*

夏の快適入浴法!コレで暑い夏を乗り切ろう

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 健康

熱い夏は、湯船につかるのが億劫で、ついシャワーですませてしまいがちです。ですが、暑い夏を乗り切るには、きちんと湯船につかったほうがいいのです。

暑い夏に効果的な入浴法を紹介します。

 

湯船にゆっくりつかろう

暑い夏に湯船につかるなんて、考えただけでも汗が噴き出てきそうですが、湯船にゆっくりつかる意味 があるのです。

湯船につかる入浴法の3つのメリット

①水圧で筋肉に刺激、血流を改善する

②体の芯の温度を調節する

③副交感神経が活発になりリラックスする

があげられます。

湯船

冷房のの室内、冷たいものの飲みすぎ食べ過ぎで体調不良なら

お湯の温度を38度~40度のぬるめの設定 にします。こうすれば長い時間湯船に入っていることができます。

冬と違ってお湯が急激に下がらないので、10分以上たってもぬるすぎることはありません。

体温より少し高い温度になるように気をつけて、ゆっくりとリラックスして入りましょう。

できれば20分以上 入っていてください。

血行が良くなり、冷房の当たり過ぎによるだるさも、むくみも解消できます。

心臓が弱かったり呼吸が苦しくなりやすいなら半身浴 がおすすめです。

湯船に入りながら、ふくらはぎをマッサージしましょう。ふくらはぎは第二の心臓と言われています。ここをマッサージして、血行をよくして、疲労物質を外に出しましょう。

必ず、入浴前、入浴中、入浴後に水分補給を忘れないように!

 

体の芯が熱くて、汗が止まらないなら

具合が悪くて熱がある場合でないのに、体が熱を持ってしまって、暑くてたまらない時は、先ほどと同じ要領で、お湯の温度を体温と同じくらいに設定します。35度~37度

同じようにゆっくりと長く入浴します。

ゆっくり入ることで、体温を徐々に下げ、体の芯の熱を冷ますことができます

体の熱を冷ましても、湯船に入るメリットはありますし、お風呂から出ても、芯が冷めているので暑さも和らぎます。

冷たいシャワーを浴びただけでは、芯が冷めないので、すぐまた熱くなってしまうのです。

こちらも、水分補給は必ず気をつけましょう。

039266

夏にオススメ入浴剤

夏にはクールタイプの入浴剤 がよく出ています。それを利用するの良いですね。

ミント系のさっぱりした香料が使われています。

★手作りミョウバン水

ミョウバン水を湯船に入れて入浴するのはいかがですか?

風呂上がりがさっぱりとします。制汗作用や殺菌効果があります

スーパーの漬物コーナーにある「焼ミョウバン」50g(100円くらいで販売)を1.5リットルの水に溶かします。

ミョウバン水を50㏄くらい湯船に入れます。入れ過ぎると湯船の金属部分が傷むことがあるので、注意しましょう。

日中は、ミョウバン水をさらに10倍に薄めたものを、100円ショップなどにあるスプレー容器にいれて、肌に吹きかけてもさっぱりします。

★ミント系のアロマオイルを数滴入れる

ペパーミントなどのミント系のアロマオイルを湯船に数滴入れてください。数滴で効果があるので入れ過ぎないように

必ず精油100%のものを使ってください。殺菌作用や制汗作用があります。

ほかには、ヒノキオイルなどもオススメです。
 

関連記事

ミドリムシの驚くべき効果とは?ミドリムシが人類を救う?

最近、テレビなどで、紹介されているミドリムシ。 栄養価が高く、栄養のバランスも良く、吸収率も

記事を読む

ココアの効能は?アンチエイジングや体臭にも?

数年前に、ココアが健康に良いということで、 品切れになる現象が、おきました。 果たして、ココアが健

記事を読む

帯状疱疹って感染するの?発症する理由やかかったら注意することは?

帯状疱疹(たいじょうほうしん)にかかった、という人が、周りに何人かいます。 かなり痛みを伴うと

記事を読む

no image

肩こりの簡単解消法!たった10秒で思わず笑っちゃうほど楽になる

肩こりが原因で、頭痛になったり吐き気をもよおしたり。ツライ肩こりに悩まされて、毎日が憂鬱になってしま

記事を読む

足が熱い原因は?隠れ冷え性の疑い?

夏、足の裏がほてって、困ったことはありませんか? 夏だから、暑いのが当たり前なのに、なぜか足の裏が異

記事を読む

no image

骨粗鬆症は予防が大切!運動や栄養が決め手

閉経後の女性に多い、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という骨の病気があります。 年をとると、

記事を読む

温活とは?ダイエットにもなるあったか習慣のすすめ

  最近目にする言葉、「温活」をご存知ですか? 温活とは、体を温める活動の事。 冷え性は万病のもと

記事を読む

no image

亜麻仁油(アマ二油)の効果的な使い方とは?ダイエットやアトピーにも

ダイエットの天敵が油と言われているのは、体積に対してカロリーが高いからです。そして、食欲が増えて

記事を読む

メニエール病の症状は?予防方法はある?

めまいや耳鳴りから疑われやすい病気として代表的なメニエール病。 メニエール病とは、一体どのよう

記事を読む

顎関節症(がくかんせつしょう)の症状は?自宅での治し方は?

顎関節症(がくかんせつしょう)に悩む人が、増えてきました。 顎関節症とは?症状や治し方は? 何科に行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑