされ

しょうがを手軽にとって代謝アップ!美容やダイエットにも

お料理の隠し味や体を温めたい時、身近な食材として活躍する生姜。 体を

→もっと見る

PAGE TOP ↑