*

修善寺紅葉まつりの日程と見頃の時期は?ライトアップ情報も

公開日: : 最終更新日:2016/06/10 おでかけ

伊豆随一の温泉街として有名な修善寺は、秋には見事な紅葉が見られる事でも、観光客の人気となっています。

修善寺の紅葉は、たくさんの見どころがあるので、ご紹介します。

 

紅葉スポットのご紹介

修善寺自然公園もみじまつり

2015年11月14日(土)から12月6日(日)

 

修善寺の紅葉は、例年11月中旬から徐々に色づき、11月下旬から12月上旬にかけて見ごろを迎えます。

一番の見ごろには、修善寺自然公園では、今年ももみじまつりが開催されます。

伊豆でも屈指のもみじ群生林があり、およそ1000本の木々が一斉に紅く、黄色く染まります。

 

公園内には遊歩道もあり、およそ15分程度の散策ができます。

晴れた日には紅く染まった木漏れ日が美しく、敷き詰められた落ち葉は紅い絨毯のようです。

 

富士山を眺めながらの紅葉も、伊豆ならではの景色でしょう。

期間中に出店する、地場産品を販売する露店も観光客で賑わいます。

 

温泉街では

一方修善寺の温泉街では、撮影スポットとしても名高い「竹林の小径」がライトアップされ、毎年人気のスポットとなっています。

桂川沿いの遊歩道は、温泉街の風情と相まって、まさに日本の秋といった景色です。

石畳の道の途中には、茶店やギャラリーが並び、休憩場所も多くあるため、思い思いの散策にうってつけです。

お問合せ:伊豆市観光協会修善寺支部 公式HP
http://www.shuzenji-kankou.com/autumn.html

 

虹の郷 もみじライトアップ

2015年11月20日(金)から11月30日(月) 16:00~21:00

虹の郷は、広大な敷地に古いイギリスの田舎町を再現した「イギリス村」や、日本の合掌造りの農家を再現した「匠の村」などがあるテーマパークです。

世界最小の旅客SLに、実際に乗ることが出来る事でも知られますが、園内の紅葉も実に綺麗です。

洋風・和風の紅葉の景色を見ることができ、特に1000本のもみじが広がる日本庭園は、息をのむほどの美しさです。

紅葉の時期には閉園時間が21時まで延長され、ライトアップされた美しい絵葉書のような風景が楽しめます。

※夜間(16:00~)特別料金 大人750円、子供350円

 

修善寺庭園 特別公開

2015年11月20日(金)から11月30日(月) 9:00~16:00

普段は非公開のため、なかなか観る事の出来ない修善寺の庭園が、期間中に限って公開されます。

常緑の木々と、美しく染まったもみじが絶妙に配され、静かな時が流れる方丈の名園を、この機会にぜひご覧ください。

※庭園保存協賛金 200円

 

紅葉の他にも、観光スポットがたくさんあります

指月殿

鎌倉幕府の2代将軍、源頼家にまつわる史跡です。

北条氏により暗殺された、頼家の冥福を祈るため、その母である北条政子が建立しました。

また、裏山に広がる鹿山公園には源義経像があるなど、鎌倉幕府の歴史と関わりの深い場所です。

歴史好きの方は、一度訪れてみたい場所の一つでしょう。

 

 修善寺しいたけの里

なかなか好き嫌いの分かれるしいたけですが、取れたて新鮮なしいたけなら、苦手な人でも美味しく食べられるかもしれません。

この「しいたけの里」では、原木栽培の「しいたけ狩り」と、「しいたけバーベキュー」を楽しむ事ができます。

しいたけ好きの方はもちろん、苦手な方も一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

「しいたけの里」公式HP
http://www.office-web.jp/shiitakenosato/pc/index.html

 

温泉でのんびり

修善寺といえば、もちろん温泉です。

かの弘法大師が噴出させたといわれる、伊豆で最も古い温泉の一つです。

日帰り入浴のできる宿も多く、昼食・休憩付のプランで利用できるところもあります。

宿泊する時間の取れない方でも、秋の一日をのんびりと過ごすことが出来るでしょう。

参考サイト:修善寺旅館協同組合「旅ナビ」
http://www.shuzenji.info/

 

秋の盛りに、燃え上がるような紅葉を見せるこの地を、ぜひ一度ご堪能ください。

 

修善寺のゆかりの文学

修善寺の温泉には、昔の文豪たちが執筆をするためや、療養をするために、たびたび訪れていました。

大病を患い、療養に来ていた夏目漱石は、修善寺を舞台にした小説は、書いてないものの、随筆には、修善寺での日々の様子を綴っています。

上記の虹の郷には、「夏目漱石記念館」もあるので、ぜひ行ってみてください。

 

修善寺が舞台の小説と言えば、「伊豆の踊子」ですね。川端康成です。

実在の名所が、小説にもたくさん出てきます。

 

伊豆の踊り子は、何度も、映画やテレビドラマ化されています。

かつての大女優、田中絹代に始まり、美空ひばり、吉永小百合、山口百恵など、そうそうたる俳優が若かりし頃に演じ、羽ばたいていった作品でもあります。

 

川端康成が表現したかったテーマとは、少々違う解釈なのですが、純愛ラブストーリーとして確立された、映画作品です。

機会があれば、映画を鑑賞して、小説との違いも楽しんでみるのも、面白いかもしれませんね。

 

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

兼六園ライトアップ情報 あのアニメの舞台となった周辺観光地のイベントも

本格的な秋を迎える、金沢市の兼六園では、今年も恒例となったライトアップが行われます。 また、こ

記事を読む

no image

プラネタリウム 関東の人気スポットを紹介!その2

関東の人気プラネタリウム、第2段です。 今回は、大人向け、個性派プラネタリウムの紹介です。 &nb

記事を読む

ぶどう狩りのおすすめ山梨の農園を紹介!美味しく食べるコツも

フルーツ狩りの定番の一つ、ぶどう狩り。 ぶどうと言えば秋の味覚のイメージがありますが、品種によ

記事を読む

岩手雪まつり2016の日程は?体験型雪まつりはファミリーで楽しめる

意外と長い歴史の、岩手雪まつり。 前身の「小岩井かまくら」から数えて、今回が49回目となり、現

記事を読む

田島弥平旧宅へのアクセスは埼玉県から?!ぐんまちゃんvsふっかちゃん?

2014年6月に世界遺産登録が決まった、富岡製糸場と絹産業遺産群ですが、目下、富岡製糸場には連日観光

記事を読む

榛名神社は関東のパワースポットで強運にめぐまれると人気の神社らしい

群馬県高崎市にある榛名神社は、パワースポットブームのころから、それ以前からも、とても人気のある神

記事を読む

富岡製糸場に行くには車?電車?どっちが良い?駅近グルメも紹介

富岡製糸場が世界文化遺産の登録へ、また進むことが出来ました。 2014年6月の決定に向けて、国

記事を読む

伊勢神宮の内宮と外宮のアクセスは?お参りの注意点も紹介

2013年には、式年遷宮で話題になった伊勢神宮。 その翌年である2014年は、より一層のご利益

記事を読む

於菊稲荷神社(おきいくいなりじんじゃ)に行ってみた

於菊稲荷神社は、群馬県高崎市にあります。 管理人の家からわりと近いところなので、行ってみること

記事を読む

関東の紅葉 おすすめスポット その1北関東編

紅葉の季節に気軽にいける、関東のおすすめスポットを 2回にわたり紹介します。 寒くなってきましたので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑