*

長崎くんち2018の日程は?有料席でなくてもここまで楽しめる!

公開日: : おでかけ

今年も「日本三大くんち」の一つ、長崎くんちの開催が近づいてきました。

各踊町の勇壮な演し物(だしもの)を、毎年楽しみにしている方も多いでしょう。

 

何といっても有料観覧席で楽しむのが王道ですが、なかなかチケット入手は困難です。

そこで残念ながら有料席が手に入らなかったあなたのために、長崎くんちの他の楽しみ方をご紹介します。

 

  スポンサードリンク  

 

長崎くんちとは

 

国指定重要無形民俗文化財である「長崎くんち」は、1634年に二人の遊女が長崎の氏神である諏訪神社の神前に、「小舞」を奉納したことが始まりです。

 

江戸期から豪華絢爛な祭りとして知られ、現在も諏訪神社の秋季大祭として行われます。

 

「くんち」とは重陽の節句である9月9日「くにち」が変化したとする説が有力で、「博多おくんち」「唐津くんち」と並び「日本三大くんち」と称されます。

 

演し物を奉納する踊町は59か町あり、7組に分かれて毎年1組ずつ持ち回りで奉納します。

7年に一度の出番に備えて稽古を重ね、各町それぞれが趣向を凝らし奉納する演し物は圧巻です。

 

開催日程、アクセス方法

 

日程 2018年10月7日から9日
時間 7:00から20:30頃
※日によって変動
踊場本場所 諏訪神社・長崎市公会堂前広場・御旅所・八坂神社
※日によって変動
アクセス 長崎自動車道(長崎IC)→長崎出島道路→長崎市内
jr長崎駅
 問合せ 長崎伝統芸能振興会公式HPhttp://nagasaki-kunchi.com/

 

自家用車で来場される場合、市内各所の有料駐車場が便利です。

共通駐車券サービスが利用できる駐車場なら、加盟店での買い物やお食事で30分無料券が貰えますのでお得に利用できます。

 

屋外でのお祭りですので、天候などの状況で順延や中止になる事もあります。

演し物の時間変更もありますので、当日は公式HPで確認する事をお奨めします。

nagasakioku

演し物を楽しみたい

 

見るだけではもったいない

 

地元の方や常連さんからは多くの掛け声がかかります。

一つ二つでも掛け声を覚えて、踊町の人たちや観客の方々との一体感を味わいましょう。

 

  • 「モッテコーイ」 いわゆるアンコールのように使います。
  • 「ショモーヤレ」 モッテコーイと同じ意味ですが、主に本踊の時に掛けます。
  • 「フトーマワレ」 傘鉾がまわる時に「大きく回って!」の意味で使います。
  • 「ヨイヤー」 傘鉾や船がきれいに回った時の賛辞です。

 

慣れるまでは、地元の方を観察してみるのも面白いですよ。

 

本場所は有料チケットが必要

 

各町の演し物をじっくり堪能できるのは、なんといっても本場所と呼ばれる市内4か所の会場です。

しかしそのほとんどが有料席の上、良い席は発売と同時に売り切れるほどのプラチナチケットです。

 

一部無料席もありますがこちらは事前申込みの上、抽選で当選しなければならず、なかなかの難関です。

チケットが入手できた方は存分に楽しんでください。

「庭先回り」に先回り

 

本場所のチケットが手に入らなくても、演し物を見る事はできます。

連日朝の奉納踊終了後、市内各所で踊を呈上します。

 

これは官公庁や事業所、民家の前などで踊を呈上することで福を分け、お祝いする意味合いがあります。

開催時期が近付くと庭先回りの予定ルートが公式HPにアップされ、長崎駅などの案内所でも概略地図を入手できますので、これらを参考に捜し歩くのも楽しいでしょう。

スポンサードリンク

また不定期ではあるものの、中央公園で本場所の演し物の簡略版が呈上される年がありますので見逃せません。

もちろん無料で観る事ができます。

 

迫力の御神輿行列も見逃せない

 

お下り(おくだり)

 

10月7日13:00、諏訪神社の本宮を3基の御神輿が出発し、約1時間をかけてお旅所の仮宮に下ります。

諏訪神社下の馬町では、神社の階段を駆け下りる勇壮な御神輿が見られます。

 

次いで市役所から県庁にかけて、各町の傘鉾と共に進む「傘鉾パレード」を見ることができます。

最後の県庁付近からお旅所へ勢いよく駆け入る光景は圧巻です。

 

2013年お下りのようすです!迫力満点!

 

お上り(おのぼり)

 

10月9日13:00いよいよくんちの締め括りです。お旅所の仮宮から本宮へと御神輿が戻ります。

県庁付近の坂や、諏訪神社の石段を勢いよく駆け上がる姿は、勇壮な祭りにふさわしいフィナーレです。

一方で、途中のアーケード街や銀屋町では、御神輿を間近にゆっくりと見ることが出来ますので、良く見てみたい方にはお奨めです。

 

毎年1組ずつ踊町の出番が回りますので、全ての踊町を観るには7年かかります

毎年違った演し物が楽しめますので、何度でも観たくなるお祭りです。

 

長崎でぜひ買いたいお土産は

 

長崎土産と言えば、カステラが有名ですよね。

でも、もう定番すぎて、なにか目新しいものはないの?というあなたに、現在売れ筋、長崎土産を紹介します。

 

人気ナンバーワン「角煮まんじゅう」

 

長崎といえば、中華街でも有名です。

そこで、中華料理の角煮を、ふかふかまんじゅうの生地ではさんだ、角煮まんじゅうが、お土産ナンバーワンなのです。

 

街中でも買えますが、その場で食べるのならOKです。

空港で売っているものは、冷凍品です。電子レンジで温めて召し上がれ。

 

ばらまき物は「クルス」や「おたくさ」

 

会社などでの、くばり物のお土産は、個包装のお菓子がいいですね。

最近の人気は「クルス」というお菓子です。

 

サクサクとした、重曹を使ったせんべいを使った、ホワイトチョコサンドです。

 

「おたくさ」はパイ生地クッキー。昔から長崎にある、定番のお菓子です。

 

かまぼこやちゃんぽん、皿うどんなど

 

海のある長崎は、かまぼこの製品も、人気のお土産です。

有名な、ちゃんぽんや皿うどんも、麺と具をパックにして、お土産として購入することが出来ます。

 

天草ちゃんぽんと安住アナウンサー

 

TBSの安住アナウンサーといえば、ちゃんぽん好きで有名です。

他には、自称「醤油ソムリエ」というのもありますが、ちゃんぽんを食べるために、日帰りで天草に、幻のちゃんぽんを食べに行った話を、ラジオでしていました。

 

その店「明月」は、食べられる可能性50%と言われるだけあって、食べられたらラッキーなんですね。

その店に行くにも、レンタカーを借りて、かなり走ったとのこと。それでも、安住アナは食べられなかったそうです。

 

それからしばらく後、その話を聞いた、アシスタントの中澤さんが、長崎に観光に行った際、「明月」に行って、あっさりちゃんぽんを食べられたとか。

その話も、ラジオできいていましたが、安住アナが悔しそうでした。

 

中澤さんは、安住アナのロケ地での話を聞いては、しばらくして、同じ場所に旅行に行って楽しんでいるのです。

そして、確実に、最初に話した安住アナよりラッキーのようで、申し訳なさそうに、旅の話をするというのが、定番でしょうか。

やっぱり引きの強い人(運の強いひと)っているんですねー。

 

私は関東在住なので、リアルタイムで聞いていますが、ラジオはポットキャスト配信しています。

番組名は「TBSラジオ 安住紳一郎の日曜天国」です。みなさまもぜひ聞いてみて。

ちゃんぽんの回もありますよ。

 

  スポンサードリンク  

関連記事

no image

車の運転上達のコツ ペーパードライバーから早く脱出する

ぺーパードライバーで、いざ運転をしないといけなくなった時、ちょっと怖いですよね。 とりあえず慣

記事を読む

べったら市の日程や詳細は?日本橋の江戸時代がよみがえるお祭り

毎年10月19・20日には、東京日本橋で「べったら市」が開かれます。 べったら漬けは東京の名産

記事を読む

no image

高速道路 渋滞を避けるコツとは?

お正月、GW、お盆は、帰省の車で、高速道路が大渋滞になります。 なんとか、渋滞にあまり巻き込まれな

記事を読む

山形の芋煮会フェスティバル2014の日程と山形土産紹介!

山形のソウルフード芋煮。山形では、日本一の芋煮会フェスティバルが、今年も開催されます。 ところ

記事を読む

高山八幡祭2015秋の日程と新たな飛騨高山の魅力を発見するツアー

10月初旬、秋が色づき始める飛騨高山では秋の高山祭が行われます。 京都・祇園祭、埼玉・秩父夜祭

記事を読む

玉村花火大会2014の日程は?絶対に気をつけてほしい注意点は?

群馬県の玉村町の花火が、関東でもじわじわ人気を集めています。 たまむらの花火大会の魅力と、これを知

記事を読む

鳴子峡の紅葉の時期は?温泉と絶景で癒しの旅へ

東北で人気がある、紅葉スポットといえば、鳴子峡が有名です。 鳴子峡の紅葉の時期、見どころなどを

記事を読む

浅草酉の市2015年はいつ?商売繁盛や恋愛成就で話題のスポットも!

そろそろ年の瀬が近づく11月になると、関東各地の神社では「酉の市」(とりのいち)が開かれます。

記事を読む

唐津くんち2016の日程と詳細は?明かりが美しい宵ヤマから迫力の町廻りまで

11月に入ると「長崎くんち」「博多おくんち」と並ぶ「日本三大くんち」のラスト、「唐津くんち」の季節を

記事を読む

益子の陶器市は年2回!若手作家の個性的な作品がたくさん

陶器の産地として、海外にもその名が知られている益子町では、毎年春と秋の二回、町を挙げての一大イベント

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑