*

夏の快適入浴法!コレで暑い夏を乗り切ろう

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 健康

熱い夏は、湯船につかるのが億劫で、ついシャワーですませてしまいがちです。ですが、暑い夏を乗り切るには、きちんと湯船につかったほうがいいのです。

暑い夏に効果的な入浴法を紹介します。

 

  スポンサードリンク  
湯船にゆっくりつかろう

暑い夏に湯船につかるなんて、考えただけでも汗が噴き出てきそうですが、湯船にゆっくりつかる意味 があるのです。

湯船につかる入浴法の3つのメリット

①水圧で筋肉に刺激、血流を改善する

②体の芯の温度を調節する

③副交感神経が活発になりリラックスする

があげられます。

湯船

冷房のの室内、冷たいものの飲みすぎ食べ過ぎで体調不良なら

お湯の温度を38度~40度のぬるめの設定 にします。こうすれば長い時間湯船に入っていることができます。

冬と違ってお湯が急激に下がらないので、10分以上たってもぬるすぎることはありません。

体温より少し高い温度になるように気をつけて、ゆっくりとリラックスして入りましょう。

できれば20分以上 入っていてください。

血行が良くなり、冷房の当たり過ぎによるだるさも、むくみも解消できます。

心臓が弱かったり呼吸が苦しくなりやすいなら半身浴 がおすすめです。

湯船に入りながら、ふくらはぎをマッサージしましょう。ふくらはぎは第二の心臓と言われています。ここをマッサージして、血行をよくして、疲労物質を外に出しましょう。

必ず、入浴前、入浴中、入浴後に水分補給を忘れないように!

スポンサードリンク

 

体の芯が熱くて、汗が止まらないなら

具合が悪くて熱がある場合でないのに、体が熱を持ってしまって、暑くてたまらない時は、先ほどと同じ要領で、お湯の温度を体温と同じくらいに設定します。35度~37度

同じようにゆっくりと長く入浴します。

ゆっくり入ることで、体温を徐々に下げ、体の芯の熱を冷ますことができます

体の熱を冷ましても、湯船に入るメリットはありますし、お風呂から出ても、芯が冷めているので暑さも和らぎます。

冷たいシャワーを浴びただけでは、芯が冷めないので、すぐまた熱くなってしまうのです。

こちらも、水分補給は必ず気をつけましょう。

039266

夏にオススメ入浴剤

夏にはクールタイプの入浴剤 がよく出ています。それを利用するの良いですね。

ミント系のさっぱりした香料が使われています。

★手作りミョウバン水

ミョウバン水を湯船に入れて入浴するのはいかがですか?

風呂上がりがさっぱりとします。制汗作用や殺菌効果があります

スーパーの漬物コーナーにある「焼ミョウバン」50g(100円くらいで販売)を1.5リットルの水に溶かします。

ミョウバン水を50㏄くらい湯船に入れます。入れ過ぎると湯船の金属部分が傷むことがあるので、注意しましょう。

日中は、ミョウバン水をさらに10倍に薄めたものを、100円ショップなどにあるスプレー容器にいれて、肌に吹きかけてもさっぱりします。

★ミント系のアロマオイルを数滴入れる

ペパーミントなどのミント系のアロマオイルを湯船に数滴入れてください。数滴で効果があるので入れ過ぎないように

必ず精油100%のものを使ってください。殺菌作用や制汗作用があります。

ほかには、ヒノキオイルなどもオススメです。
 

  スポンサードリンク  

関連記事

片頭痛の原因は?予防法は?避けたほうが良いものは?

  日頃、片頭痛に悩まされる人には、共通点があります。 病院で診てもらうだけでなく、自分

記事を読む

no image

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

夏の風物詩といえば土用の丑の日に鰻(うなぎ)、ですよね。ではなぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるんで

記事を読む

足がつる原因と予防法は?こむら返りになったら?

  睡眠中、運動中に、突然足がつることが、ありますね。 特に、睡眠中に、ふくらはぎがつっ

記事を読む

腰痛の決め手は背筋!でも鍛えすぎにご用心!

腰痛予防には、腹筋が良いといわれていますよね。 ですが、腹筋を鍛えすぎたり、間違ったトレーニングをす

記事を読む

帯状疱疹って感染するの?発症する理由やかかったら注意することは?

帯状疱疹(たいじょうほうしん)にかかった、という人が、周りに何人かいます。 かなり痛みを伴うと

記事を読む

口内炎をアッという間に治し痛みをすぐとる方法はコレ!

口内炎の痛みを和らげる方法として、以前こちらの記事を紹介しました。 おかげさまで、いろんなところで取

記事を読む

胃下垂の症状と治療法は?腹筋を鍛えれば治る?

胃下垂と聞いてイメージするのが、「胃下垂の人は食べても太らない」 「痩せの大食い」といったところでし

記事を読む

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるなか、生酵素を手軽にとれるサプリ

記事を読む

メニエール病の症状は?予防方法はある?

めまいや耳鳴りから疑われやすい病気として代表的なメニエール病。 メニエール病とは、一体どのよう

記事を読む

献血の条件は?血液検査で何がわかるの?

若者の献血離れが、にわかに心配の種になっています。 献血をすると何が良いのでしょうか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

30品目の栄養がとれる雑穀米で健康的な献立を

今の食事にプラスするだけで、一日30品目の栄養をとることができる「三十

消臭除菌スプレーは子供にも安心なものにこだわる必要がある?!

インフルエンザや感染症が心配な時期、家庭での除菌や衛生管理が気になりま

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるな

タングルティーザーというヘアブラシが最強すぎる!

絡まりやすい髪、ツヤのない髪、細い髪、そんな扱いにくい髪に毎日悩まされ

しょうがを手軽にとって代謝アップ!美容やダイエットにも

お料理の隠し味や体を温めたい時、身近な食材として活躍する生姜。 体を

→もっと見る

PAGE TOP ↑