*

鳴子峡の紅葉の時期は?温泉と絶景で癒しの旅へ

公開日: : 最終更新日:2016/06/09 おでかけ

東北で人気がある、紅葉スポットといえば、鳴子峡が有名です。

鳴子峡の紅葉の時期、見どころなどを紹介していきます。

 

  スポンサードリンク  

 

鳴子峡の紅葉シーズンは?

東北にある、数ある温泉地のなかでも、特に人気の高い温泉地のひとつが、宮城県大崎市にある「鳴子温泉郷」です。

 

この鳴子温泉から、車で5分ほどの位置にある「鳴子峡」では、秋の紅葉シーズンになると見事な景色を楽しむ事ができます。

 

例年、10月中旬から色づき始め、10月下旬から11月初めにかけて、見事な錦秋の景色を楽しむことが出来ます。

 

見どころ

見晴台から

まずは鳴子峡レストハウスの先にある、見晴台を目指しましょう。

鳴子峡の紅葉を楽しむなら、この見晴台からの眺望は外せません

 

写真撮影にも絶好の位置にあり、多くの観光ポスターの写真も、この付近からのアングルが多くなっています。

V字型に100mほども落ち窪んだ渓谷と、岩肌を覆い尽くすように枝を張り、見事に色づいた錦秋の光景は、写真を撮らずにはいられなくなるほどの絶景です。

 

また、周辺にはいくつかの展望台がありますので、それぞれ違った景色を楽しむ事も出来るでしょう。

 

散策してみる

鳴子峡周辺には、いくつもの遊歩道が整備されています。

それぞれ違ったルートで、眼下の渓谷沿いに散策を楽しめます。

 

残念ながら「鳴子峡遊歩道」は落石のため通行止めですが、「大深沢遊歩道」は通行できますので、そちらのコースがおすすめです。

周回コースになっており、およそ60分で1周する道のりです。

 

タクシー利用の方なら、途中の「新展望台」付近で下車して、レストハウスを目指すコースで約45分程度です。

遊歩道は十分に整備されていますが、基本は山道ですので、足元は歩きやすい靴でお出かけください。

narukokyo

また、長時間の散策が苦手な方は、紅葉シーズンに限ってレストハウスの周囲だけ、「鳴子峡遊歩道」が解放される可能性もあります。

状況次第となりますので、現地で確認してみると良いでしょう。

見晴台は上からの眺望ですが、遊歩道は渓谷沿いから、見上げる景色となっています。

秋の山の空気に触れながら、のんびりと散策を楽しむのも良いでしょう。

 

 

 

鳴子峡へのアクセス

車なら

東北自動車道古川ICから、国道47号線を西へ一本道です。

通常はおよそ40~50分の距離ですが、紅葉シーズンになると渋滞も発生しますので、曜日によっては倍以上の時間がかかるでしょう。

スポンサードリンク

鳴子峡には大駐車場がありますので、直接目指して大丈夫です。

ただし紅葉シーズンには、駐車場は有料です。

また、駐車場入口もかなり混雑します。

しかし紅葉観光には一番便利ですので、時間に余裕を持って出かけましょう。

鉄道なら

鉄道をご利用なら、東北新幹線古川駅で陸羽東線に乗り換えです。

あとは快速で、約40分で鳴子温泉駅に到着します。

鳴子温泉駅からは臨時バスもありますが、タクシーの利用がおすすめです。

 

散策地図はこちらに案内があります。

鳴子温泉郷観光協会HP
http://www.naruko.gr.jp/news/uploads/240601-narukokyo-map.pdf

 

おすすめ周辺観光スポット

鳴子温泉郷

鳴子・鬼首(おにこうべ)・川渡(かわたび)・中山平・東鳴子、この5つの温泉を総称して「鳴子温泉郷」と呼ばれます。

およそ千年の歴史がある、東北有数の名湯です。

日本では11種類の泉質が確認されていますが、そのうちの9種類が鳴子温泉郷に集まる、とても珍しい温泉地となっています。

日帰り入浴が可能な宿泊施設や、地元の人々が守り続ける共同浴場も多数あり、温泉好きにはたまらない名湯です。

 

珍しいところでは、早稲田大学の学生がボーリング(温泉を掘ること)の実習によって、掘り当てた、「早稲田桟敷湯」という名前の、公共浴場があります。

源泉かけ流しの、肌にやさしい弱アルカリ温泉です(大人540円)。

間欠泉

鳴子温泉から、バスで30分ほど秋田方面に向かうと鬼首温泉です。

ここのシンボルともいえるのが、10分ほどの間隔で、15m以上に噴き上がる間欠泉です。

入場料がかかりますが、間近で見上げる間欠泉の迫力には、見るものを圧倒する力を感じます。

間欠泉は、日本人なら一度は直接見てほしい、自然の神秘、だと思っています。

園内では、露天風呂が楽しめる施設もあります。

 

鳴子のこけし

温泉と共に有名なのが、鳴子のこけしです。

日本こけし館」には、東北各地の伝統こけし、約5000体が展示されています。

またプロの工人による、こけし作りの作業が見学できるほか、自身で絵付けの体験を楽しむ事もできます(有料)。

もちろん絵付けしたこけしは、お土産に持ち帰ることが出来ます。

 

観光の拠点として

鳴子温泉は、ほぼ東北の中心に位置しています。

特に車で移動する方にとっては、宮城県はもちろん、秋田・山形との県境に接し、岩手にも近い鳴子は非常に便利です。

温泉でのんびりしながら、各地に日帰りで出かけるのも楽しいかもしれません。

 

紅葉のシーズンは大変な混雑となります。

お車の方は特に、かなりの渋滞が見込まれますので、時間はもちろん、燃料やトイレ休憩なども余裕を持ってお出かけ下さい。

苦労に見合った、それだけの価値のある、見事な景観を楽しめる事でしょう。

 

  スポンサードリンク  

関連記事

宇都宮餃子祭り2016の日程と人気店紹介!美味しく食べるコツも

宇都宮といえば、餃子の町として全国的にもその名が知られています。 一時は餃子消費量日本一の座を

記事を読む

関東の紅葉 おすすめスポット その1北関東編

紅葉の季節に気軽にいける、関東のおすすめスポットを 2回にわたり紹介します。 寒くなってきましたので

記事を読む

秋田の竿燈まつり 2018年の日程は?祭りの見どころは?

東北の3大祭りといえば、青森のねぶた祭り、仙台の七夕祭りと、秋田の竿燈まつりですね! 今年の日

記事を読む

no image

京都の紅葉を見に行く!紅葉の時期と名所はココ♪

京都は一年中人気の観光地ですが、特に紅葉の時期が最高です。 綺麗な日本庭園が紅葉で染まり、ライトア

記事を読む

唐津くんち2016の日程と詳細は?明かりが美しい宵ヤマから迫力の町廻りまで

11月に入ると「長崎くんち」「博多おくんち」と並ぶ「日本三大くんち」のラスト、「唐津くんち」の季節を

記事を読む

西条祭り2015の日程と提灯の明かりが美しい観賞ポイント紹介も

10月に入ると愛媛県の西条市では、お祭りムードが漂い始め、中旬になれば市内のあちらこちらで、秋祭りが

記事を読む

no image

科学技術館へ行って夏休みの自由研究のネタ探し

夏休みの自由研究、毎年何にするか迷ってしまう。気がつくと夏休みも終わりに近づいてしまって焦る! そん

記事を読む

土浦花火大会2018の日程は?穴場は?

茨城県の秋の風物詩、土浦花火大会が、 今年も開催されます。 正式名称が「土浦全国花火競技

記事を読む

no image

車の運転上達のコツ ペーパードライバーから早く脱出する

ぺーパードライバーで、いざ運転をしないといけなくなった時、ちょっと怖いですよね。 とりあえず慣

記事を読む

よさこい佐世保2018で迫力のある演舞を堪能しよう

よさこい佐世保の開催が、近づいてきました。 今年も、例年どうり10月に開催されます。 日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑