*

亜麻仁油(アマ二油)の効果的な使い方とは?ダイエットやアトピーにも

公開日: : 最終更新日:2015/05/17 健康

ダイエットの天敵が油と言われているのは、体積に対してカロリーが高いからです。そして、食欲が増えてしまうからです。

ですが、体にいい油を効果的に摂取すれば、かえってダイエットに効果的なことはご存知ですか?

では、どの油をどんなふうに取ったらいいのでしょうか。

 

  スポンサードリンク  
 最近話題の亜麻仁油とは?

最近、健康的な油として紹介されて話題になっているのが亜麻仁油です。

亜麻仁油の主成分が必須脂肪酸と言われている、不飽和脂肪酸のうちのオメガ3 という成分です。

オメガ3の種類は、αリノレン酸、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などがあります。

 

オメガ3は酸化しやすいため、新鮮なものを摂取する必要がありますが、亜麻仁油やエゴマ油やサンマ、イワシ、サバ、アジなどに豊富に含まれているので、できれば魚は生で、油は加熱をせずとる方が効果的です。

a0150_000107

体に油が必要なわけ

 

ダイエットのために極端に油抜きの食事をし続けていると、肌や髪がカサカサになってしまいます。

それは、人間の体の細胞膜が油でできており、脳も60%油でできているのです。

 

だからと言ってどんな油でも体にいいか?となると話は別で、現代の食生活で摂取しやすいのが、固形の油である飽和脂肪酸です。

バター、ラード、肉の脂身の部分など、常温で固まっている油の事です。

これらは体のエネルギー源として必要なものなのですが、体の中で固まり血中で増え過ぎると動脈硬化の原因 になったり、中性脂肪やコレステロールを増やしてしまう ため、取り過ぎたくない油です。

 

トランス脂肪酸という油があります。これはマーガリンやショートニングなど、本来固まらない植物性油を、添加物を加えることにより不自然な物質として、過去に問題になりました。

これらも、コレステロールを増やす原因になると指摘されています。

気にして取りたいオメガ3

 

体で作ることができない必要な油、必須脂肪酸。オメガ3とオメガ6に分かれます。オメガ6はリノール酸が多い油で、ごま油やコーン油などです。日常で比較的とりやすい油です。

バランスとしてはオメガ3とオメガ6を同量~1:4くらい の割合で取れれば理想ですが、現状はオメガ3がとても少ないのです。

 

刺身を大量に食べることはできませんから、亜麻仁油を毎日少しずつでも取ることをお勧めします。

亜麻仁油は熱に弱いので、サラダのドレッシングとして使ったり、サプリメントで取るのがいいのです。

エゴマ油はクセがないのでそのまま飲んだり、野菜にかけたりしてもいいですね。

 

オメガ3の油は酸化しやすいので、保存は冷蔵庫か冷凍庫に入れましょう。

Gel Caps

亜麻仁油の意外な効果

 

取り過ぎた油は体の脂肪となって蓄積する、というのが良く知られていますが、亜麻仁オイルをはじめとするオメガ3の油は、体にある血液中のコレステロールなど悪い油を体外に出す効果もあるのです。

油は油で落とす。化粧を落とす時、ファンデーションをクリームやオイルで落とすイメージですね。

 

悪い油を出すには、体にたまらない固まらない油でないとだめですよね。

亜麻仁油の種(今ではあまり手に入りません)を、料理にかけたりヨーグルトに入れたりと、毎日大さじ1程度取っていたら、ダイエットを全然気にしていなかったのに、自然に体重が5kg減った 人もいました。

油なら小さじ1~2で同じ効果が期待できそうですね。

 

ほかにも、炎症を抑える効果があると言われており、オメガ3を良くとっている人は、歯周病の発生が少なかったとか、アトピーの人が患部に、乾燥防止につけていたりするそうです。

 

オメガ3が不足すると、イライラや気分が落ち込みがちになってしまうので、日常生活で気にしないととれない油をとる習慣をつけて、健康な毎日を送りましょう。

  スポンサードリンク  

関連記事

良く噛む効果とは?体と脳に効くスゴイ作用!

食事を美味しく食べられることは、幸せですね。 最近では、食べ物を良く噛むと、良い効果があると、 健

記事を読む

no image

貧血の予防・改善対策 効果的な栄養の取り方は?

貧血で一番多いのが、鉄欠乏性貧血です。 日ごろから、不足しがちな鉄を効果的に取る方法や、 貧血に必

記事を読む

no image

貧血の予防・改善対策 原因と必要な栄養素は?

肩こり、冷え性、倦怠感、肌荒れなど、体のささいな不調も、貧血のサインだったりするのです。 貧血は万

記事を読む

no image

脳の成長は年をとっても続く?

人間の体の機能は、20~25歳くらがピークで、それ以降は下降するという考えが一般的です。

記事を読む

胃下垂の症状と治療法は?腹筋を鍛えれば治る?

胃下垂と聞いてイメージするのが、「胃下垂の人は食べても太らない」 「痩せの大食い」といったところでし

記事を読む

no image

夏の快適入浴法!コレで暑い夏を乗り切ろう

熱い夏は、湯船につかるのが億劫で、ついシャワーですませてしまいがちです。ですが、暑い夏を乗り切るには

記事を読む

no image

浮足(浮き指)が危険!全身の歪みから精神障害まで?

外反母趾とともに増えている足のトラブル、浮足(浮き指、指上げ足とも言われます)をご存知ですか? ハイ

記事を読む

プリン体とは?多く含まれている食品は?体への影響は?

プリンというと、お菓子のプリンを思い浮かべますが、プリン体とは何でしょうか。 プリン体オフの缶

記事を読む

ミドリムシの驚くべき効果とは?ミドリムシが人類を救う?

最近、テレビなどで、紹介されているミドリムシ。 栄養価が高く、栄養のバランスも良く、吸収率も

記事を読む

顎関節症(がくかんせつしょう)の症状は?自宅での治し方は?

顎関節症(がくかんせつしょう)に悩む人が、増えてきました。 顎関節症とは?症状や治し方は? 何科に行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑