*

プリン体とは?多く含まれている食品は?体への影響は?

公開日: : 最終更新日:2014/10/31 健康

プリンというと、お菓子のプリンを思い浮かべますが、プリン体とは何でしょうか。

プリン体オフの缶ビールなどで聞かれ、なんとなく体によくないイメージのプリン体。

プリン体が多すぎると、体にどんな影響があるのでしょうか。

生活での注意点などもご紹介します!

 

  スポンサードリンク  

 

プリン体はなぜ体によくない?

プリン体とは、さまざまな生物の細胞に含まれる成分の一つです。

食品からの摂取だけでなく、細胞分裂などによっても生成されるので、人体内にプリン体は常に存在しています。

 

体内のプリン体は肝臓で分解され、尿酸という老廃物に変わり、体の外へ排出されます。

しかし、生成と排出のつり合いがとれなくなって、体内の尿酸が増えすぎるとどうなるか。

血液中に溶け切らなくなった尿酸が、少しずつ固まって結晶になり、体に悪影響をもたらすのです!

 

尿酸結晶の素・プリン体を摂りすぎると

プリン体の摂りすぎで、尿酸の結晶が増え、それが原因となって発症する代表的な病気が「痛風」

痛風は、結晶になった尿酸が関節に溜まり激しい痛みを生じる病気です。

 

結晶が腎臓に溜まった場合は、腎臓の機能障害や尿路結石などの原因にもなり、いずれも突然激痛を感じる病気です。

自覚症状がないからといって油断せず、プリン体の過剰摂取には要注意ですよ。

  焼き鳥レバ

プリン体が多く含まれる食品は?

プリン体はあらゆる生物の細胞の構成成分なので、ほとんどの食品に含まれています

肉類の中で最もプリン体を多く含む部位がレバー

特に鶏のレバーは、牛や豚と比べても、非常に含有率が高いので、食べ過ぎは禁物です!

 

また、プリン体はうまみ成分でもあるので、かつお節やニボシ、スルメイカにも多く含まれます。

イワシ、ニジマス、エビ類もプリン体の多い食品に挙げられます。

 

プリン体は水に溶けやすいという、特徴もあります。

うまみたっぷりの煮汁やスープもおいしいですが、たくさん飲むのは控えるのがマル。

スポンサードリンク

普段の食事から、プリン体の多い食品の取りすぎには気をつけましょう!

 

尿酸値の上昇防止に!気をつけたいポイント3点

 

  • 飲酒習慣を見直す

アルコール類の中でも、ビールはプリン体が大変多く含まれ、毎晩のようにたくさん飲むという方は特に注意!

同じ酒類でも、ブランデーや焼酎に含まれるプリン体は、非常に少ないので、ビールを飲む量を減らしましょう。

 

  • 尿酸値を下げる食品を積極的にとる

緑黄色野菜やイモ類、海藻類などには、尿酸が増えて酸性に傾いている状態を改善する働きがあるので、意識して食事に取り入れましょう。

十分な水分補給も、体質改善に良いです。

 

  • 適度に運動をする

肥満は尿酸値をあげてしまう原因の一つなので、適度に運動をする習慣をつけるだけでも、リスクをさげることができます。

ただし、激しい運動はかえって尿酸値を上昇させてしまうので、ウォーキングなどの軽度な運動がおすすめ。

 

痛風とは贅沢病?

痛風が贅沢病と言われるのは、肉や魚など、庶民が食べられなかった食品を、日々取ることが出来た裕福な人たちが、かかった病気だからです。

現在では、普通に食事をしていても、尿酸値が高くなるリスクはありますね。

 

運動を習慣付けたり、野菜中心の食事を心がけるとか、普通に成人病予防の生活にあてはめることが出来ます。

 

痛風は、一度かかると、再発を繰り返すのです。

習慣がおこす疾患なので、習慣を根本的に変えないと、再発の期間が短くなるのでしょう。

たとえ薬を飲んでいるから、といっても、体に悪い習慣は、控えていった方がいいですね。

 

体は正直?

痛風を発症した人がいましたが、立場上、飲み会の席が多い生活でした。

それでも、日々、あまり薬に頼らないように、食生活を非常に気をつけていたそうです。

だから、酒の席でも、プリン体が多い、と言われているものは、一切食べなかったですね。

 

ですが、大好物のレバーを、うっかり食べてしまった時は、てきめんに次の日に症状が出たとか。

レバーはプリン体が多いといわれている、食品ですよね。

栄養価も高く、鉄分も多く、貧血気味の人にはとてもいい食品なのですが、こと痛風となると、こんなにも悪者になってしまう食材なのか。

 

自然のものは、良い面もあり、悪い面もある、ということでしょうか。

 

痛風や尿路結石は中高年の病気…なんてイメージもありますが、最近では20代前後の若い人も増えています。

おいしいものはほどほどに、健康的な生活を心がけましょう。

  スポンサードリンク  

関連記事

no image

骨粗鬆症は予防が大切!運動や栄養が決め手

閉経後の女性に多い、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という骨の病気があります。 年をとると、

記事を読む

no image

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

夏の風物詩といえば土用の丑の日に鰻(うなぎ)、ですよね。ではなぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるんで

記事を読む

no image

子供の外反母趾が増えている!原因と予防の方法とは?

ライフスタイルの変化により、現在の小学生の半分が足裏に異常 が出ています。 外反母趾や偏平足、浮足な

記事を読む

コレステロールを下げるには?食事は何を食べればいいの?運動は?

健康診断でコレステロール値が高い、と出てしまったなら、改善が必要です。 放っておくと、血管が詰

記事を読む

冬の隠れ脱水は空気の乾燥が原因?命にかかわるほど重大なの?

冬になると空気が乾燥してきますね。 空気が乾燥すると、肌が突っ張ったり、インフルエンザにかかり

記事を読む

no image

脳の成長は年をとっても続く?

人間の体の機能は、20~25歳くらがピークで、それ以降は下降するという考えが一般的です。

記事を読む

ココアの効能は?アンチエイジングや体臭にも?

数年前に、ココアが健康に良いということで、 品切れになる現象が、おきました。 果たして、ココアが健

記事を読む

no image

い草を食べると痩せる?

畳に使われるい草、昔は薬草として使われていました。 現在はあまり食用には使われないのですが、 い草

記事を読む

no image

夏の快適入浴法!コレで暑い夏を乗り切ろう

熱い夏は、湯船につかるのが億劫で、ついシャワーですませてしまいがちです。ですが、暑い夏を乗り切るには

記事を読む

チョコレートの意外な効果?ダイエットやリラックス効果もあり?

最近になってチョコレートの、健康効果が 見直されてきました。 美味しいおやつとして、代表的なお菓子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑