*

夏から秋へ衣替え 時期はいつ頃?夏物の手入れ方法は?

公開日: : 最終更新日:2016/06/09 家事

夏から秋冬物への衣替えの時期って、いつ頃がいいのでしょうか?

衣替えの時期と、夏物の手入れ方法を紹介します。

 

  スポンサードリンク  

衣替えの準備は

 

そろそろ涼しくなり、少し長袖を出したりして、衣替えの時期が、近付きましたね。

お世話になった夏ものを、きちんと手入れして片付け(いらない物は、処分し)、来年の事を考え、防虫剤を準備して。

 

まだまだ暑い日もある、夏の終わり。でも、急に気温が下がる事もありますよね。

秋・冬ものは、少し、気温の急な変化に対処できるよう身近におき、あとは、目的別や季節の進み具合に合わせ、分けておくようにしまょう。

 

秋の衣替えの時期は?

少し、季節の変化が感じられる、9月が、おすすめです。

それも、カラッと晴れた日、1度でなく、2、3度に分けるようにすると、無駄もなく、かえってスッキリします。

分ける目安は、秋口に必要なもの(カーデガンなど)、セーターなど、冬用小物やコートなど、だんだん厚手のものになっていくようにです。

 

よく使うもの、イザという時のためのもの、用途別に分け、自分でどこにあるか、スッキリ分かるよう、しておきます。

また、この時期にすると、アパレルの店頭にも、秋冬ものが並び始めるため、何が必要で、何はあるもので我慢できるとか、計画を持って買い物もできます。

ちょっとはやめかな、と思っていても、実際はちょうどいいのです。

防虫剤と一緒に眠っていた秋冬ものも、一つ一つ点検しながら、出していってやると、よいでしょう。

 

夏ものをしまう時の注意点は?

夏は、汗をかきますね。いろんな物に、汗の影響が、残っているもの。

来年使う時のことを考え、少していねい目に(めんどうでも)手入れすると、今度使う時、ニッコリ!

ほっておくと、取りだした時に黄ばんでいたりするので、手入れは肝心です。

 

具体的は手入れ方法は?

シャツ

白い物

Tシャツなど しまう前、きちんと洗濯しておくと、黄ばみの心配がないですね(できれば漂白&二度洗い)。

1年たつと、意外と黄ばんでいたりします。

 

パンツやスカート

品質表示をよく見て、きちんと守った方がよいですね。家で洗えるものは、家で。

ドライの表示があるものは、クリーニング店へ。

ちゃんとした外出着は、クリーニングが望ましいですね。

 

アクセサリ

水に浸せるものは、ぬるま湯の中で、ふり洗いしたり、柔らかい布で、ぬぐったり、汗の影響が出ないようしましょう。

 

下着

フリル付きの、キャミソールなど、(エマール、アクロンなどで)やさしく手洗いしましょう。

 

水着

プールの塩素や、海水の塩分が残りがちです。

もう1度洗い、しっかり落としましょう。

洗った際の水けのとりすぎ(長時間脱水)は、型くずれの原因になりますので、注意しましょう。

 

帽子

中性洗剤などでサッとぬぐい、乾かしてから、クラウン部分に詰め物をし、型くずれを防いでから、防虫剤と一緒に、ビニール袋などに入れます。

 

 

おしゃれ着

ラメやスパンコール模様のものは、クリーニング店へ出しましょう。

ゆかたなど 表示をしっかり見、家洗いできるものは、ネットに入れて洗いましょう。

スポンサードリンク

 

収納する時のコツ

 

クローゼットへ

2,3割は、空きスペースを。通気が悪いと、カビなどの原因になります。

収納ケースへ

ピッタリふたの閉まる物を用意してください。隙間があると、防虫剤の効果が薄れます。

防虫剤の注意点

違った防虫剤を、一緒に使わないようにして。

 

 

めんどくさがりだった時は、「まあいかな」とうっかりして、白い綿ものを、黄ばみさせてしまいました。

帆布生地の手提げなども、しみを作ってしまいました。あと、銀製のアクセサリーも、むずかしいですね。

 

近頃は、部屋の中の温度と、外の温度の差が、はっきりしますね。ものちょっとした油断が、風邪ひきの元にも…。

少し用心しておいたくらいのほうが、ちょうどかもしれません。

秋物の準備も、早めにしておけば、急に寒い朝晩に重宝しますよ。

a0002_008572

寝具の用意も

夜も、気温の変化に対応して、寝具の用意も必要ですね。

私の場合は、布団は、以前に書いたこちらの記事の、暖か布団に決まりです。

シンサレートとは?羽毛布団より温かい布団を使ってみました!

 

寝まきは長袖を用意して、気温の変化が激しい時は、カーデガンやガウンなどで、寝るまでの間の調節をしましょう。

初めのうちは、薄手の長袖で十分ですが、だんだん寒くなってきたら、厚手のパジャマも用意してくださいね。

 

寒い冬に出回る、もこもこ素材は、温かいようでいて、防寒用はそこそこなのです。

ちょっと暑くなって汗をかいても、もこもこ素材は汗を吸わないので、冷えにつながってしまいます。

めんどうでも、薄手の天然素材の重ね着がオススメです。

 

去年の冬は、冷え取りの専門店でネットで買った、絹100%とウール100%の2枚がさねのズボン下(スパッツ)を、毎日履いていました。

寝まきは、コットン100%のネルのパジャマです。

つまり、下は、3枚がさねということです。

これが、とっても暖かかったーー!もう手放せません。

 

噂によるとガーゼ素材(綿100%)の5枚がさね生地のパジャマが、非常に温かいと、聞きました。

次のシーズンは絶対に、ガーゼパジャマをゲットする予定です。ちょっとお高めらしいですが。

 

衣替えをしないですむ方法

それは、「断捨離」「人生がときめく片づけの魔法」でおなじみ、必要なものだけを持つ、ということです。

こんまり先生の「人生がときめく片づけの魔法」については、こちらの記事を参考に。

衣替えの時期は?楽な収納方法とは?

 

これの上をいっているのが、ゆるりまいさんの生活「わたしのウチには、なんにもない。」(エンターブレイン 発行)という本に書いてある方法です。

ゆるりまいさんは、捨てたい病を発症し、何でも捨てていって、私たちが考える必要最低限の品の1/10の物だけで、暮らしているのです。

それでも、むかしは捨てられない性格で、汚部屋に住んでいたらしいです。

 

いまいちスッキリ片付かない、と悩んでいるなら、ゆるりまいさんの本にある、ホントに何にもない自宅の写真を日々眺めてみてはいかがですか?

まねはできない、とわかっていますが、それでも片付けたくなること請け合いですよ。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

no image

衣替えの時期は?楽な収納方法とは?

季節の衣替え、めんどうですよね。 いつ衣替えをしたらいいんでしょうか? 衣替えを楽にする、収納方法が

記事を読む

no image

服や靴下の嫌な臭いは洗濯前にひと手間で解決!

布についた臭いを取るスプレーが売れています。 ですが、それを使っても、どうもさっぱりし

記事を読む

漆器のお手入れはとっても簡単!もっと普段使いにしよう

特別な時に使う、漆器の食器は、装飾が施されていて、 手入れが大変そう。 お正月のおせちで使った、漆

記事を読む

no image

台風が来る前に準備しておきたいこと

毎年台風が日本を通過していと、大変な被害が出て、ニュースでも取り上げられています。 地域によって状況

記事を読む

電子レンジの掃除のコツ!頑固な汚れも落とすワザ!!

電子レンジの中、こまめに掃除していますか? 汁物のこぼれた跡や、爆発してしまって、壁にこびりつ

記事を読む

no image

コーデュロイ ジャケット パンツ 手入れのコツ

秋のファッションで活躍するのが、コーデュロイ。 店先には、パンツやジャケットが並びます。 お気に入

記事を読む

掛けられるティッシュケースが便利で気に入りました

ティッシュボックスの置き場にモヤッとした経験ってありませんか。けっこう場所をとってしまううえ、インテ

記事を読む

タオルはホテルスタイルにすれば毎日リッチな気分

日本を代表する三大タオル産地は、今治、泉州、三重ですが、日本のタオルといえば、真っ先に今治タオルが頭

記事を読む

no image

風呂のカビ掃除を楽にする方法とは

お風呂場は湿気もあり、カビが生えやすいですよね。カビを落とすのに強力洗剤がありますが、それを使うとき

記事を読む

水だけで汚れが落ちる万能洗剤水ピカが凄かった

普段ご家庭のお掃除で、油汚れ、血液、泥汚れ、水垢など場所や汚れの種類に合わせ何種類もの洗剤をご購入さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

30品目の栄養がとれる雑穀米で健康的な献立を

今の食事にプラスするだけで、一日30品目の栄養をとることができる「三十

消臭除菌スプレーは子供にも安心なものにこだわる必要がある?!

インフルエンザや感染症が心配な時期、家庭での除菌や衛生管理が気になりま

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるな

タングルティーザーというヘアブラシが最強すぎる!

絡まりやすい髪、ツヤのない髪、細い髪、そんな扱いにくい髪に毎日悩まされ

しょうがを手軽にとって代謝アップ!美容やダイエットにも

お料理の隠し味や体を温めたい時、身近な食材として活躍する生姜。 体を

→もっと見る

PAGE TOP ↑