*

べったら市の日程や詳細は?日本橋の江戸時代がよみがえるお祭り

公開日: : おでかけ

毎年10月19・20日には、東京日本橋で「べったら市」が開かれます。

べったら漬けは東京の名産品として有名ですが、その名前を冠したお祭りとはどのようなものなのでしょう。

べッたら市の、日程と詳細の紹介です。

 

  スポンサードリンク  

 

日本橋 べったら市

日程やアクセス

開催日程 2015年10月19日(月)・20日(火)
開催時間 12:00~21:00
会場 東京都中央区日本橋本町3丁目 宝田恵比寿神社とその周辺
アクセス JR総武線新日本橋駅 東京メトロ日比谷線小伝馬町駅 都営新宿線馬喰横山駅 都営浅草線人形町駅
お問合せ 日本橋大伝馬町一之部町会青年部 公式HP http://www.nihonbashi-oodenma-seinenbu.org/

べったら市の由来

もともとは江戸の中ごろから、宝田恵比寿神社の門前で、恵比寿講の道具を商う市が、立ち並んでいたことが起源とされています。

 

宝田恵比寿神社には、日本橋七福神の恵比寿様が御安置されており、商売繁盛、家族繁栄、火防守護の神様です。

そのため商家では恵比須様をまつり、親類・知人を招いてお祝いをしていました。その行事が恵比寿講です。

 

市では浅漬けや、大根のべったら漬けが良く売れました。

そのため明治時代以降「べったら市」に変化したと言われています。

戦後の一時期には途絶えていましたが、「東京にいたか屋」をはじめとした、江戸時代より続く「べったら市保存会」が尽力し、べったら市を再興しました。

bettaraiti

おすすめポイント

お祭りムードも満点

お祭りの楽しみといえば、やっぱりたくさんの露店です。

このべったら市では、その数500店ともいわれる露店が出店しています。

 

露天でお馴染みの食べ物をはじめ、ほかにもたくさんの品物が、売られていますので、見て回るだけでも楽しくなってきます。

 

また、19日にはお神輿も出て、お祭りをさらに盛り上げます。

やはり江戸っ子はお祭り好きなのでしょう。

 

たくさんの地元民とともに、来場客も大いに盛り上がります。

毎年、19日、20日なので、年によって平日だったりするわけで、仕事帰りのサラリーマンが、ちょっと一杯なんて姿もチラホラ見られます。

 

 

夜になれば、たくさんの提灯で明かりをとる光景がみられ、これぞお祭りという雰囲気です。

お祭りでは、先に宝田恵比寿神社で、お参りしてからみてまわりましょうね。

スポンサードリンク

 

「東京にいたか屋」のべったら漬け

「東京にいたか屋」は創業80年の老舗で、そのべったら漬けは宮内庁御用達です。

昭和天皇にも献上され、その伝統ある味をこよなく愛された、といわれています。

 

今では東京の名物の一つに数えられ、全国各地にそのファンを広げています。

お土産として、この機会にぜひお求めになってはいかがでしょうか。

bettarazuke

ところで、お祭りの起源となったべったら漬けですが、500もの出店がある露店の中でも、扱っているのはわずかに30軒程度だそうです。

もともとは様々な品物を扱う、ごく普通の市だったことが良くわかりますね。

 

べったら漬けだけじゃない

このようにべったら市では、たくさんのお店が露店を出しています。

もちろん地元の商店も参加し、年に一度の「お祭り価格」で商売していますので、こちらも見逃し厳禁です。

あの老舗店の、お買い得目玉商品に出会えるかも?

 

べったら漬けの歴史紹介

毎年恒例となりつつある、跡見女子大学生による、べったら漬の歴史紹介等を行うブース。

子供達に人気のグッズも配布され、昨年も大好評でした。さて今年も出展されるのでしょうか。

 

これほど露店の集まるお祭りも珍しいので、見て回るだけでも楽しいですね。

ですが、毎年10万人の人出を集めるお祭りです。

大人でも迷子になりそうな大変な混み合いになりますので、お子様連れの方などは十分に注意してください。

 

 

日本橋の今

nihonbasi

日本橋は昔から栄えていましたが、少し前まで、東京や新宿、渋谷などに押され、老舗店はありましたが、商業としての活気はすこし落ち込んでいました。

最近では、日本橋の開発がさかんに行われ、日本橋室町に「コレド室町」が出来て、活気を取り戻しています。

昔からある老舗店も、新しく出来たビルの商業フロアに入って、現代風のインテリアの店舗に様変わりしています。

 

日本橋がある場所には、上に高速道路がはしっており、日本各地に伸びる、街道の出発点であった、江戸時代の面影は、全くなくなってしまいました。

その高速道路も、地下に移動し、昔の日本橋の景観を取り戻す、プロジェクトもあるそうです。

空がすっかり見渡せる、昔の面影がのこる日本橋が見られるのは、いつになることでしょうか。

  スポンサードリンク  

関連記事

よさこい佐世保2018で迫力のある演舞を堪能しよう

よさこい佐世保の開催が、近づいてきました。 今年も、例年どうり10月に開催されます。 日

記事を読む

no image

プラネタリウム 関東の人気スポットを紹介!その2

関東の人気プラネタリウム、第2段です。 今回は、大人向け、個性派プラネタリウムの紹介です。 &nb

記事を読む

高崎まつり 2018の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2018年の高崎まつりは、8月4日(土)~5日(日)に行われます。 山車あり、お神輿あり、盆踊

記事を読む

no image

車の運転上達のコツ ペーパードライバーから早く脱出する

ぺーパードライバーで、いざ運転をしないといけなくなった時、ちょっと怖いですよね。 とりあえず慣

記事を読む

秋田の竿燈まつり 2018年の日程は?祭りの見どころは?

東北の3大祭りといえば、青森のねぶた祭り、仙台の七夕祭りと、秋田の竿燈まつりですね! 今年の日

記事を読む

浅草酉の市2015年はいつ?商売繁盛や恋愛成就で話題のスポットも!

そろそろ年の瀬が近づく11月になると、関東各地の神社では「酉の市」(とりのいち)が開かれます。

記事を読む

修善寺紅葉まつりの日程と見頃の時期は?ライトアップ情報も

伊豆随一の温泉街として有名な修善寺は、秋には見事な紅葉が見られる事でも、観光客の人気となっています。

記事を読む

富岡製糸場に行くには車?電車?どっちが良い?駅近グルメも紹介

富岡製糸場が世界文化遺産の登録へ、また進むことが出来ました。 2014年6月の決定に向けて、国

記事を読む

佐賀バルーンフェスタ2018の日程と見どころ紹介 大空に広がる夢のイベント

今年もアジア最大の熱気球競技イベント「佐賀バルーンフェスタ」が10月末に開幕します。 毎年多く

記事を読む

堺まつり2018の日程は?堺市民の一大イベントで盛り上がろう

大阪の堺市民の、一大イベント、堺まつりが10月に行われます。 日程、詳細、見どころなど、堺まつ

記事を読む

Comment

  1. なきいいき より:

    べったらうまいぞよ

    • ポノ子 より:

      なきいいき様

      管理人のポノ子です。
      当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

      私も、べったら漬け大好きです。
      べったら市も、ビジネス街の夜なのに、にぎやかで、大好きです。

      また当ブログを、よろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑