*

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

公開日: : おでかけ

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

山車あり、お神輿あり、盆踊りあり、花火大会あり、ちんどん屋も練り歩きありの、てんこ盛り祭りです。

普通の地域でしたら、お祭りと花火大会とか日程を分けるのですが、

この2日間に夏祭りのすべてを盛り込んで いるのが、高崎まつりです。

 

花火の穴場情報は、毎年足を運ぶ地元民ならではの、貴重な情報ですよ!

 

  スポンサードリンク  
高崎まつりの歴史

 

 

2012.8.4

現在は、市民参加が中心の、手作り祭りが特徴 ですが、享保2年(1717年)に旧高崎藩主、大河内家を祀った頼政神社のまつりに、山車が登場したのが始まりです。

現在は38台の山車があります。これは全国一の保有数を誇ります。

 

オイルショックの年、1975年に、市が高崎まつりの開催を断念します。

ですが市民が中心となり、「高崎ふるさとまつり」を開催してから、

今までの神社祭礼を中心とした行政主導のイベントから、市民が作る祭りに代わりました。

 

市民は一枚100円のワッペンを買い、その資金で祭りが行われます(ワッペンは福引券になります)。

 

山車とお神輿と太鼓

 

山車行列

山車は朝、街の北側に集合し、町内を練り歩きます。その後両日とも

15時~16時には、駅前通りに一列に並んだあと

もてなし広場に夕方18時に集合します。

 

たくさんの山車が一堂に会した様子は、圧巻です。

練り歩きでは、迫力あるたたき合いが見られます。

もてなし広場では、市民参加のつながり屋台横町

地元や全国有名のB級グルメの屋台が、出店しています。
高崎まつり山車

 

お神輿とだるま神輿コンテスト

お神輿は、両日とも14時から、民間の後援会や企業が、もてなし広場を出発し、町内を練り歩きます。

 

そのほか、誰でも参加できる「創作だるま神輿コンテスト」 もあります。

高崎はだるまで有名な街で、それにちなんで、オリジナルだるまを作り、お神輿にして担ぎます。

毎年ユニークな創作だるま神輿 が、出陣していきます。
cimg1206

 

 

和太鼓

両日とも、14時~19時に、連雀町交差点のステージにて、和太鼓の競演が行われます。

地元の団体がこの日のために練習した、迫力ある演奏を披露してくれます。

 

 

 

盆踊りと阿波踊りとちんどん

 

盆踊り

盆踊りは初日に午後19時から21時まで、もてなし広場で開催されます。

 

阿波踊り

阿波踊りは、初日は夜から、2日目は13時から出発し、町内を練り歩きます。

各団体のカッコイイ衣装を見比べるのも、楽しみの一つです。

 

 

ちんどん

名曲「竹に雀」

ちんどんはおとなり前橋市で毎年、ちんどんコンクールが開催されています。

高崎まつりでも、毎年、ちんどんの行列がにぎわいを盛り上げます。

初日は夜から連雀町交差点を出発、2日目は14時から市内を回ります。

 

メインイベント花火大会

 

20100807203555b

初日(土曜日)19時40分より、烏川和田橋河川敷より打ち上げられます。

高崎花火大会は、北関東でも有数の規模の花火大会で、

約1万5000発の花火が、連続で打ち上げられます。

 

珍しい色の花火や最新の形の花火など、ほかではあまり見られない花火 がたくさん上がります。

花火会場は大変なにぎわいですが、通行規制や、会場整備をしている人は

みんなボランティアなんです。

まさに市民が作るお祭り です。

花火の穴場紹介

花火の打ち上げ場所は、和田橋の北側になります。

花火見物は、和田橋付近、烏川の東側の河原のみ、公開されていました。

2013年から、烏川の右側の河原も公園として整備され、花火見物できるようになったのです。

和田橋を渡る人の波が出来ますが、渡らないで、右側に、公園の入口があるので、そこから入ります。

 

そこからだと、ちょうど、打ち揚げ場所が目の前で、すこし高いところにあるため、

とても近くて、でも見上げすぎない、いい場所なんです。

まだあまり知られていないので、比較的すいています。

 

入口近くから埋まっていくのですが、奥に行ってもいい場所がとれるのでオススメです。

周りに売店が一切ないので、食べ物などは持っていきましょう。

 

帰りも、和田橋を渡る手前になるので、駅までの距離が他の無料観覧場所より、近くておすすめです。

 

(年を重ねるごとに人が増えてきましたが、まだまだ穴場です。お早目の到着が吉ですよ!)

 

追記

H28年に行ったときは、入場制限をしていました。

夕方5:00ころには、もういい場所がなくなってしまってました。

入場制限をしているため、人があふれてぎゅうぎゅうという状態ではないので、早めに行けばやっぱりいい場所に変わりはありません。

目の前で打ちあがるし、帰りは橋を渡らない分、駅までの道のりが楽です。

遅くても4:00ころまでに、入れるようにしたいですね。

 

 

 

祭りは終わらない

 

土曜日の夜は、花火や盆踊りが終わっても、まだまだ終わりません。

メイン通りは22時まで交通規制がかかるので、飲食店が通りにテーブルと椅子を出して、

お客さんは宴会をしながら、花火を見たりしています。

 

花火が終わった後も、宴会は続きます。

 

次の日もまた朝から、お囃子の音が、街中に響きます。

今年は、北関東最大規模の、高崎まつりに足を運んでみてはいかがですか?

 

アクセス

車で  関越自動車道高崎ICから 車で15分

電車で 上越新幹線・長野新幹線 高崎駅下車 徒歩5分
    高崎線         高崎駅下車 徒歩5分

 

当日は交通規制がかかりますので注意が必要です。

shigaichi0703交通規制案内図(2012年度版)

 

http://www.takasaki-matsuri.jp/41/
高崎まつり公式HP

大きな地図で見る

  スポンサードリンク  

関連記事

於菊稲荷神社(おきいくいなりじんじゃ)に行ってみた

於菊稲荷神社は、群馬県高崎市にあります。 管理人の家からわりと近いところなので、行ってみること

記事を読む

浅草酉の市2015年はいつ?商売繁盛や恋愛成就で話題のスポットも!

そろそろ年の瀬が近づく11月になると、関東各地の神社では「酉の市」(とりのいち)が開かれます。

記事を読む

伊勢神宮の内宮と外宮のアクセスは?お参りの注意点も紹介

2013年には、式年遷宮で話題になった伊勢神宮。 その翌年である2014年は、より一層のご利益

記事を読む

no image

ミュシャとは?ミュシャ展国内5か所で開催!アールヌーボーの美しい世界

2013年東京を皮切りに、全国5か所を回るミュシャ展。 はたしてミュシャとは、一体どんな人物だったの

記事を読む

益子の陶器市は年2回!若手作家の個性的な作品がたくさん

陶器の産地として、海外にもその名が知られている益子町では、毎年春と秋の二回、町を挙げての一大イベント

記事を読む

梅田のバナナのココがスゴイ!群馬の前橋へいらっしゃい

  テレビで話題の梅田のバナナをご存知ですか? 群馬県という人気ワースト1の場

記事を読む

高山八幡祭2015秋の日程と新たな飛騨高山の魅力を発見するツアー

10月初旬、秋が色づき始める飛騨高山では秋の高山祭が行われます。 京都・祇園祭、埼玉・秩父夜祭

記事を読む

隅田川花火大会2017の穴場は?第二会場の花火を見るべし!

2017年の隅田川花火大会の開催は7月29日(土曜日)19:05~20:30に決定しました。

記事を読む

no image

科学技術館へ行って夏休みの自由研究のネタ探し

夏休みの自由研究、毎年何にするか迷ってしまう。気がつくと夏休みも終わりに近づいてしまって焦る! そん

記事を読む

よさこい佐世保2016で迫力のある演舞を堪能しよう

よさこい佐世保の開催が、近づいてきました。 今年も、例年どうり10月に開催されます。 日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑