*

帯状疱疹って感染するの?発症する理由やかかったら注意することは?

公開日: : 健康

帯状疱疹(たいじょうほうしん)にかかった、という人が、周りに何人かいます。

かなり痛みを伴うとかで、とても辛そうです。

いったい、帯状疱疹とは、どんな病気なのでしょうか。

かかる理由や、感染するかどうか、調べてみました。

 

  スポンサードリンク  

痛みを伴う肌の異常…「帯状疱疹」ってどんな病気?

50歳代に多い

体力低下などの面から、50歳以上の発症が多い帯状疱疹。

しかし最近では、ストレスや生活習慣の乱れといった原因から、20~30歳代で発症する方も増えています。

季節の変わり目などにも、免疫力が低下した時に、発生しやすいです。

 

帯状疱疹の原因は?

 

帯状疱疹の原因は、水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスです。

これは水ぼうそうの原因となるウイルスと同じで、水ぼうそうの症状がおさまっても神経細胞の中に残り続けます。

 

免疫力がおちたりすると、体内にあったウイルスが再び活動し始め、皮膚や神経に炎症を起こすのが帯状疱疹です。

つまり、水ぼうそうにかかったことがあるなら、誰でも帯状疱疹にかかる可能性がある、ということです。

また、一度発症すると免疫がつくので、再発はきわめて珍しい病気だそうです。

 

ですが、最近、数か月くらいして、再発した、という人から話を聞きました。

調べてみると、単純ヘルペスという病気なのかもしれない、とのことです。

ヘルペスと帯状疱疹は、同じヘルペスウィルス属なんだそうです。

 

帯状疱疹の主な症状

 

最初に自覚する症状は、肌に違和感やぴりぴりとした痛みの場合が多いです。

それから数日~1週間経つと、体の片側に赤いぶつぶつとした点が帯状に現れ、激しい痛みを感じるようになります。

 

これが、帯状疱疹の主な症状で、痛みは、非常に強く、我慢できないほどになります。

赤い点は次第に水ぶくれになり、水ぶくれが破れた後はかさぶたになって治っていきます。

 

痛みだけが残る場合は、後遺症の可能性も

ほとんどの場合は、皮膚の状態が良くなると痛みも共におさまります。

しかし、皮膚が良くなっても痛みが残っているという方は、帯状疱疹後神経痛が疑われます。

痛みに対する専門的な治療が必要になる場合もありますので、医師に相談しましょう。

 

帯状疱疹の治療

違和感や、痛みが出てきたら、すぐに専門医に診てもらいましょう。

スポンサードリンク

早めの治療が、短期間で完治することにつながります。

最初は、やはり皮膚科にかかるのがベストです。

 

帯状疱疹は薬による治療がメインで、原因となるウイルスの増加をおさえる薬と、痛みをやわらげる薬をあわせて処方されます。

ウイルスに対する薬は効果が出るのに2日ほどかかるので、自己判断で量を変えたりせず、薬は全て医師の指示通りに飲みきりましょう。

 

よく、帯状疱疹にかかった患者に、口酸っぱく医者から言われる注意点として、「薬は飲みきるように!」というのがあります・

痛みを抑える薬を、同時に飲んでいるので、症状が良くなったと勘違いし、飲み忘れてしまう事が多い、とのことです。

そのため、薬は規定量、きちんと飲まないといけないのですね。

isha

 

帯状疱疹の感染について

 

帯状疱疹は、帯状疱疹として直接他人にうつることはありません

しかし、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染したことのない小さなお子さんなどには、水ぼうそうとしてうつる可能性があります。

水ぶくれがおさまるまで、水ぼうそうになったことのない乳幼児や、妊娠中の方との接触は避けるようにしましょう。

 

帯状疱疹にかかったら注意すべきこと

 水ぼうそうとしての感染以外にも注意すべき点についてまとめます。

 ・心身ともに安静にすること

 心と体のバランスをとることで、免疫力の回復が早まります。

・炎症は冷やさず、あたためる

 患部を冷やすとより一層痛みを強く感じるので、あたためて血行を良くしましょう。

・水ぶくれには触らない

 水ぶくれは破れると雑菌に感染しやすくなるので、刺激を与えないように注意。

 

早期に帯状疱疹であると分かれば、完治までの期間を短く、痛みなどの症状も軽くおさえることもできます。

肌の違和感や痛みから「帯状疱疹かも?」と不安にお思いの方は、早めに専門医の診察を受けましょう。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

プリン体とは?多く含まれている食品は?体への影響は?

プリンというと、お菓子のプリンを思い浮かべますが、プリン体とは何でしょうか。 プリン体オフの缶

記事を読む

no image

脳の成長は年をとっても続く?

人間の体の機能は、20~25歳くらがピークで、それ以降は下降するという考えが一般的です。

記事を読む

コレステロールを下げるには?食事は何を食べればいいの?運動は?

健康診断でコレステロール値が高い、と出てしまったなら、改善が必要です。 放っておくと、血管が詰

記事を読む

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるなか、生酵素を手軽にとれるサプリ

記事を読む

no image

マヌカハニーの効果効能とは?美味しく食べて健康に!

  はちみつの中でも、マヌカハニーという種類のはちみつは、奇跡のはちみつ と言われて

記事を読む

no image

秋が旬の食べ物 冬に備える体づくり

旬の食べ物は、その季節に必要な栄養素にあふれています。 必ずきちんと取って、冬の寒さに

記事を読む

腰痛の決め手は背筋!でも鍛えすぎにご用心!

腰痛予防には、腹筋が良いといわれていますよね。 ですが、腹筋を鍛えすぎたり、間違ったトレーニングをす

記事を読む

温活とは?ダイエットにもなるあったか習慣のすすめ

  最近目にする言葉、「温活」をご存知ですか? 温活とは、体を温める活動の事。 冷え性は万病のもと

記事を読む

no image

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

夏の風物詩といえば土用の丑の日に鰻(うなぎ)、ですよね。ではなぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるんで

記事を読む

葉酸が妊活・妊娠に必要なわけとは?オススメの葉酸サプリは?

妊活・妊娠中に欠かせない栄養として認識が高まっている葉酸。大切な赤ちゃんのためだからこそ、慎重になり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

30品目の栄養がとれる雑穀米で健康的な献立を

今の食事にプラスするだけで、一日30品目の栄養をとることができる「三十

消臭除菌スプレーは子供にも安心なものにこだわる必要がある?!

インフルエンザや感染症が心配な時期、家庭での除菌や衛生管理が気になりま

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるな

タングルティーザーというヘアブラシが最強すぎる!

絡まりやすい髪、ツヤのない髪、細い髪、そんな扱いにくい髪に毎日悩まされ

しょうがを手軽にとって代謝アップ!美容やダイエットにも

お料理の隠し味や体を温めたい時、身近な食材として活躍する生姜。 体を

→もっと見る

PAGE TOP ↑