*

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

公開日: : おでかけ

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。

天孫神社の例祭であるお祭りですが、地元住民のみならず美しい曳山(ひきやま)や厄除けの「ちまき」撒きに惹かれ、多くの観光客が訪れます。

床几(しょうぎ)と赤い毛氈(もうせん)が用意され、ゆったりと観覧できる有料観覧席も魅力です。

町人中心の祭りらしく一緒に賑やかに楽しむ方法をご紹介したいと思います。

 

 

  スポンサードリンク  

大津祭2018基本情報

開催日程 宵宮2018年10月6日(土)  本祭2018年10月7日(日)
開催時間 宵宮 夕暮れ頃~21:00  本祭 9:00~17:00
会場 滋賀県大津市 天孫神社 大津中央大通り周辺
アクセス JR大津駅下車 徒歩5分 京阪電車浜大津駅下車 徒歩5分 名神大津ICから車で約10分
お問合せ npo法人大津祭曳山連盟 公式HP http://www.otsu-matsuri.jp/home/

 

 

 

 

大津祭の動画です。

大津祭とは

もともとは天孫神社の例祭でしたが、江戸時代の初めごろ、塩屋の治兵衛さんが、狸の面を付けて踊ったら、人が大勢集まって、賑やかになったのが始まりとされています。

 

県の無形民俗文化財です。

祇園祭を継承し、その曳山にならって作られた、全13基の曳山が特徴です。

 

本家祇園祭のものより、一回り小ぶりですが、全ての曳山に「からくり」が仕込まれ、見事に飾られた様は、祇園祭の物に引けを取りません。

 

また厄除けを祈念して、曳山上から撒かれる「ちまき」を取り合う賑わいも、大津祭独特のものでしょう。

 

大津祭の特徴

美しい曳山

大津祭には各町が管理する、全13基の曳山が登場します。

大津の曳山は、普段は解体された状態で、それぞれの町の屋台蔵に保管されています。

 

本祭の1週間前に組み立てられ、同時にお囃子(はやし)の稽古も本番を迎えます。

祇園祭の曳山とは違い、各曳山には「からくり」が仕込まれており、曳山巡行で披露されます。

このからくりや、後方に張られる美しい装飾の「見返り幕」も特徴の一つです。

 

「ちまき」争奪戦

本祭で巡行する曳山の上からは、無病息災を祈念する厄除けとして、「ちまき」や手ぬぐいが撒かれます。

毎年繰り広げられる取り合いも、このお祭りの名物です。

 

包み紙は各曳山で違うため、いくつか集めるのも楽しいでしょう。

見るだけでは無いのが、このお祭りの良いところです。

遠慮していてはもったいないですね。

 

このちまきは、一般的なものとは違い、玄関などに飾って、1年間の厄除けにする物ですので、食べる事はできません。

スポンサードリンク

 

観覧ポイントは

曳山13基が勢ぞろい

本祭の朝9:00、天孫神社前に全13基の曳山が勢ぞろいします。

一堂に会した曳山は見事な眺めで、パンフレットの写真になる程です。

朝はまだ比較的人も少ないので、絶好の撮影ポイントですね。

 

所望場所

曳山に仕込まれた、からくりを披露する事を「所望(しょもう)」といいます。

町中の巡行経路に、20ヶ所ほどの所望場所が定められており、その全ての場所で、巡行順に13基の曳山それぞれが、からくりを披露します。

 

そのため1か所の所望場所にいれば、全ての曳山とからくりを観る事ができます。

 

所望場所には、紅白の和紙が飾られており、また大津駅などで配布する、無料パンフレットにも、巡行経路と共に記されています。

所望のあとには、ちまきを撒くことも多いので、良い場所が確保できれば、2度おいしいポイントです。

 

曳山をゆっくり観たいなら

もちろん有料観覧席が一番ですが、それ以外にもポイントはあります。

 

巡行経路のうち、路面電車が通行する国道161号線では、電車を避けるために、曳山が歩道すれすれを慎重に通ります。

もちろん全ての曳山が通りますので、近くでじっくり見たい方にはお勧めです。

 

ただし、この場所では、所望もちまき撒きも行われません。

ただお囃子とともに通り過ぎるだけです。

 

宵宮は幻想的なおもむき

宵宮は、本祭とは違った雰囲気です。

曳山はそれぞれの町に飾られるだけで、動くことはありませんが、提灯で飾られ暗闇に浮かび上がる様子は、本祭とは違う幻想的な美しさです。

ootusai

 

その他まめ知識とご注意

前述の国道161号線沿い以外に、ちまき撒きが行われないのが有料観覧席前です。

 

ここは所望場所が3か所連なり、常に何基かのからくりが披露されている、観覧ポイントですが、ちまきを奪取したい人は完全にムダ足です。

 

ちまき撒きは、移動中と所望中は行われません。

ですから所望中に「放って~」と声を掛けると白い目で見られますのでご注意ください。

見事なからくりの技を、堪能するのがマナーです。

 

曳山の上からちまきが撒かれると、周りの人々が殺到します。

お子様連れの方や、お年寄りは十分にご注意ください。

 

また曳山や曳山の車輪の前に出ると、危険ですので、こちらにも注意が必要です。

 

大津町人の、心意気が息付く活気あるお祭りです。周りに気遣いながらも一緒に楽しめると良いですね。

  スポンサードリンク  

関連記事

兼六園ライトアップ情報 あのアニメの舞台となった周辺観光地のイベントも

本格的な秋を迎える、金沢市の兼六園では、今年も恒例となったライトアップが行われます。 また、こ

記事を読む

no image

プラネタリウム 関東の人気スポットを紹介!その1

最近のプラネタリウムは、ただ星を映し、説明するだけではなく さまざまなオリジナル企画がみられます。

記事を読む

ぶどう狩りのおすすめ山梨の農園を紹介!美味しく食べるコツも

フルーツ狩りの定番の一つ、ぶどう狩り。 ぶどうと言えば秋の味覚のイメージがありますが、品種によ

記事を読む

よさこい佐世保2018で迫力のある演舞を堪能しよう

よさこい佐世保の開催が、近づいてきました。 今年も、例年どうり10月に開催されます。 日

記事を読む

於菊稲荷神社(おきいくいなりじんじゃ)に行ってみた

於菊稲荷神社は、群馬県高崎市にあります。 管理人の家からわりと近いところなので、行ってみること

記事を読む

松本そば祭り2015の日程は?松本の近くの観光情報も紹介

長野県には美味しいものがたくさんありますが、あえて「信州」と呼ぶのならもちろんお蕎麦が代表でしょう。

記事を読む

河口湖の紅葉の時期は?紅葉まつり2015情報と御利益スポット紹介

本格的な秋を迎えると、日本一の富士山周辺では、さまざまな場所で見事な紅葉が見られるようになります。

記事を読む

no image

プラネタリウム 関東の人気スポットを紹介!その2

関東の人気プラネタリウム、第2段です。 今回は、大人向け、個性派プラネタリウムの紹介です。 &nb

記事を読む

唐津くんち2016の日程と詳細は?明かりが美しい宵ヤマから迫力の町廻りまで

11月に入ると「長崎くんち」「博多おくんち」と並ぶ「日本三大くんち」のラスト、「唐津くんち」の季節を

記事を読む

修善寺紅葉まつりの日程と見頃の時期は?ライトアップ情報も

伊豆随一の温泉街として有名な修善寺は、秋には見事な紅葉が見られる事でも、観光客の人気となっています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑