*

浮足(浮き指)が危険!全身の歪みから精神障害まで?

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 健康

外反母趾とともに増えている足のトラブル、浮足(浮き指、指上げ足とも言われます)をご存知ですか?

ハイヒールなどをよく履く女性 に多い、足の異常です。

 

現代では小学生の半数がこの浮足になっているとも言われています。

あまり聞きなれないのは、外反母趾と違って痛くないから です。 痛くないと思ってほおっておくと大変危険です!

あなたの足は大丈夫ですか?

 

浮足(浮き指)とは?

 

浮足とは足裏の地面の接地面が、正常だと、

①かかと

②母指球(指の付け根)

③足指

の3点で体を支えているのに対し、かかとと母指球しか地面についておらず、足指が宙に浮いている状態のことです。

 

2点で支えるので、かかとに重心が乗ってしまい、体がバランスを崩し、体の歪みにつながる危険な状態なのです。

痛みがないため気付くのが遅くなりがちなので、注意が必要です。

 

浮足チェック !

 

あなたはこんな症状がありませんか?

●足の親指を付け根から曲げた時、90度以上曲がる(直角になる)

●足の指(特に親指以外)の第二関節にタコができる(靴の内側に当たる)

●母指球(指の付け根)にタコ、魚の目ができやすい

●巻き爪になりやすい

 

この中のひとつでも当てはまったら、浮足である可能性があります。

浮足をほおっておくと全身に異常につながる危険があります。早めに対策を取りましょう!

file3551246209991

足の裏を鍛えよう

 

浮足の原因は、足の裏を使わなくなったからです。

底の厚い靴で、平らなアスファルトだけを歩いている現代は、足裏に刺激がいかなくなり、筋力が衰えてしまうのです。

 

それに女性は、ハイヒールなど靴の先が細い靴を履き続けるので、指が縮こまり、歩くときに指が地につかなくなってしまいます。

 

現代の子供も、外遊びからゲームなどの室内遊びが主流になったせいで、浮足などの異常な足裏になっている子供が多く、問題になっています。子供の足裏の異常は、最近注目され始めました。


スポンサードリンク

 

浮足(浮き指)が、肩こり、腰痛、首の骨の歪みにつながり、どんなに整体にいって治療しても、浮足を直さないことには、また同じ症状に悩まされることになって しまいます。

 

浮足で治療に来る患者さんは、同時に、肩こり、腰痛、パニック障害、めまいなどを併発している方が多いと、外反母趾研究家で有名な笠原先生がHPで発表しています。

 

常に足裏の異常から、その上部に起る様々な痛みや不調を追求していました。ですから、先入観なく自律神経失調症状についても観察することができ…(中略)ひざ・腰・首などの慢性痛や肩凝りで来院していた患者さんの中には既に病院で自律神経失調症やうつ・不定愁訴・更年期障害と病名をつけられた人たち、そのほとんどに足裏の異常が共通点となっていることが分かったのです。 http://www.ashiuratengoku.co.jp/003file/01/index.html#06 外反母趾のカサハラページより

浮足を予防する。自分でできる方法とは?

浮足を軽減させる自分でできる予防法を紹介します。

●テーピング

浮足を改善させるには、足の3つのアーチのうち、横アーチ を強化させるといいのです。

そのためには足の甲の一番太いところを、スポーツ用でよくつかわれる伸縮性のテープをちょっときつめに巻きます。

足の甲を横から押されると、自動的に足の指が開きます。

asisoko00

 

●足指をひらくグッズでケア

リラックスグッズ売り場で、全部の足の指の間に挟む足指パットやグッズがよく売られています。

お風呂上がりなどで柔らかくなっているときに足の指を1本1本よくマッサージ したり、足指パットで足の指を開く 訓練をします。

無理せず毎日少しずつ行ってください。

 

●靴に矯正中敷パットを入れる

母指球(指の付け根)に盛り上がっているパットが入った中敷きを靴に入れます。足の横アーチを強制的に作ります。

 

●足裏を鍛える

突起がたくさんついた足つぼを刺激する足つぼグッズ や、公園や温泉施設にある健康遊歩道 (石が埋め込まれている道)を裸足で歩くようにしましょう。

体に悪いところがあればある程、痛くて歩けないのです。

健康な人は痛がらず、すいすい歩いてしまいます。 近くの公園にあれば、無理せずに定期的に歩くようにしましょう。

異常を感じたら、必ず専門家の先生に相談してください。

 
関連記事:
子供の外反母趾が増えている!原因と予防の方法とは?

 

 


スポンサードリンク

関連記事

胃下垂の症状と治療法は?腹筋を鍛えれば治る?

胃下垂と聞いてイメージするのが、「胃下垂の人は食べても太らない」 「痩せの大食い」といったところでし

記事を読む

no image

秋が旬の食べ物 冬に備える体づくり

旬の食べ物は、その季節に必要な栄養素にあふれています。 必ずきちんと取って、冬の寒さに

記事を読む

no image

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

夏の風物詩といえば土用の丑の日に鰻(うなぎ)、ですよね。ではなぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるんで

記事を読む

口内炎の原因は?痛みをすぐとる方法とは?

知らない間に出来ている、口内炎。 一度できると、2週間は治らないし、 食事の時も

記事を読む

no image

亜麻仁油(アマ二油)の効果的な使い方とは?ダイエットやアトピーにも

ダイエットの天敵が油と言われているのは、体積に対してカロリーが高いからです。そして、食欲が増えて

記事を読む

メニエール病の症状は?予防方法はある?

めまいや耳鳴りから疑われやすい病気として代表的なメニエール病。 メニエール病とは、一体どのよう

記事を読む

no image

子供の外反母趾が増えている!原因と予防の方法とは?

ライフスタイルの変化により、現在の小学生の半分が足裏に異常 が出ています。 外反母趾や偏平足、浮足な

記事を読む

反り腰とは?改善方法は?ほおっておくと腰痛に!

反り腰をご存じでしょうか? 自分でも、姿勢を正しくしようとして、反り腰になっていませんか? 反り腰の

記事を読む

no image

味覚障害は亜鉛不足が原因?若者の舌が危ない!

最近の若者の特徴として、味覚障害が増えているという専門家の医師の報告がありました。 味

記事を読む

橋本病とは?原因と症状チェックで予防する

橋本病という病気をご存知ですか? 日本人の女性に多く、特に40~50代の女性の、10人に1人の高い割

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ファスティングを家で行うときは注意が必要

1月16日の放送の主治医が見つかる診療所で紹介された、ファスティング(

えびす講花火2016の日程は?穴場や駐車場は?防寒対策は?

長野県長野市で毎年秋に行われる、えびす講花火大会。 正式

秩父夜祭り2016の日程は?有料観覧席が取れなくても見所満載

勇壮な山車の曳き回しと、鮮やかな冬の花火の競演が見事な「秩父夜祭」。

日本スリーデーマーチ2016in東松山に参加してみよう 当日受付は初心者向き

11月に埼玉県で開催される「日本スリーデーマーチ」。 自然豊かな

大道芸ワールドカップ2016の日程は?最高のパフォーマンスが日本でも見られる?

毎年10月末から11月の初めに行われる「大道芸ワールドカップin静岡」

→もっと見る

PAGE TOP ↑