*

野菜の残留農薬を落とす方法とは?手軽で安心できる商品は?

公開日: : 料理

病気や害虫から守るため、スーパーなどに並べられている野菜や果物を育てるのに農薬が使われています。

もちろん無農薬野菜などの商品も販売されていますが、やりくりしながら家計支えている主婦には少々お値段がはるもの...。

そこで、おすすめなのが食品添加物の力で残留農薬など不純物を落としてくれる「パリシャキ」。

使った人はもう、パリシャキなしでは無理。との信頼を得ている商品の人気に迫ってみたいと思います。

  スポンサードリンク  

野菜や果物の表面についているものは

スーパーで綺麗にパッキングされて売られている野菜や果物。
一見きれいに見えますが、実は口に入れたく無いこんな物がついている可能性があります。

・残留農薬
・ワックス
・防腐剤
・カビ
・雑菌
など

今や近所のお店で日本全国、さらには海外の食材までも手に入ります。手元に届くまで長い時間が掛かっているにも関わらず、色鮮やかで新鮮さを保っていますよね。
私達にとっても、便利なお買い物のためには野菜や果物の保護剤は欠かせない物なのかもしれません。

パリシャキの魅力

残留農薬を除去した、安心な食卓のために活躍してくれるのが、パリシャキなのです。
食の安全への関心が強まるなか、ミセスマートTVでも効果の素晴らしさが紹介されました。
パリシャキでは、除菌・ワックス除去・農薬除去・鮮度保持への効果が絶大。
さらに安心して使うことのできるオーガニック商品なのです。

安心安全のポイントはこちらの2点。
・天然原料100%
成分は北海道オホーツク産のホタテ貝殻だけ。
ホタテ貝殻の粉末は、厚生省より食品添加物として認定されています。

・安全な食品
小さなお子様やペットが舐めてしまっても大丈夫。
塩素系除菌剤のように有毒ガスの発生はありません。

パリシャキの効果の仕組み

ホタテ貝殻粉末の粒子間の反発により、表面に付着する汚れを剥離・分解。強アルカリの働らきにより菌・ウィルスを除去しることができます。更に抗菌コーティング効果で菌を寄せつけず鮮度を保ちます。
野菜や果物はもちろん、お米を研けばぬか油もしっかり洗い流し旨味が増ますのです。

また、パリシャキを使うことで、表面についた余分な物質を排除することで、本来のおいしさを引き出します。特に生で食べる野菜などのシャキシャキ感が増すので、よりおいしく生野菜をいただけるのです。

より安心して食べるための、パリシャキの使い方はとても簡単なんです。
1ℓの水を張ったボウルに野菜をいれ、パリシャキを1g入れるだけ。
10分後ワックスや防腐剤が落ち、水が汚れているのが分かります。

準備がこんなに簡単だと、忙しい毎日でも続けられそうですよね。

ご利用者の方のレビュー

ご利用になっている方がお使いになった感想を、投稿されているレビューから見てみましょう。

・野菜をつけておくと水が黄色くなって、へん亜物がいっぱい浮いてきました。あんな物がついたまま食べていたかと思うとゾッとしました。

・りんごを皮付きで食べるために購入していらいリピートしています。汚れが浮いてくるのを見るとパリシャキなしでは食べられません。

スポンサードリンク

・お米を研ぐ時15秒くらい放置。それからかき混ぜたら普通は白く濁るのに茶色?その後は白い濁りに変わりました。他の物にも使ってみたいです。

・10分程野菜や果物をパリシャキを入れた水につけるとみるみる農薬らしき物が浮き上がってきます。これだけの農薬を食べていたのかと思うとゾッとします。以来これがないとお料理できません。

・生協で購入して気に入っていたので、こちらでお得サイズを購入しました。生で食べる野菜は本当にパリパリシャキシャキ鮮度がアップします。

残留農薬や、りんごにワックスがついていることを耳にしたことはあると思います。
レビューからも実際除去された様子をみると、事実に驚いたというお声が多く寄せられていました。

厚生労働省でも、人の体に害を及ばさないよう、食品への残留農薬などへの残留基準をもうけています。
しかし、毎日無農薬でない食材を4品5品と使用し、それを5年10年食べ続ける...そう考えると少しゾッとしてますね。

やはり日々の食材のお買い物は、手頃な価格で身近なスーパーで済ませられることが主婦としてとっても助かります。
でも、不純物はなるべく口に入れたくな。そんな時はぜひ、手軽なパリシャキを試してみてください。

  スポンサードリンク  

関連記事

no image

サワードリンクを作ろう!夏バテ予防にお酢のチカラ

夏バテで食欲が落ちがちですよね。ついさっぱりしたものばかりや、水分ばかり取ってしまって、栄養が偏って

記事を読む

しょうがを手軽にとって代謝アップ!美容やダイエットにも

お料理の隠し味や体を温めたい時、身近な食材として活躍する生姜。 体を温めてくれる生姜がもっと手軽で

記事を読む

no image

とうもろこしの保存方法って?実はスゴイ野菜だった!

とうもろこしの時期に安くたくさん買ったり、たくさんもらったりして、食べきれなくて困りますよね。 とう

記事を読む

とろろ昆布の効果は?おぼろ昆布との違いは?栄養や健康にいい理由も紹介

スーパーなどでも取り扱われており、簡単に手に入れられるとろろ昆布。 とろろ昆布の健康パワーはさ

記事を読む

no image

ゴーヤの簡単レシピ&苦味をとる方法

夏になるとたくさん出回るゴーヤ。 代表的な料理は、ゴーヤチャンプルーですよね。 でも、食べ飽きちゃ

記事を読む

エッグベネディクトとは?簡単レシピでセレブ朝食はいかが?

最近話題のエッグベネディクト。 ニューヨークから日本に入ってきて、現在注目の、オシャレな卵料理

記事を読む

じゃがいもの旬は?種類や栄養 ヘルシーレシピも紹介!

じゃがいもは身近な野菜の一つですが、皆さんはじゃがいものことをどれくらい知っていますか? じゃがいも

記事を読む

新米の時期はいつ?種類は?話題の品種の味は?

新米は、水分が多くモチモチしていますよね。 毎年、日本人でよかったと、喜べる瞬間です。 新米ができる

記事を読む

30品目の栄養がとれる雑穀米で健康的な献立を

今の食事にプラスするだけで、一日30品目の栄養をとることができる「三十雑穀」をご存知でしょうか?

記事を読む

里芋の簡単レシピ!栄養は?何に効くの?

秋に店先に並ぶ、里芋は、栄養も豊富で、健康にいい野菜です。 里芋というと、甘じょっぱく煮た、里芋の煮

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑