*

よさこい佐世保2016で迫力のある演舞を堪能しよう

公開日: : おでかけ

よさこい佐世保の開催が、近づいてきました。

今年も、例年どうり10月に開催されます。

日程、お祭り詳細、見どころなどを紹介します。

 

  スポンサードリンク  

 

2016年 第19回YOSAKOIさせぼ祭り

よさこい祭りといえば、もちろん高知県が本場です。

しかし「YOSAKOI」となると、今や全国各地に広がりをみせ、各地でYOSAKOIを冠したイベントが、行われています。

 

ここ佐世保で開催される「YOSAKOI 佐世保祭り」もその一つです。

 

今年で19回目の比較的新しいお祭りですが、すっかり地元に定着し、九州最大のよさこいイベントとして、毎年たくさんの参加者と観光客でにぎわいます。

 開催日程やアクセス

 

開催日程 2016年10月21日(金) ~ 10月23日(日)
開催時間 21日 前夜祭  11:45~21:00  22・23日 本祭り 9:30~20:00
会場 長崎県佐世保市 市内各会場
アクセス JR佐世保駅からバス5分、バス停:松浦町→徒歩3分 西九州道佐世保中央ICから国道35号経由で5分
お問合せ yosakoiさせぼ祭り実行委員会 公式HP http://yosa.jp/

 

どんなお祭り?

もともとは、別のお祭りの1イベントとして、商店街のアーケードで、演舞を披露したことが始まりです。

 

最初はたったの2チームから始まりましたが、みるみる人気になり、単独のお祭りとして開催できる規模に成長しました。

 

今年も長崎県内はもちろんの事、全国各地から約170チームが参加予定です。

 

九州各地でもよさこい祭りが行われますが、ここ佐世保は九州最大規模の、よさこい祭りです。

 

見どころは?

もちろん各チームが練習を積んで、披露する演舞が見どころです。

 

メイン会場は佐世保市街地ですが、他にもハウステンボスや、九十九島パールシーリゾートなど全13会場で披露されます。

 

YOSAKOIで各チームが披露する演舞は、それぞれ審査が行われています。

 

1次審査を通過したチームは、本審査に進出し、大賞をはじめとした各賞の審査が行われます。

 

残念ながら本審査に進めなかったチームにも、様々な賞が用意されているので、それぞれ気合が入るわけです。

ただただ踊るだけのお祭りでは、ないのですね。

 

観覧スポットは?

メイン会場の、名切お祭り広場はもちろん見逃せないのですが、パレード形式で行われるアーケード会場もおすすめです。

 

大音量とともに、次々と披露される演舞は見ごたえがあり、なにより佐世保のよさこい発祥の場所ですので、盛り上がりは必至です。

 

毎年多くの観客が集まり、踊り手側の気合も違います。

 

この2か所以外にも、全部で13か所の会場があります。

 

あのハウステンボスも会場のひとつですので、観光名所とともに楽しめてお得感たっぷりですね。

その他の会場や場所は、公式HPで確認する事ができます。

 

2013年大賞の一喜一遊ぶさんの演舞です。

 

佐世保観光の情報も

西海国立公園九十九島動植物園森きらら

この島動植物園は、九十九島を望むことが出来る高台にあり、とても景色の良い所です。

とくにお勧めなのが、今年オープンした「新ペンギン館」です。

一番の目玉である天井水槽では、まるでペンギンが空を飛んでいるかのような姿が楽しめます。

 

佐世保バーガー

やっぱり佐世保に来たなら、食べないで帰る事はできません。

ハンバーガーショップヒカリ」では、巨大な「ジャンボチキンエッグベーコンバーガー」など、人気のメニューが盛りだくさんです。

 

蜂の家

janbosyu

こちらも、地元では大人気のお店です。

こちらの人気は「ジャンボシュークリーム」、メイン会場からも近いのでぜひ立ち寄ってみて下さい。

 

なぜか九州は大きな食べ物が多いですね、土地柄なのでしょうか。

 

佐世保はもちろん、長崎県内には、たくさんの観光スポットがあります。

ドライブがてら日帰りで楽しむのもいいですが、できれば泊りがけでゆっくり訪れたいですね。

  スポンサードリンク  

関連記事

日本スリーデーマーチ2016in東松山に参加してみよう 当日受付は初心者向き

11月に埼玉県で開催される「日本スリーデーマーチ」。 自然豊かな東松山市を歩く、世界でも屈指の

記事を読む

べったら市の日程や詳細は?日本橋の江戸時代がよみがえるお祭り

毎年10月19・20日には、東京日本橋で「べったら市」が開かれます。 べったら漬けは東京の名産

記事を読む

関東の紅葉 おすすめスポット その1北関東編

紅葉の季節に気軽にいける、関東のおすすめスポットを 2回にわたり紹介します。 寒くなってきましたので

記事を読む

秩父夜祭り2016の日程は?有料観覧席が取れなくても見所満載

勇壮な山車の曳き回しと、鮮やかな冬の花火の競演が見事な「秩父夜祭」。 笑点でお馴染みの、林家た

記事を読む

土浦花火大会2016の日程は?穴場は?

茨城県の秋の風物詩、土浦花火大会が、 今年も開催されます。 正式名称が「土浦全国花火競技

記事を読む

no image

プラネタリウム 関東の人気スポットを紹介!その1

最近のプラネタリウムは、ただ星を映し、説明するだけではなく さまざまなオリジナル企画がみられます。

記事を読む

八代花火大会2016の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

まだ、大地震の爪あとが残る熊本県ですが、毎年恒例の八代花火大会は、開催されることが決まりました。

記事を読む

no image

高速道路 渋滞を避けるコツとは?

お正月、GW、お盆は、帰省の車で、高速道路が大渋滞になります。 なんとか、渋滞にあまり巻き込まれな

記事を読む

浅草酉の市2015年はいつ?商売繁盛や恋愛成就で話題のスポットも!

そろそろ年の瀬が近づく11月になると、関東各地の神社では「酉の市」(とりのいち)が開かれます。

記事を読む

兼六園ライトアップ情報 あのアニメの舞台となった周辺観光地のイベントも

本格的な秋を迎える、金沢市の兼六園では、今年も恒例となったライトアップが行われます。 また、こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑