*

堺まつり2018の日程は?堺市民の一大イベントで盛り上がろう

公開日: : おでかけ

大阪の堺市民の、一大イベント、堺まつりが10月に行われます。

日程、詳細、見どころなど、堺まつりの魅力をたっぷり、ご紹介いたしましょう。

 

  スポンサードリンク  

堺まつり2018詳細

古来より、商人の町として栄えてきた大阪堺市で、今年も、市民総参加を目指す「堺まつり」が開催されます。

堺市を代表するイベントとして、毎年全国から多くの観光客が詰めかけます。

 

開催日時やアクセス

名称 第45回堺まつり
開催日程 2018年10月20日(土)・21日(日)
開催時間 会場により異なる 公式HPに掲載
会場 大阪府堺市 大小路筋(シンボルロード)・ザビエル公園・大仙公園・南宗寺ほか
アクセス 南海堺東駅から徒歩5分
お問合せ 公益社団法人 堺観光コンベンション協会 公式HP http://www.sakai-tcb.or.jp/s-matsuri/

堺の誇りを知るまつり

堺まつりは「堺の誇りを知るまつり」として、昭和49年から始まりました。

「市民総参加」のお祭りとして、堺の中心市街が大いに盛り上がります。

 

今年は昨年同様に「1600年の[堺遺産]に出会うまつり」をテーマとして、長い歴史と文化を持つ堺を、様々な形で表現します。

 

前夜祭のふとん太鼓の動画です。幕を破って出てくるところなど圧巻です。

 

一番の見どころ、大パレード

10月20日(日)11:00~15:30

会場:大小路筋(シンボルロード)

 

堺まつりのメインイベントです。

1600年の長い歴史を持つ堺市を、時間軸に沿って表現します。

 

古墳時代から中世・近世・近代・現代への移り変わりに沿って、様々な衣装の人たちが次々登場し、演舞を披露します。

 

中世戦国時代では「なんばん船」や「鉄砲隊」も登場し、きらびやかな歴史絵巻を見るような楽しさです。

 

またこの地方独特の「ふとん太鼓」と呼ばれる、全10台の太鼓台(山車の一種)も曳行されます。

中には土台の車輪をはずして、担ぎ上げる台もあり、威勢のよい「ふとん太鼓かつぎ歌」も聞くことができます。

 

総勢7000人ともいわれるパレードは、堺にまつわるたくさんの団体や著名人も参加しています。

スポンサードリンク

 

日本国内はもとより、世界各国の民族衣装も楽しむことができ、その規模と美しさに、圧倒されること間違いなしです。

ぜひご覧になってください。

 

 

ほかのおすすめイベント

前夜祭

10月20日(土)16:30~18:30

会場:堺市産業振興センター

 

翌日のパレードにも参加する、団体のいくつかが登場して、お祭りムードを盛り上げていきます。

 

各地の民族舞踊の披露や、お笑い芸人によるステージも行われます。

 

また旧堺市民会館駐車場では「ふとん太鼓前夜祭」があり、こちらはパレード以上の熱気で盛り上がります。

 

利休のふるさと堺大茶会

10月20日(土)21日(日)9:00~15:30

会場:「南宗寺会場」「大仙公園会場」

 

茶の湯を体系づけた千利休も、堺と関わりの深い人物の一人です。

その利休にちなんで、毎年「大茶会」が開かれています。

 

本格的な千家による本席から、大学や幼稚園が主体の、気軽に楽しめる茶席まで、好みに合わせて体験する事ができます。

 

なお、どちらの会場も、前売りまたは当日販売のチケットが必要です。

sakaimaturi1

市民交流ゾーン

10月20日(土)・21日(日) 10:00~17:00

会場:堺市役所前

 

飲食や物販のブースが設置されていますので、ちょっと休憩したい時に立ち寄ると便利です。

 

ステージでは様々なイベントも行われ、こちらでもパレードとは違った盛り上がりを楽しむ事ができます。

 

地元グルメも紹介

堺に来たら、ぜひ試してみたいのが「かん袋」のくるみ餅です。

豊臣秀吉の時代から続く老舗は、くるみ餅一筋で営業しています。

かき氷のような「氷くるみ餅」もぜひ試してみて下さい。

 

もう一つ、忘れてはいけないのが「龍旗信」の塩ラーメンです。

さっぱりした塩味ながら、魚介や野菜のコクがたっぷりのスープは、やみつきになってしまいます。

多くのリピーターが、訪れるのも納得です。

 

とにかく、堺市民全員参加を掲げるだけあって、みどころが盛りだくさんのお祭りです。

パレードをはじめとしたイベントを見ていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

二日間のお祭りをたっぷりとお楽しみください。

  スポンサードリンク  

関連記事

no image

カブトムシを捕るコツを伝授!ゴロゴロ取れる方法は?

子供は虫が好きですよね。夏休みになったら子供と虫捕りに行ってみませんか?カブトムシを捕るコツをご紹介

記事を読む

榛名神社は関東のパワースポットで強運にめぐまれると人気の神社らしい

群馬県高崎市にある榛名神社は、パワースポットブームのころから、それ以前からも、とても人気のある神

記事を読む

松本そば祭り2015の日程は?松本の近くの観光情報も紹介

長野県には美味しいものがたくさんありますが、あえて「信州」と呼ぶのならもちろんお蕎麦が代表でしょう。

記事を読む

唐津くんち2016の日程と詳細は?明かりが美しい宵ヤマから迫力の町廻りまで

11月に入ると「長崎くんち」「博多おくんち」と並ぶ「日本三大くんち」のラスト、「唐津くんち」の季節を

記事を読む

日本スリーデーマーチ2016in東松山に参加してみよう 当日受付は初心者向き

11月に埼玉県で開催される「日本スリーデーマーチ」。 自然豊かな東松山市を歩く、世界でも屈指の

記事を読む

関東の紅葉 おすすめスポット その2南関東編

紅葉の季節に行く、関東のおすすめスポット紹介第2回目です。 前回は、北関東を中心に紹介しました。 今

記事を読む

べったら市の日程や詳細は?日本橋の江戸時代がよみがえるお祭り

毎年10月19・20日には、東京日本橋で「べったら市」が開かれます。 べったら漬けは東京の名産

記事を読む

隅田川花火大会2018の穴場は?第二会場の花火を見るべし!

2018年の隅田川花火大会の開催は7月28日(土曜日)19:00~20:30に決定しました。

記事を読む

岩手雪まつり2016の日程は?体験型雪まつりはファミリーで楽しめる

意外と長い歴史の、岩手雪まつり。 前身の「小岩井かまくら」から数えて、今回が49回目となり、現

記事を読む

no image

青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが お囃子やハネトといわれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑