*

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

公開日: : 最終更新日:2016/06/07 健康

夏の風物詩といえば土用の丑の日に鰻(うなぎ)、ですよね。ではなぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるんでしょうか?

 

  スポンサードリンク  
土用というのは年に4回ある

土用とは暦で四立(立春、立夏、立秋、立冬)の直前にある約18日間の事を言います。

中国古来から伝わった陰陽五行説という暦の決まりごとの中で、木・火・金・水・土の要素をすべての物事が五行のどれかを意味しているという解釈があり、季節で言うと、春が「木」、夏が「火」、秋が「金」、冬が「水」の気を割り当てた際、土気の行き場所がなくなったため、季節の変わり目である四立の前に「土」を持ってきた ことが、土用のルーツです。

だから、それぞれの季節に、土用があるのです。

土用は季節の変わり目なので体調を崩しやすい、という昔からの云われがあります。

丑の日にうなぎって?

丑年があるように、日にも十二支が回っています。土用の丑の日というのが、土用の期間に来た「丑の日」という意味で、これも年に数回あります。土用が約18日で、日も12日で一回りするので、1つの土用の期間に丑の日が2回くることがたまにあります。夏の土用の丑の日が2回あった場合、たいてい最初の丑の日に、うなぎを食べる風習 があります。

2013年の夏の土用丑の日は、7月22日と8月3日の2回です。

丑の日にウナギを食べ始めた説はいくつかありますが、一番有名なのが、幕末の万能学者、平賀源内のところに鰻屋がやってきて、夏場にウナギが売れないので何とかしたい相談したところ「本日、土用丑の日」と書いた張り紙を張り出したら店が大繁盛した。という言い伝えがあります。

丑の日に「う」のつくものを食べると夏バテしないという風習 があったため、この風習が定着したことは、幕末のうなぎプロモーションがヒットしたとも言えるでしょう。

スポンサードリンク

 

うなぎはビタミンA・B、タンパク質が豊富

夏は暑さのため食欲不振になりがちです。栄養もとれなくなり、そのせいで夏バテになってしまいます。夏にうなぎを食べることは、栄養面からも、消化が良いため胃腸に負担がかからないという面からも理にかなっており、とくに疲れに効くビタミンB を取れることが夏にうなぎを食べることが有効だと言えます。

ほかにビタミンBを含む食材は豚肉、卵、魚、大豆などです。

うなぎとともに取りたい夏野菜は、ゴーヤや、かぼちゃ、ピーマン など。一緒に食べて夏バテを予防してください。

020435

本当のうなぎの旬は秋~冬

うなぎ好きには当たり前の話ですが、脂ののったうなぎは、秋から冬が旬です。夏のうなぎはそれに比べたら、味が少し落ちてしまいます。

ですが、うなぎの蒲焼を炭火で焼いたときの焦げたタレの匂いは、食欲をそそります。夏の食欲のないときでも、うなぎ屋のあの匂いにつられて、つい食べたくなってしまいますよね。

うなぎ屋さんは、土用の丑の日がかきいれ時で、急に思い立ってうなぎ屋さんにいっても売り切れだったりしますよね。そんな時は腕のいい職人さんが焼いた蒲焼を、ネットで買っておいて 、その晩はゆっくりおうちでうな重を食べるというのも、良いもんです。

その日はうなぎ屋さんも大変込み合うし、待たされたりするので、おいしいうなぎを前もって買っておくというのも賢い方法ですよね。

こちら↓国産のおいしいうなぎの蒲焼、オススメです!

  スポンサードリンク  

関連記事

メニエール病の症状は?予防方法はある?

めまいや耳鳴りから疑われやすい病気として代表的なメニエール病。 メニエール病とは、一体どのよう

記事を読む

no image

い草を食べると痩せる?

畳に使われるい草、昔は薬草として使われていました。 現在はあまり食用には使われないのですが、 い草

記事を読む

no image

秋が旬の食べ物 冬に備える体づくり

旬の食べ物は、その季節に必要な栄養素にあふれています。 必ずきちんと取って、冬の寒さに

記事を読む

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるなか、生酵素を手軽にとれるサプリ

記事を読む

献血の条件は?血液検査で何がわかるの?

若者の献血離れが、にわかに心配の種になっています。 献血をすると何が良いのでしょうか?

記事を読む

no image

脳の成長は年をとっても続く?

人間の体の機能は、20~25歳くらがピークで、それ以降は下降するという考えが一般的です。

記事を読む

コレステロールを下げるには?食事は何を食べればいいの?運動は?

健康診断でコレステロール値が高い、と出てしまったなら、改善が必要です。 放っておくと、血管が詰

記事を読む

足がつる原因と予防法は?こむら返りになったら?

  睡眠中、運動中に、突然足がつることが、ありますね。 特に、睡眠中に、ふくらはぎがつっ

記事を読む

温活とは?ダイエットにもなるあったか習慣のすすめ

  最近目にする言葉、「温活」をご存知ですか? 温活とは、体を温める活動の事。 冷え性は万病のもと

記事を読む

no image

肩こりの簡単解消法!たった10秒で思わず笑っちゃうほど楽になる

肩こりが原因で、頭痛になったり吐き気をもよおしたり。ツライ肩こりに悩まされて、毎日が憂鬱になってしま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

30品目の栄養がとれる雑穀米で健康的な献立を

今の食事にプラスするだけで、一日30品目の栄養をとることができる「三十

消臭除菌スプレーは子供にも安心なものにこだわる必要がある?!

インフルエンザや感染症が心配な時期、家庭での除菌や衛生管理が気になりま

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるな

タングルティーザーというヘアブラシが最強すぎる!

絡まりやすい髪、ツヤのない髪、細い髪、そんな扱いにくい髪に毎日悩まされ

しょうがを手軽にとって代謝アップ!美容やダイエットにも

お料理の隠し味や体を温めたい時、身近な食材として活躍する生姜。 体を

→もっと見る

PAGE TOP ↑