*

秩父夜祭り2016の日程は?有料観覧席が取れなくても見所満載

公開日: : おでかけ

勇壮な山車の曳き回しと、鮮やかな冬の花火の競演が見事な「秩父夜祭」。

笑点でお馴染みの、林家たい平師匠も毎年おすすめするお祭りが今年も近づいてきました。

 

「夜祭」と名が示す通り、その本番は夜になってからです。

 

何といってもクライマックスは6基の山車の「団子坂の引き上げ」ですが、残念ながら有料観覧席以外で観ることはほぼ不可能です。

しかしそれ以外にも、日中から見どころはたくさんありますので、そちらをご紹介することにしましょう。

 

  スポンサードリンク  

秩父夜祭2016

開催日 2016年12月2日(金) 宵宮  12月3日(土) 大祭
開催時間 2016年12月2日 12:00~20:00 (花火打上19:00~20:00) 12月3日 09:00~翌未明(花火打上19:30~22:00)
会場 埼玉県秩父市 秩父神社など市街中心部
アクセス 鉄道 秩父鉄道「秩父駅」 徒歩3分     西武秩父線「西武秩父駅」 徒歩15分 お車 関越自動車道「花園IC」から30km
問合せ  秩父市公式サイト「秩父観光ナビ」 http://navi.city.chichibu.lg.jp/p_festival/1030/

 

公式動画です。見どころをわかりやすく解説しています。

 

豪華絢爛な笠鉾(かさほこ)と屋台

間近でゆっくり鑑賞

夜祭本祭が行われる12月3日、できれば朝から秩父神社に向かいましょう。

各町内の収蔵庫から笠鉾・屋台が宮参りに向う様子が見られます。

 

それぞれの山車は神社でお祓いを受けると、それぞれ上町方面に向かいます。

秩父神社で待っていれば朝9時ころからお昼にかけて、それぞれ豪華に飾り立てた全ての笠鉾2基と屋台4基を、間近にゆっくり鑑賞出来るのでおすすめです。

 

すれ違いは慎重に

宮参りを終えた山車は、上町方面に向かいます。

その際、これから神社に向かう山車とのすれ違いも見ものです。

 

互いに接触しないように狭い道を慎重に進みますが、それぞれの屋台囃子(やたいはやし)は相手に負けまいと大いに盛り上がります。

こちらもお昼頃まで、本町から上町までの中町通り付近で見られる光景です。

 

長唄の演奏と「曳き踊り」

12月3日の午前中には各屋台が巡行の途中、それぞれに決まった場所で曳行(えいこう)を止め、舞台上では長唄の演奏と曳き踊りが披露されます。

日頃から練習を重ねた、女の子たちの踊りは見事なものです。

主に午前中、秩父神社前をはじめ、屋台町である宮地・上町・中町・本町の各所で見る事ができます。

 

屋台歌舞伎は必見

12月3日お昼ごろから15時ごろまで、屋台歌舞伎が上演されます。

秩父夜祭の屋台4基は、その左右に張出舞台を取り付けられるよう出来ているのが大きな特徴です。

 

持ち回りの当番制で、毎年1基が舞台となり屋台歌舞伎が上演されます。

上演場所もそれぞれの屋台で決まりがあり、。毎年変わります

立派な舞台に様変わりした屋台と歌舞伎は、是非押さえたい見どころの一つです。

スポンサードリンク

 

独特な方向転換の様子

全部で6基ある山車ですが、そのうちの5基は非常に珍しい方法で方向転換をします。

てこの原理を利用して後輪を持ち上げ、「ギリ棒」と呼ばれる道具を山車の中心に差し入れます。

持ち上げた後輪をゆっくり下すと、山車本体は、ギリ棒に乗り上げて亀の子状態になり、全車輪がわずかに浮き上がります。

そこで一気に、回転させ方向転換するのです。

 

キリ棒を差し込むところから、一連の方向転換の様子です。

 

 

この「ギリ廻し」と呼ばれる方向転換中は、お囃子の大太鼓の演奏を止め、小太鼓による「玉入れ」という曲を演奏、リズムに乗った方向転換は圧巻です。

本町交差点付近などで見ることが出来るでしょう。

 

この他にも「秩父駅前通り」や「聖人通り」でも笠鉾・屋台の曳行は観られますし、クライマックスの花火も十分堪能できます。

御旅所前の、有料観覧席が確保できずとも、楽しみ方は色々です。

もちろん数ある出店を楽しむのもお祭りの醍醐味ですね。

 

アクセスや交通手段

さて、当日の交通手段ですが、やはり鉄道が一番良いでしょう。

周囲は大規模な交通規制が行われますし、駐車場も来場者数に比べればとても足りません

臨時列車も多数運行されますので、鉄道での来場をお勧めします。

 

駅周辺には臨時の案内所もありますので、こちらで情報収集するのも良いでしょう。

また大変な賑わいになりますので、お子様連れの方は十分注意が必要です。

 

お互い譲り合いながら、安全第一にお祭りを楽しみましょう。

 

なお、山車曳行のクライマックス「団子坂の引き上げ」が間近で見る事の出来る、有料観覧席整理券の申し込みは、例年10月中旬から(社)秩父観光協会が受付を行います。

もし確保できれば迫力ある笠鉾・屋台の引き上げとお囃子、さらに冬の花火の競演が満喫できることでしょう。

 

秩父のカフェ事情

最近秩父がフューチャーされているのは、アニメ「 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の影響ですね。

2011年にテレビアニメとして放送され、劇場版も公開され、とても人気が出ました。

秩父の観光案内書では、アニメキャラのポスターなどで、観光客を歓迎しています。

 

2015年には、実写版ドラマも放送され、さらに秩父人気が高まっています。

 

アニメの舞台になった場所、いわゆる「聖地」へのアクセスマップなどもあり、

アニメファンが、たくさん訪れるようになりました。

 

その少し前、たぶん、秩父が女子向けに取り組んだ町おこし(だと思っている)が、カフェの充実です。

秩父は都心からだと、西武鉄道で、池袋から特急使用で80分で着くため、ちょっとした日帰りプチ旅行に最適です。

 

そんなオシャレな、都会派女子が、田舎の風景とかわいいカフェを楽しみに、秩父に来ていると思われます。

実際、埼玉県のカフェ本に、秩父のカフェが結構掲載されていて、近隣に住む田舎者(管理人含む)も、秩父のオサレなカフェに何回か通っていますよ。

 

泰山堂Cafeとか、OMO茶や。とかが有名かな。ほかにもたくさんあります。

人口比率に対し、オサレカフェが多い気がするのです、秩父は。

秩父のオサレカフェ特集は、また別の機会に、記事にしてみようと思います。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

no image

京都の紅葉を見に行く!紅葉の時期と名所はココ♪

京都は一年中人気の観光地ですが、特に紅葉の時期が最高です。 綺麗な日本庭園が紅葉で染まり、ライトア

記事を読む

高山八幡祭2015秋の日程と新たな飛騨高山の魅力を発見するツアー

10月初旬、秋が色づき始める飛騨高山では秋の高山祭が行われます。 京都・祇園祭、埼玉・秩父夜祭

記事を読む

ぶどう狩りのおすすめ山梨の農園を紹介!美味しく食べるコツも

フルーツ狩りの定番の一つ、ぶどう狩り。 ぶどうと言えば秋の味覚のイメージがありますが、品種によ

記事を読む

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天孫神社の例祭であるお祭りですが

記事を読む

長崎くんち2018の日程は?有料席でなくてもここまで楽しめる!

今年も「日本三大くんち」の一つ、長崎くんちの開催が近づいてきました。 各踊町の勇壮な演し物(だ

記事を読む

佐賀バルーンフェスタ2018の日程と見どころ紹介 大空に広がる夢のイベント

今年もアジア最大の熱気球競技イベント「佐賀バルーンフェスタ」が10月末に開幕します。 毎年多く

記事を読む

河津桜の見頃は?河津桜まつり2014の日程は?抜け道情報も

一足先に咲く、桜と言えば、河津桜ですね。 毎年、河津桜まつりがおこなわれ、 たく

記事を読む

no image

高速道路 渋滞を避けるコツとは?

お正月、GW、お盆は、帰省の車で、高速道路が大渋滞になります。 なんとか、渋滞にあまり巻き込まれな

記事を読む

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎えます。  

記事を読む

堺まつり2018の日程は?堺市民の一大イベントで盛り上がろう

大阪の堺市民の、一大イベント、堺まつりが10月に行われます。 日程、詳細、見どころなど、堺まつ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑