*

レゴランドは前売りチケットがお得!大人向けイベントもあるよ!

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 おでかけ

レゴ

2012年6月に、東京お台場にオープンしたのが、レゴランド・ディスカバリー・センター東京です。

2017年には、日本で2か所目の名古屋にも、オープンするとの発表がありました。

 

大人にも人気のレゴワールド。

人気の秘密、レゴランドの見所などを探ってみましょう。

 

  スポンサードリンク  

 

レゴランドとは?

レゴランドとは、レゴブロックのレゴ社が作った、レゴブロックのテーマパークです。

第1号は、レゴ社本社のある、デンマークに作られました。

 

レゴブロックとは、デンマークで木工や家具を作っていたレゴ社が1949年に発売した、プラスチック製のブロックのことです。

日本でも1962年に輸入され、販売が始まりました。誰でもが、子供のころに遊んだ、とても有名な玩具です。

 

レゴランドにはレゴブロックで作られた作品が並び、その展示品の豊富さ、精巧さで、訪れた子供たち、大人たちを、大興奮させるテーマパークなのです。

レゴランド お台場の詳細は?

住所 東京都港区台場1-6-1
デックス東京ビーチ
アイランドモール 3階
アクセス ゆりかもめ
「お台場海浜公園」駅下車 徒歩2分
りんかい線
「東京テレポート」駅下車 徒歩5分
入場料 2名以上ひとり¥2,200
(2歳以下無料)
営業時間 AM10:00~PM9:00
公式サイト http://www.legolanddiscoverycenter.jp/tokyo/

前売りチケットなら、1700円となり、500円もお得に!

平日限定なら、親子2人分で2800円になるチケットもあります!

前売券は、公式サイト他(ローソン、ミニストップなど)から、購入可能です。

 

レゴランドの展示作品がスゴイ

レゴランドの最大最強の展示作品が、東京の街並みをレゴブロックで再現した、巨大ジオラマです。

 

とてつもない数のレゴブロックを使ったジオラマは、東京タワー、スカイツリー、お台場、渋谷のスクランブル交差点など、細部にまで注目すると、非常に興奮してしまいます。

スポンサードリンク

 

照明の変化で、夜の東京の街並みも再現されるのです。

 

スカイツリー制作の様子です。天井に穴をあけて作ってるw

 

体感コーナーは子供のために

子供たちが実際に遊べるコーナーも、たくさんあります。実際、子供たちは、ジオラマよりこちらの方が、好きかもしれません。

・4Dシネマ(水しぶきが飛ぶよ)

・ジャングルジムのような「レゴファイヤーアカデミー」

・巨大ブロックで遊べる「デュプロビレッジ」

・シューティングゲーム「キングダム・クエスト」

・レゴでおままごと「レゴフレンズ」

など、盛りだくさん。

カフェやレゴグッズのショップもあり、一日楽しく過ごせます。

 

レゴランド公式サイトより アトラクション動画です。楽しそう!

 

混雑を避けるには

週末はどうしても、混んでしまいます。

平日に行くのがおすすめなのですが、どうしても週末しか行けないのなら、午前中より午後のほうが、比較的空いています

 

かなり小さいお子さんだと、難しいですが、夕方16時以降の入場なら、さらに割引のチケット(前売り)もあり、混雑を避けるなら、そちらもオススメです。

 

大人も楽しみたいのに……

アトラクションは、子供、特に小学校低学年(ギリギリ4年まで?)までなら、たまらなく楽しいテーマパークですが、ちょっと大きいお子さんは、体感コーナーでも、つまらないと思うかもしれません。

 

それでも、レゴ好きな大人は、かなりたくさんいるのですが、残念ながら、大人だけだと、入場できません

必ず子供が一緒でないと入場できない、テーマパークなのです。

 

そんな、レゴ好きな大人たちのために、定期的に開催されるのが「大人のレゴ教室」「大人のレゴナイト」です。

大人のレゴ教室は、レゴ好き大人のための、レゴブロックの工作教室です。

レゴナイトは、毎月5日「レゴの日」に19:00~開催しています。

 

この日は、堂々と、大人だけで入場できるのがうれしいですね。

 

名古屋に日本2か所目のレゴランドが!

完成予定は2017年秋ですが、日本で2か所目のレゴランドが、名古屋に出来ることが決まりました。

 

レゴ人気は全世界的で、どこの国でも、その国ならではの展示品があって、楽しむことが出来ます。

名古屋での展示品は、東京のジオラマのように、レゴ製の名古屋城などが、展示されるのでしょうか?

 

こちらも、大人気のテーマパークになりそうですね。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

岩手雪まつり2016の日程は?体験型雪まつりはファミリーで楽しめる

意外と長い歴史の、岩手雪まつり。 前身の「小岩井かまくら」から数えて、今回が49回目となり、現

記事を読む

伊勢神宮の内宮と外宮のアクセスは?お参りの注意点も紹介

2013年には、式年遷宮で話題になった伊勢神宮。 その翌年である2014年は、より一層のご利益

記事を読む

no image

青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが お囃子やハネトといわれ

記事を読む

新居浜太鼓祭り2015の日程は?迫力の太鼓台の差し上げを見に行こう

愛媛県で行われる、新居浜太鼓祭りの季節がやってきました。 今年の日程や、見どころなど、地元の人

記事を読む

西条祭り2015の日程と提灯の明かりが美しい観賞ポイント紹介も

10月に入ると愛媛県の西条市では、お祭りムードが漂い始め、中旬になれば市内のあちらこちらで、秋祭りが

記事を読む

長崎くんち2018の日程は?有料席でなくてもここまで楽しめる!

今年も「日本三大くんち」の一つ、長崎くんちの開催が近づいてきました。 各踊町の勇壮な演し物(だ

記事を読む

隅田川花火大会2018の穴場は?第二会場の花火を見るべし!

2018年の隅田川花火大会の開催は7月28日(土曜日)19:00~20:30に決定しました。

記事を読む

鴻巣花火大会2014の日程は?見どころは?

埼玉県鴻巣市で行われる、こうのす花火大会が、 今年も開催されます。 2014年の日程は?見ど

記事を読む

よさこい佐世保2018で迫力のある演舞を堪能しよう

よさこい佐世保の開催が、近づいてきました。 今年も、例年どうり10月に開催されます。 日

記事を読む

岸和田だんじり祭り2018の日程と見どころを紹介!

岸和田といったら、だんじり祭りです。 毎年多くの観光客が、祭りの迫力に魅了されます。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑