*

冷えとり靴下がブーム!エコで健康的に暖かく!

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 健康

 

kannsou

寒くなってくると、冷え症にはつらくなる季節。

最近、冷えとり靴下というのが、話題です。

 

芸能人の間でも、流行っているといわれる、冷えとり靴下とは?

どんな効果があるのでしょうか?

  スポンサードリンク  

 

冷えとり靴下とは?

 

冷えとり靴下とは、冷え症対策として、

靴下を重ね履きする、方法のことです。

 

あったかいもこもこ靴下を、はくのではなく、

絹と、木綿の靴下を、4枚以上重ね履きする方法です。

 

冷えとり靴下用のセットも、販売されています。

無印良品にも、冷えとり靴下が、おいてありますよ。

 

体を温める効果

体が冷えると、免疫力が低下し、

さまざまな病気や、体調不良のもとになっていきます。

 

以前書いた記事でも、紹介しましたが、

平熱が1℃低いと、免疫力が30%低下します。

 

特に女性は、筋肉量も少なく、冷え症になりがちで、

冷え症になると、婦人科系の病気にも、かかりやすくなるため、

冷え症対策は、必要なのです。

 

平熱は、36℃以上がいいのですが、

最近では、35℃台の人も増えていて、

子供でも、低体温が増えています。

 

冷えとり靴下の効果は?

冷えとり靴下をはき始めて、

  • 風邪をひきにくくなった
  • 胃腸が丈夫になった
  • 生理痛がなくなった
  • 肌がきれいになった
  • 気持ちが安定してきた

などの口コミが、多く聞かれます。

 

足を温め、頭を冷やす頭寒足熱の状態が、

健康にいいのです。

 

足を温めて、体全体を温めて、平熱を上げることで、

さまざまな体の不調にも、きいてくるのです。

 

本格的な冷えとりは、冬だけでなく、

夏にも行うことが、大切です。

 

意外と夏も、冷房などで、体が冷やされているので、

基本の冷え取り法で、取り入れられるところは、

夏にも行うことが、大切です。

 

冷え取りのやり方は?

冷えとり靴下は、靴下の重ね履きする、ことなのですが、

ほかの、冷え取りの方法と一緒に行うのが、

基本のやり方です。

 

半身浴をする

ぬるめ(37~38℃)のお湯に、20~30分くらいつかります。

みぞおちから下に、お湯がつかるように。

体の芯から温まり、じんわり汗が出てきます。

 

靴下の重ね履き

半身浴から出たら、すぐに、靴下の重ね履きをします。

  1. 絹の5本指の靴下
  2. 綿またはウールの5本指の靴下
  3. 絹の普通の靴下
  4. 綿またはウールの普通の靴下

の順で、はいていきます。

 

下半身を温める

寝る時は、湯たんぽなどを使用し、

オフィスでは、ひざ掛けを使ったり、

今人気の、暖パンや、暖スカをはいて、

下半身を温めることを、行いましょう。

 

食べ過ぎない

体を冷やす食べ物を、食べないとか、

よく噛んで、腹八分を目標に、

暴飲暴食に、気をつけましょう。

 

砂糖たっぷりの、甘いものは、

体を冷やしてしまいます。

 

夏野菜も、冬に出回っていますが、

なるべく、生サラダとして食べないように、など、

工夫してください。

 

おしゃれ靴下も売っている

最近では、ブームにもなっているせいか、

おしゃれな、冷えとり靴下も、見かけるようになりました。

 

重ね履きのため、中にはくものは、生成りのものが多いのですが、

一番外にはくもので、カラフルなコットン靴下が、

売られています。

 

これなら、服に色を合わせることも、できますね。

kutusita

人気のショップは?

冷えとり靴下ファンの間で、人気のお店が、

くらしきぬ
http://www.kurashikisilk.jp/

うさぎの会
http://www.kurasukoto.com/store/products/usagi/

株式会社山忠(webshop温むすび)
http://www.onmusubi.jp/hie_ota.html

などです。

 

口コミによると、うさぎの会さんのものは、

大変人気ですが、ゴムがキツ目らしいです。

温むすびさんのものは、値段がお手頃とか。

 

最近では、無印良品にも、おいてあるので、

いろんなものを試してみると、

いいかもしれませんね。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

足がつる原因と予防法は?こむら返りになったら?

  睡眠中、運動中に、突然足がつることが、ありますね。 特に、睡眠中に、ふくらはぎがつっ

記事を読む

no image

貧血の予防・改善対策 原因と必要な栄養素は?

肩こり、冷え性、倦怠感、肌荒れなど、体のささいな不調も、貧血のサインだったりするのです。 貧血は万

記事を読む

胃下垂の症状と治療法は?腹筋を鍛えれば治る?

胃下垂と聞いてイメージするのが、「胃下垂の人は食べても太らない」 「痩せの大食い」といったところでし

記事を読む

no image

味覚障害は亜鉛不足が原因?若者の舌が危ない!

最近の若者の特徴として、味覚障害が増えているという専門家の医師の報告がありました。 味

記事を読む

プリン体とは?多く含まれている食品は?体への影響は?

プリンというと、お菓子のプリンを思い浮かべますが、プリン体とは何でしょうか。 プリン体オフの缶

記事を読む

炭酸水の効果とは?健康に美容にダイエットに効く

最近は炭酸水が人気です。 昔からあるメーカーのものから、スーパーのプライベートブランドまで、 甘い清

記事を読む

隠れ難聴は大人の中耳炎?それは急性・滲出性・好酸球性?

  中耳炎とは、中耳が炎症を起こすことを言います。 主な特徴と言えば、耳痛、難聴、耳だれな

記事を読む

メニエール病の症状は?予防方法はある?

めまいや耳鳴りから疑われやすい病気として代表的なメニエール病。 メニエール病とは、一体どのよう

記事を読む

no image

マヌカハニーの効果効能とは?美味しく食べて健康に!

  はちみつの中でも、マヌカハニーという種類のはちみつは、奇跡のはちみつ と言われて

記事を読む

no image

骨粗鬆症は予防が大切!運動や栄養が決め手

閉経後の女性に多い、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という骨の病気があります。 年をとると、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑