*

カブトムシを捕るコツを伝授!ゴロゴロ取れる方法は?

公開日: : 最終更新日:2016/06/07 おでかけ

子供は虫が好きですよね。夏休みになったら子供と虫捕りに行ってみませんか?カブトムシを捕るコツをご紹介します。

 

  スポンサードリンク  
下準備として罠を仕掛けるか、集まりそうな木を探しておく

山や森に取りに行く場合、クヌギやコナラなどの樹液の出る木に集まってきます。クヌギは見つけやすい木なので、昼間のうちにクヌギの木を探しておくといいでしょう。

 

中でも、木の皮をカミキリムシ等に食われて、樹液がしみ出ている場所 をチェックしておくといいです。

 

見つからない場合や、公園などだったら、罠(トラップ)を仕掛けておきましょう。罠なら松や杉の木以外なら、クヌギの木じゃなくても大丈夫です。

kunugi_haクヌギの葉

罠の作り方

熟して腐りかけ (もう腐っている)バナナや桃 を、網や、不要になったストッキングなどに入れます。ちょっとグチョっと、潰しておき、焼酎や日本酒などかけると、さらに効果的

 

それを木の幹に添わせるかんじで、木にセットします。樹液の出る木に見せかけるように、幹にくっつけて罠をセット します。

できれば罠は数か所に設置するといいです。

 

白っぽい強い光の外灯の下にも集まってきやすいので、そのような場所があったら、そこに腐ったメロン、バナナなどを置いて罠の代わりにする方法も使えます。

この方法で、クワガタムシなども寄ってきます。

 

カブトムシを取るには明け方出かけよう

カブトムシは昼間も捕まえられますが、断然暗いうちのほうが活発に活動 しています。明け方4時~5時ころまでには、木のそばまで行けるようにしましょう。

 

外灯の下にセットした場合はもちろん、明かりがともっている時間帯に行かないといませんので、やっぱり暗いうちに行きましょう。

 

森などに行く場合は、ヘビの危険もあるので必ず長靴をはきましょう。懐中電灯も必ず持っていきましょう。イノシシとかに遭遇したりしたら危険なので、必ず数人で出かけましょう

 

カブトムシがたくさんいたとしても、根こそぎ取っていくのはやめましょう。子供がいると、全部取りたいとせがむかもしれませんが、それは自然界と人間界のマナーを教えるいい機会ですので、大人の腕の見せ所です。

 

罠に使った網に絡まって死んでしまう虫が出ないように、虫を捕って帰る前には、取り付けた罠を必ず外していきましょう。

 

カブトムシの飼い方の注意点

a0005_0

ケースはなるべく大きいほうがいいです。

ケースの中に腐葉土や広葉樹のクチ木をくずしたものを、ケースの1/3くらい入れます。オスメスペアで飼って、卵を産ませる場合は2/3くらいは入れましょう。

そうでない場合はそれほど入れなくても(5㎝くらい)いいです。

 

専用の土は、専門店で「昆虫マット」「育成マット」という名称で売っています。

そのマットを霧吹きなどで湿らせます。強く握って水がしめだしてこない程度。乾燥させないように気をつけましょう

 

枯れた木の枝や葉などを置きます。目的は、カブトムシの遊び場であったり、餌が土について汚れないようにだったりしますので、うまく配置してください。

 

餌は水分の多いメロンやスイカは、カビが生えやすいので避けましょう 。腐りかけのバナナなどがいいですが、一番いいのはペットショップで売っている、虫用ゼリーです。

虫の栄養バランスを考えて作られているので、できれば虫ゼリーを餌にしましょう。

 

捕ってきた成虫を飼育するだけなら、それほど難しくありません。ですが卵を産ませて孵化させるためには、飼育法が難しいので必ず専門家に相談しましょう。

 

夏休みの楽しい思い出と、自由研究のために、くれぐれも夜の虫捕りは気をつけてください。

 

  スポンサードリンク  

関連記事

榛名神社は関東のパワースポットで強運にめぐまれると人気の神社らしい

群馬県高崎市にある榛名神社は、パワースポットブームのころから、それ以前からも、とても人気のある神

記事を読む

玉村花火大会2014の日程は?絶対に気をつけてほしい注意点は?

群馬県の玉村町の花火が、関東でもじわじわ人気を集めています。 たまむらの花火大会の魅力と、これを知

記事を読む

no image

京都の紅葉を見に行く!紅葉の時期と名所はココ♪

京都は一年中人気の観光地ですが、特に紅葉の時期が最高です。 綺麗な日本庭園が紅葉で染まり、ライトア

記事を読む

名古屋祭り2016  歴史ある名古屋の名物秋祭り

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で62回目を迎えます。  

記事を読む

no image

神田古本まつり2015の日程は?同時開催イベントやグルメ情報も!

毎年、読書の秋になると開催される、神田古本まつり。 2015の日程と詳細を紹介します。

記事を読む

べったら市の日程や詳細は?日本橋の江戸時代がよみがえるお祭り

毎年10月19・20日には、東京日本橋で「べったら市」が開かれます。 べったら漬けは東京の名産

記事を読む

関東の紅葉 おすすめスポット その1北関東編

紅葉の季節に気軽にいける、関東のおすすめスポットを 2回にわたり紹介します。 寒くなってきましたので

記事を読む

備前焼祭り2016の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにしたい物も出そろう、人気のお祭り

記事を読む

支笏湖氷濤まつり2016の日程は?近隣の温泉情報も紹介

支笏湖の氷濤(ひょうとう)まつりは、道内をはじめとして全国各地から観光客が訪れる冬のイベントです。

記事を読む

no image

車の運転上達のコツ ペーパードライバーから早く脱出する

ぺーパードライバーで、いざ運転をしないといけなくなった時、ちょっと怖いですよね。 とりあえず慣

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑