*

プリン体とは?多く含まれている食品は?体への影響は?

公開日: : 最終更新日:2014/10/31 健康

プリンというと、お菓子のプリンを思い浮かべますが、プリン体とは何でしょうか。

プリン体オフの缶ビールなどで聞かれ、なんとなく体によくないイメージのプリン体。

プリン体が多すぎると、体にどんな影響があるのでしょうか。

生活での注意点などもご紹介します!

 

  スポンサードリンク  

 

プリン体はなぜ体によくない?

プリン体とは、さまざまな生物の細胞に含まれる成分の一つです。

食品からの摂取だけでなく、細胞分裂などによっても生成されるので、人体内にプリン体は常に存在しています。

 

体内のプリン体は肝臓で分解され、尿酸という老廃物に変わり、体の外へ排出されます。

しかし、生成と排出のつり合いがとれなくなって、体内の尿酸が増えすぎるとどうなるか。

血液中に溶け切らなくなった尿酸が、少しずつ固まって結晶になり、体に悪影響をもたらすのです!

 

尿酸結晶の素・プリン体を摂りすぎると

プリン体の摂りすぎで、尿酸の結晶が増え、それが原因となって発症する代表的な病気が「痛風」

痛風は、結晶になった尿酸が関節に溜まり激しい痛みを生じる病気です。

 

結晶が腎臓に溜まった場合は、腎臓の機能障害や尿路結石などの原因にもなり、いずれも突然激痛を感じる病気です。

自覚症状がないからといって油断せず、プリン体の過剰摂取には要注意ですよ。

  焼き鳥レバ

プリン体が多く含まれる食品は?

プリン体はあらゆる生物の細胞の構成成分なので、ほとんどの食品に含まれています

肉類の中で最もプリン体を多く含む部位がレバー

特に鶏のレバーは、牛や豚と比べても、非常に含有率が高いので、食べ過ぎは禁物です!

 

また、プリン体はうまみ成分でもあるので、かつお節やニボシ、スルメイカにも多く含まれます。

イワシ、ニジマス、エビ類もプリン体の多い食品に挙げられます。

 

プリン体は水に溶けやすいという、特徴もあります。

うまみたっぷりの煮汁やスープもおいしいですが、たくさん飲むのは控えるのがマル。

スポンサードリンク

普段の食事から、プリン体の多い食品の取りすぎには気をつけましょう!

 

尿酸値の上昇防止に!気をつけたいポイント3点

 

  • 飲酒習慣を見直す

アルコール類の中でも、ビールはプリン体が大変多く含まれ、毎晩のようにたくさん飲むという方は特に注意!

同じ酒類でも、ブランデーや焼酎に含まれるプリン体は、非常に少ないので、ビールを飲む量を減らしましょう。

 

  • 尿酸値を下げる食品を積極的にとる

緑黄色野菜やイモ類、海藻類などには、尿酸が増えて酸性に傾いている状態を改善する働きがあるので、意識して食事に取り入れましょう。

十分な水分補給も、体質改善に良いです。

 

  • 適度に運動をする

肥満は尿酸値をあげてしまう原因の一つなので、適度に運動をする習慣をつけるだけでも、リスクをさげることができます。

ただし、激しい運動はかえって尿酸値を上昇させてしまうので、ウォーキングなどの軽度な運動がおすすめ。

 

痛風とは贅沢病?

痛風が贅沢病と言われるのは、肉や魚など、庶民が食べられなかった食品を、日々取ることが出来た裕福な人たちが、かかった病気だからです。

現在では、普通に食事をしていても、尿酸値が高くなるリスクはありますね。

 

運動を習慣付けたり、野菜中心の食事を心がけるとか、普通に成人病予防の生活にあてはめることが出来ます。

 

痛風は、一度かかると、再発を繰り返すのです。

習慣がおこす疾患なので、習慣を根本的に変えないと、再発の期間が短くなるのでしょう。

たとえ薬を飲んでいるから、といっても、体に悪い習慣は、控えていった方がいいですね。

 

体は正直?

痛風を発症した人がいましたが、立場上、飲み会の席が多い生活でした。

それでも、日々、あまり薬に頼らないように、食生活を非常に気をつけていたそうです。

だから、酒の席でも、プリン体が多い、と言われているものは、一切食べなかったですね。

 

ですが、大好物のレバーを、うっかり食べてしまった時は、てきめんに次の日に症状が出たとか。

レバーはプリン体が多いといわれている、食品ですよね。

栄養価も高く、鉄分も多く、貧血気味の人にはとてもいい食品なのですが、こと痛風となると、こんなにも悪者になってしまう食材なのか。

 

自然のものは、良い面もあり、悪い面もある、ということでしょうか。

 

痛風や尿路結石は中高年の病気…なんてイメージもありますが、最近では20代前後の若い人も増えています。

おいしいものはほどほどに、健康的な生活を心がけましょう。

  スポンサードリンク  

関連記事

冬の隠れ脱水は空気の乾燥が原因?命にかかわるほど重大なの?

冬になると空気が乾燥してきますね。 空気が乾燥すると、肌が突っ張ったり、インフルエンザにかかり

記事を読む

エアウィーヴの効果すごい?!睡眠の質が上がるとメリット多し

ぐっすり寝たはずなのに疲れが抜けた感じがしない...。腰が痛くて眠れない...。など、そんな症状に悩

記事を読む

no image

貧血の予防・改善対策 効果的な栄養の取り方は?

貧血で一番多いのが、鉄欠乏性貧血です。 日ごろから、不足しがちな鉄を効果的に取る方法や、 貧血に必

記事を読む

腰痛の決め手は背筋!でも鍛えすぎにご用心!

腰痛予防には、腹筋が良いといわれていますよね。 ですが、腹筋を鍛えすぎたり、間違ったトレーニングをす

記事を読む

口内炎をアッという間に治し痛みをすぐとる方法はコレ!

口内炎の痛みを和らげる方法として、以前こちらの記事を紹介しました。 おかげさまで、いろんなところで取

記事を読む

no image

脳の成長は年をとっても続く?

人間の体の機能は、20~25歳くらがピークで、それ以降は下降するという考えが一般的です。

記事を読む

no image

夏の快適入浴法!コレで暑い夏を乗り切ろう

熱い夏は、湯船につかるのが億劫で、ついシャワーですませてしまいがちです。ですが、暑い夏を乗り切るには

記事を読む

ミドリムシの驚くべき効果とは?ミドリムシが人類を救う?

最近、テレビなどで、紹介されているミドリムシ。 栄養価が高く、栄養のバランスも良く、吸収率も

記事を読む

帯状疱疹って感染するの?発症する理由やかかったら注意することは?

帯状疱疹(たいじょうほうしん)にかかった、という人が、周りに何人かいます。 かなり痛みを伴うと

記事を読む

足が熱い原因は?隠れ冷え性の疑い?

夏、足の裏がほてって、困ったことはありませんか? 夏だから、暑いのが当たり前なのに、なぜか足の裏が異

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

30品目の栄養がとれる雑穀米で健康的な献立を

今の食事にプラスするだけで、一日30品目の栄養をとることができる「三十

消臭除菌スプレーは子供にも安心なものにこだわる必要がある?!

インフルエンザや感染症が心配な時期、家庭での除菌や衛生管理が気になりま

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるな

タングルティーザーというヘアブラシが最強すぎる!

絡まりやすい髪、ツヤのない髪、細い髪、そんな扱いにくい髪に毎日悩まされ

しょうがを手軽にとって代謝アップ!美容やダイエットにも

お料理の隠し味や体を温めたい時、身近な食材として活躍する生姜。 体を

→もっと見る

PAGE TOP ↑