*

冷えとり靴下がブーム!エコで健康的に暖かく!

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 健康

 

kannsou

寒くなってくると、冷え症にはつらくなる季節。

最近、冷えとり靴下というのが、話題です。

 

芸能人の間でも、流行っているといわれる、冷えとり靴下とは?

どんな効果があるのでしょうか?

  スポンサードリンク  

 

冷えとり靴下とは?

 

冷えとり靴下とは、冷え症対策として、

靴下を重ね履きする、方法のことです。

 

あったかいもこもこ靴下を、はくのではなく、

絹と、木綿の靴下を、4枚以上重ね履きする方法です。

 

冷えとり靴下用のセットも、販売されています。

無印良品にも、冷えとり靴下が、おいてありますよ。

 

体を温める効果

体が冷えると、免疫力が低下し、

さまざまな病気や、体調不良のもとになっていきます。

 

以前書いた記事でも、紹介しましたが、

平熱が1℃低いと、免疫力が30%低下します。

 

特に女性は、筋肉量も少なく、冷え症になりがちで、

冷え症になると、婦人科系の病気にも、かかりやすくなるため、

冷え症対策は、必要なのです。

 

平熱は、36℃以上がいいのですが、

最近では、35℃台の人も増えていて、

子供でも、低体温が増えています。

 

冷えとり靴下の効果は?

冷えとり靴下をはき始めて、

  • 風邪をひきにくくなった
  • 胃腸が丈夫になった
  • 生理痛がなくなった
  • 肌がきれいになった
  • 気持ちが安定してきた

などの口コミが、多く聞かれます。

 

足を温め、頭を冷やす頭寒足熱の状態が、

健康にいいのです。

 

足を温めて、体全体を温めて、平熱を上げることで、

さまざまな体の不調にも、きいてくるのです。

 

本格的な冷えとりは、冬だけでなく、

夏にも行うことが、大切です。

 

意外と夏も、冷房などで、体が冷やされているので、

基本の冷え取り法で、取り入れられるところは、

夏にも行うことが、大切です。

スポンサードリンク

 

冷え取りのやり方は?

冷えとり靴下は、靴下の重ね履きする、ことなのですが、

ほかの、冷え取りの方法と一緒に行うのが、

基本のやり方です。

 

半身浴をする

ぬるめ(37~38℃)のお湯に、20~30分くらいつかります。

みぞおちから下に、お湯がつかるように。

体の芯から温まり、じんわり汗が出てきます。

 

靴下の重ね履き

半身浴から出たら、すぐに、靴下の重ね履きをします。

  1. 絹の5本指の靴下
  2. 綿またはウールの5本指の靴下
  3. 絹の普通の靴下
  4. 綿またはウールの普通の靴下

の順で、はいていきます。

 

下半身を温める

寝る時は、湯たんぽなどを使用し、

オフィスでは、ひざ掛けを使ったり、

今人気の、暖パンや、暖スカをはいて、

下半身を温めることを、行いましょう。

 

食べ過ぎない

体を冷やす食べ物を、食べないとか、

よく噛んで、腹八分を目標に、

暴飲暴食に、気をつけましょう。

 

砂糖たっぷりの、甘いものは、

体を冷やしてしまいます。

 

夏野菜も、冬に出回っていますが、

なるべく、生サラダとして食べないように、など、

工夫してください。

 

おしゃれ靴下も売っている

最近では、ブームにもなっているせいか、

おしゃれな、冷えとり靴下も、見かけるようになりました。

 

重ね履きのため、中にはくものは、生成りのものが多いのですが、

一番外にはくもので、カラフルなコットン靴下が、

売られています。

 

これなら、服に色を合わせることも、できますね。

kutusita

人気のショップは?

冷えとり靴下ファンの間で、人気のお店が、

くらしきぬ
http://www.kurashikisilk.jp/

うさぎの会
http://www.kurasukoto.com/store/products/usagi/

株式会社山忠(webshop温むすび)
http://www.onmusubi.jp/hie_ota.html

などです。

 

口コミによると、うさぎの会さんのものは、

大変人気ですが、ゴムがキツ目らしいです。

温むすびさんのものは、値段がお手頃とか。

 

最近では、無印良品にも、おいてあるので、

いろんなものを試してみると、

いいかもしれませんね。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

冬の隠れ脱水は空気の乾燥が原因?命にかかわるほど重大なの?

冬になると空気が乾燥してきますね。 空気が乾燥すると、肌が突っ張ったり、インフルエンザにかかり

記事を読む

反り腰とは?改善方法は?ほおっておくと腰痛に!

反り腰をご存じでしょうか? 自分でも、姿勢を正しくしようとして、反り腰になっていませんか? 反り腰の

記事を読む

足が熱い原因は?隠れ冷え性の疑い?

夏、足の裏がほてって、困ったことはありませんか? 夏だから、暑いのが当たり前なのに、なぜか足の裏が異

記事を読む

no image

脳の成長は年をとっても続く?

人間の体の機能は、20~25歳くらがピークで、それ以降は下降するという考えが一般的です。

記事を読む

no image

骨粗鬆症は予防が大切!運動や栄養が決め手

閉経後の女性に多い、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という骨の病気があります。 年をとると、

記事を読む

ミドリムシの驚くべき効果とは?ミドリムシが人類を救う?

最近、テレビなどで、紹介されているミドリムシ。 栄養価が高く、栄養のバランスも良く、吸収率も

記事を読む

no image

夏の快適入浴法!コレで暑い夏を乗り切ろう

熱い夏は、湯船につかるのが億劫で、ついシャワーですませてしまいがちです。ですが、暑い夏を乗り切るには

記事を読む

エアウィーヴの効果すごい?!睡眠の質が上がるとメリット多し

ぐっすり寝たはずなのに疲れが抜けた感じがしない...。腰が痛くて眠れない...。など、そんな症状に悩

記事を読む

腰痛の決め手は背筋!でも鍛えすぎにご用心!

腰痛予防には、腹筋が良いといわれていますよね。 ですが、腹筋を鍛えすぎたり、間違ったトレーニングをす

記事を読む

no image

秋が旬の食べ物 冬に備える体づくり

旬の食べ物は、その季節に必要な栄養素にあふれています。 必ずきちんと取って、冬の寒さに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

30品目の栄養がとれる雑穀米で健康的な献立を

今の食事にプラスするだけで、一日30品目の栄養をとることができる「三十

消臭除菌スプレーは子供にも安心なものにこだわる必要がある?!

インフルエンザや感染症が心配な時期、家庭での除菌や衛生管理が気になりま

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるな

タングルティーザーというヘアブラシが最強すぎる!

絡まりやすい髪、ツヤのない髪、細い髪、そんな扱いにくい髪に毎日悩まされ

しょうがを手軽にとって代謝アップ!美容やダイエットにも

お料理の隠し味や体を温めたい時、身近な食材として活躍する生姜。 体を

→もっと見る

PAGE TOP ↑