*

冬の隠れ脱水は空気の乾燥が原因?命にかかわるほど重大なの?

公開日: : 健康

冬になると空気が乾燥してきますね。

空気が乾燥すると、肌が突っ張ったり、インフルエンザにかかりやすくなったりと、いろいろ弊害があります。

夏におこりやすいといわれる、脱水症状ですが、実は冬にも危険が潜んでいます。

冬の隠れ脱水について、注意点を紹介します。

 

  スポンサードリンク  

 

冬の隠れ脱水とは?

脱水症状と言うと、夏の熱中症の症状と思われがちですが、冬にもおこる症状です。

その原因は

  • 空気の乾燥
  • 暖房器具の使用
  • 風邪やインフルエンザによる下痢嘔吐

などがあります。

 

空気の乾燥が原因の理由

空気が乾燥すると、皮膚から水分が失われていきます。

冬になると、乾燥肌になったり、カサカサな手やかかとに悩まされたりしますね。

粘膜までも乾燥し、唇がカサカサになったり、鼻の穴の中が、カピカピになったりします。

 

暖房器具の使用が原因の理由

寒い冬は、暖房器具をつかうため、外気で湿度が40%だとしても、室内では、20%くらいに減ってしまいます。

乾燥する冬と言っても、外ではある程度湿度があっても、気密性の高い室内で、さらに暖房も使うと、ますます乾燥してきます。

 

現代では、昔の家にあった、木製のふすまや障子、畳なども少なくなり、湿度をためておくものが室内に少なくなっています。

 

下痢嘔吐による脱水症状が原因の理由

冬になり抵抗力が弱くなると、インフルエンザや風邪、ノロウイルスなどが流行し、下痢や嘔吐をすることがあります。

下痢や嘔吐は、大量の水分を一瞬で体外に出すため、その後必ず水分補給が必要になるのです。

 

体から、一定の水分が出てしまうと、熱が出るのは、夏の熱中症と同じです。

 

夏とは違う理由で脱水がおこりやすい

冬は寒いので、トイレが近くなったりするのが嫌で、水分をとるのを避けがちになりませんか?

そうでなくても、夏の暑い日と違い、のどの渇きに鈍感になってきて、水分の摂取が少なくなります。

スポンサードリンク

 

先ほどの理由からも、脱水症状がおこる条件がそろっているにもかかわらず、水分摂取の機会も少なくなると、ますます隠れ脱水の危険性が、高まってくるのです。

 

脱水症状になると何が危険なのか?

脱水症状の直接の危険性は、下痢や嘔吐のところで述べましたが、体の水分バランスが崩れ、体に影響が出てきます。

のどの渇きはもちろん、熱が出たり、虚脱感があったり、気分が悪くなったりします。

 

血液が濃くなって、ドロドロ血になり、血管が詰まる疾患になるリスクが高まります。

 

冬になると、こむら返りになりやすくなったりしませんか?

それも、脱水症状のサインのひとつで、体の電解質バランスの崩れが原因で、、足がつりやすくなったりするのです。

 

鼻やのどの粘膜が乾燥すると、そこでキャッチするはずのウイルスが、体の中に入りやすくなります。

そのため、ウイルス性のインフルエンザや、ノロウイルスにかかりやすくなるのです。

 

冬の隠れ脱水のサイン

以下の状態が現れたら、隠れ脱水のサインです。

  • 肌が乾燥する
  • のどが渇く
  • 口の中がねばねばする
  • 食べ物が飲み込みにくくなる
  • 足がつる
  • 体がだるくなったり目まいがする

 

隠れ脱水を防ぐには?

冬の脱水症状を防ぐには、乾燥を防ぐことや、水分補給をすることです。

室内では、加湿器を上手に利用しましょう

 

おすすめ加湿器の記事はこちら↓

加湿器おすすめタイプはこれ!加湿器病ってなに?

 

水分は、利尿作用がある、カフェインの含まれる、コーヒーやお茶ではなく、水やさ湯、ポカリスエットなどのミネラルも含まれているドリンクを、取るようにしましょう。

まとめ

脱水症状は、冬でもおきやすく、体に悪影響を及ぼします。

気をつけて水分補給を、こまめに行ったり、加湿器の利用で、室内の湿度を上げるなど、意識して行うことが大切です。

  スポンサードリンク  

関連記事

帯状疱疹って感染するの?発症する理由やかかったら注意することは?

帯状疱疹(たいじょうほうしん)にかかった、という人が、周りに何人かいます。 かなり痛みを伴うと

記事を読む

足がつる原因と予防法は?こむら返りになったら?

  睡眠中、運動中に、突然足がつることが、ありますね。 特に、睡眠中に、ふくらはぎがつっ

記事を読む

反り腰とは?改善方法は?ほおっておくと腰痛に!

反り腰をご存じでしょうか? 自分でも、姿勢を正しくしようとして、反り腰になっていませんか? 反り腰の

記事を読む

片頭痛の原因は?予防法は?避けたほうが良いものは?

  日頃、片頭痛に悩まされる人には、共通点があります。 病院で診てもらうだけでなく、自分

記事を読む

no image

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

夏の風物詩といえば土用の丑の日に鰻(うなぎ)、ですよね。ではなぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるんで

記事を読む

no image

貧血の予防・改善対策 原因と必要な栄養素は?

肩こり、冷え性、倦怠感、肌荒れなど、体のささいな不調も、貧血のサインだったりするのです。 貧血は万

記事を読む

no image

い草を食べると痩せる?

畳に使われるい草、昔は薬草として使われていました。 現在はあまり食用には使われないのですが、 い草

記事を読む

ミドリムシの驚くべき効果とは?ミドリムシが人類を救う?

最近、テレビなどで、紹介されているミドリムシ。 栄養価が高く、栄養のバランスも良く、吸収率も

記事を読む

胃下垂の症状と治療法は?腹筋を鍛えれば治る?

胃下垂と聞いてイメージするのが、「胃下垂の人は食べても太らない」 「痩せの大食い」といったところでし

記事を読む

no image

秋が旬の食べ物 冬に備える体づくり

旬の食べ物は、その季節に必要な栄養素にあふれています。 必ずきちんと取って、冬の寒さに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑