*

メニエール病の症状は?予防方法はある?

公開日: : 健康

めまいや耳鳴りから疑われやすい病気として代表的なメニエール病

メニエール病とは、一体どのような病気なのでしょうか。

特徴的な症状や治療方法などについてご説明します。

 

  スポンサードリンク  

 

発症原因不明の難病・メニエール病とは

 

内耳にリンパ液が溜まってできた水ぶくれが原因となって、引き起こされるめまいや聞こえにくさがあるものを、メニエール病といいます。

発症の原因は現在不明で、根本的な治療方法もまだ確立されていないため、難病として指定されているのです。

 

メニエール病患者の割合は10万人に15人程度で、比較的女性に多く30代後半~40代前半が発症年齢のピークとされます。

また、精神的・肉体的疲労を強く感じている人、睡眠不足など生活習慣がみだれがちな人に、多い傾向があるようです。

 

メニエール病の主な症状

ぐるぐる回っているようなめまい?

 

次は、メニエール病の主な症状について見てみましょう。

メニエール病に対する厳密な診断基準はありませんが、特徴的な症状として、

 

・回転性の強いめまい(ぐるぐると回っているような感じ)

・耳がふさがっている感覚

・難聴

・耳鳴り

 

などがあり、そのほかにも吐き気や冷や汗等を伴う場合もあります。

このように、一口にメニエール病といっても症状は人によってさまざまです。

特に初期症状は似ている病気も多いため、専門医でないと診断は大変難しいのです。

 

治療方法は?

治療は主として投薬、手術で水ぶくれを切り取る場合もあります。 

先にも述べたとおり、メニエール病に直接効果的であるとされる薬や治療法はまだないのです。

 

めまいを引き起こす原因とされる水ぶくれに対する薬物治療、手術などが主な治療となります。

症状の重さにあわせて、薬物療法と手術をあわせておこなう場合もあります。

体のバランスを整えることも重要であると考え、食生活や睡眠のリズムを見直すなど、生活習慣の改善を治療の一環としてすすめられることもあるようです。

 

 考える

「もしかして、メニエール病?」と思ったら

 

メニエール病は内耳の病気であるため、生命に直接危険を及ぼすことはまずないと考えられます。

それでも、自己判断で放っておくと、日常生活に支障をきたすくらいめまいが強くなったり、重症化すると治療が大変難しくなってしまうということもあります。

強いめまいを感じると、それだけで「メニエール病なのではないか」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

スポンサードリンク

しかしメニエール病は、発見が早いほど治療も軽く済みますし、症状とうまく付き合って、以前と変わらないような生活を送ることも大いに可能なのです。

めまいに関する診断は、非常に複雑なものであるため、めまい外来のある耳鼻科など、信頼できる専門医のいる病院を早めに受診して、適切な治療を受けましょう。

 

管理人のケース

私がある日突然、めまいと難聴になったことがあります。

もう、15年も前のことです。

 

地球がぐるぐる回り、立っていられないのです。

横になっても、ぐるぐる回っていました。

 

ちょうど、メニエール病という言葉が、聞かれるようになったころです。

耳鼻科に通いましたが、原因不明とのこと。

音が聞こえるかの検査をすると、低音など、ある一定の音が聞こえていませんでした

 

メニエール病かもしれない、そうでないかもしれない、というのが医者の結論でした。

治療法は特になくお手上げです。

処方された薬は、「精神安定剤」です。

気のせいですね、と言われている様な気がしました。

 

精神安定剤もろくに飲まず、おとなしく、でも普通の生活をして過ごしました。

その年から毎年、冬になると、めまいは出ませんでしたが、難聴になりました

次の年は、別の医者に通いました。そこでも、お手上げです。

 

もう、この難聴は、一生冬に必ずかかるのだ、と覚悟して生活していました。

 

直ったのは、職場を変えてからです。

別の会社に入り、環境を変えたら、冬の難聴も起こらなくなりました。

たまに、気圧の変化がおこるとき、耳の違和感が少しある時もありますが、昔のような音が聞こえにくい症状は、出ていません。

 

メニエール病もそうですが、やはり、ストレスというのは、このように体に現れてくるものなんですね。

たぶん、前の職場でのストレスが原因だったのでしょう。

 

職場を変えることが出来ない場合、ストレス原が家族とかで、どうにもならない場合などもあるかもしれません。

その場合は、自分の考えを変えていくしかないですよね。

くよくよしないとか、いい意味でいい加減になるとか、すこしわがままになってみるとか。

 

気がつきにくいですが、完璧主義で、自分を責めてばかりなのかもしれません。

自分の体は、自分で守らないといけないし、気持ちの持ちようを変えないといけないとしたら、すこし努力が必要でも、やらないといけないのでしょうね。

 

フラワーエッセンスを使って、気持を楽にするのもおすすめです。

フラワーエッセンスとは?心を癒す使い方も紹介

 

 

あれから年月がたっていますが、まだ治療法は確立されていないようす。

それでも、15年前に、精神安定剤だけ処方された治療より、きちんとした治療が受けられると思います。

自己判断で、思い込みが強くなり、余計に悪化してしまう場合もありますので、私のケースは参考程度にとどめ、医者にきちんとかかるようにしてくださいね。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

冬の隠れ脱水は空気の乾燥が原因?命にかかわるほど重大なの?

冬になると空気が乾燥してきますね。 空気が乾燥すると、肌が突っ張ったり、インフルエンザにかかり

記事を読む

no image

浮足(浮き指)が危険!全身の歪みから精神障害まで?

外反母趾とともに増えている足のトラブル、浮足(浮き指、指上げ足とも言われます)をご存知ですか? ハイ

記事を読む

口内炎の原因は?痛みをすぐとる方法とは?

知らない間に出来ている、口内炎。 一度できると、2週間は治らないし、 食事の時も

記事を読む

隠れ難聴は大人の中耳炎?それは急性・滲出性・好酸球性?

  中耳炎とは、中耳が炎症を起こすことを言います。 主な特徴と言えば、耳痛、難聴、耳だれな

記事を読む

橋本病とは?原因と症状チェックで予防する

橋本病という病気をご存知ですか? 日本人の女性に多く、特に40~50代の女性の、10人に1人の高い割

記事を読む

良く噛む効果とは?体と脳に効くスゴイ作用!

食事を美味しく食べられることは、幸せですね。 最近では、食べ物を良く噛むと、良い効果があると、 健

記事を読む

片頭痛の原因は?予防法は?避けたほうが良いものは?

  日頃、片頭痛に悩まされる人には、共通点があります。 病院で診てもらうだけでなく、自分

記事を読む

no image

夏の快適入浴法!コレで暑い夏を乗り切ろう

熱い夏は、湯船につかるのが億劫で、ついシャワーですませてしまいがちです。ですが、暑い夏を乗り切るには

記事を読む

no image

骨粗鬆症は予防が大切!運動や栄養が決め手

閉経後の女性に多い、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という骨の病気があります。 年をとると、

記事を読む

冷えとり靴下がブーム!エコで健康的に暖かく!

  寒くなってくると、冷え症にはつらくなる季節。 最近、冷えとり靴下と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑