*

青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

公開日: : おでかけ, 祭り

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

お囃子やハネトといわれる踊り子が青森の街を練り歩きます。

2018年のねぶた祭りの日程をまとめました。

 

  スポンサードリンク  
青森ねぶた祭りの日程とスケジュール

 

2017年は8月2日(木)~8月7日(火)となります。

8月1日(水)に前夜祭が行われます。(毎年同じ日に行われます)

8/1 前夜祭
18:00~21:00頃
前夜祭:青い海公園特設ステージ
19:00~ 20:40頃
第65回浅虫温泉花火大会:浅虫温泉
8/2・3 19:10~21:00
子どもねぶた(約15台予定)・大型ねぶた(約15台予定)の運行
8/4~6 19:10~21:00
大型ねぶたの運行(約20台運行予定)
8/7 13:00~15:00
大型ねぶたの運行(約20台運行予定)
19:15~21:00頃 (会場:青森港)
第59回青森花火大会・ねぶた海上運行
※8/7は海上運行ねぶた(5台予定)が運行いたします。
海上を行き交う幻想的なねぶたと、みちのくの短い夏の夜空を焦がす大輪の花火をぜひご観覧ください。

ねぶた祭りオフィシャルHPよりhttp://www.nebuta.or.jp/

会場:JR青森駅より徒歩約10分 – 30分

 

8/6にはねぶた大賞が発表され、受賞されたねぶたが、

8/7のフィナーレに、青森湾を海上ねぶだ運行 いたします。

フィナーレを飾る青森花火大会とともに大変にぎわう豪快なお祭りです。

 

ねぶた祭りのハネトになって一緒に参加できる。

 

ねぶた祭りのもう一つの楽しみが、ねぶた祭りに一緒に参加する方法です。

ねぶたを先導するハネトという踊り子になって、街を練り歩きます。

団体に所属していなくても、一般の人も参加できるのです

haneto

参加方法

〇ねぶたのハネトの正装をすること。

※衣装一式レンタルができます。

〇出発時、参加したい団体が待機しているねぶたのところに行く。

※事前の受付も登録もなしで参加できます。

 

ハネトの衣装は、購入すると青森内デパートで10,000円くらい。

レンタルで4,000円くらいです。

スポンサードリンク

レンタル店で着付けもしてもらえます。必ず予約してください。

 

自分で用意する(購入するもの)は、花笠(3,000円くらい)

足袋、草履、豆絞(手ぬぐい)鈴など。

 

ハネトの踊り(飛び跳ねる)は事前にチョット練習していくのがいいかも。

衣装レンタル店
http://www.geocities.jp/koubeya4daime/神戸屋HP(花笠レンタルあり)

http://www.top-tailor.co.jp/index.php?id=13トップテーラー株式会社

http://www2.actv.ne.jp/~m-kimono/nebuta.html着物あつらえ皆川(早期割引あり)

 

ねぶた祭りの見学場所は結構ある

 

有料観覧席もありますが、ねぶたの運行コースの道端に待機して見るのもありです

近くまで来るので迫力満点です。

運行時間になっても、座る場所も見つければ必ずあるので 大丈夫です。

 

気に入ったねぶたの後をつけて(後ろについて歩くことはできません)移動するのもありです。

目の前をお囃子や、ハネトが元気よく通ります。

 

道端に座るメリットが、ハネトが踊って落としていく鈴です。

ハネトが着物につけた鈴が落ちたら、すぐ必ず拾いましょう!

幸運のお守り になりますよ。
nebuta

最後は花火大会を見学

 

花火とねぶた海上運行を見るのには、早くから場所取りをしなくてはいけません。

大変混雑するので始まってからは、あがった花火しか見られないのです。

 

花火と海上運行ねぶたをみるなら、早くから場所取りは必須 です。

昼間の運行がおわったら、場所取りに行きましょう。

ねぶたは夜見ると明かりがきれいなので夜の祭りを見たいですが、

夜のねぶた運行をみるか、昼間の運行&花火と海上運行

のどちらを優先するか決めなくてはですね。

 

裏技として、三角ビル「アスパム」方面からの無料の海上運行ねぶた観覧場所にいくには、

人をかき分けなくてはいけないので、お勧めできません。

アスパムの脇の広場に、ねぶた小屋が20棟(ねぶたの数)立っていますが、

その中の「自衛隊小屋」の脇から入って、無料の観覧場所 にいくのがオススメです。

 

出遅れたら、少し高くなっているところに陣取りましょう。

そのほか少しの隙間に徐々に入っていくという手も。

周りに迷惑をかけないように、マナーを守って見ましょうね。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

隅田川花火大会2018の穴場は?第二会場の花火を見るべし!

2018年の隅田川花火大会の開催は7月28日(土曜日)19:00~20:30に決定しました。

記事を読む

唐津くんち2016の日程と詳細は?明かりが美しい宵ヤマから迫力の町廻りまで

11月に入ると「長崎くんち」「博多おくんち」と並ぶ「日本三大くんち」のラスト、「唐津くんち」の季節を

記事を読む

no image

京都の紅葉を見に行く!紅葉の時期と名所はココ♪

京都は一年中人気の観光地ですが、特に紅葉の時期が最高です。 綺麗な日本庭園が紅葉で染まり、ライトア

記事を読む

no image

プラネタリウム 関東の人気スポットを紹介!その2

関東の人気プラネタリウム、第2段です。 今回は、大人向け、個性派プラネタリウムの紹介です。 &nb

記事を読む

兼六園ライトアップ情報 あのアニメの舞台となった周辺観光地のイベントも

本格的な秋を迎える、金沢市の兼六園では、今年も恒例となったライトアップが行われます。 また、こ

記事を読む

香嵐渓紅葉の時期やライトアップの紹介 足助でのんびり散策も

香嵐渓は、愛知県のみならず、中部地方随一の紅葉スポットとして知られています。 例年紅葉シーズン

記事を読む

日光東照宮 秋季大祭2014の日程と日光周辺観光の紹介も

日光東照宮では、毎年10月16日と17日の日程で、秋季大祭が行われ、多くの観光客を集めます。

記事を読む

土浦花火大会2018の日程は?穴場は?

茨城県の秋の風物詩、土浦花火大会が、 今年も開催されます。 正式名称が「土浦全国花火競技

記事を読む

榛名神社は関東のパワースポットで強運にめぐまれると人気の神社らしい

群馬県高崎市にある榛名神社は、パワースポットブームのころから、それ以前からも、とても人気のある神

記事を読む

関東の紅葉 おすすめスポット その2南関東編

紅葉の季節に行く、関東のおすすめスポット紹介第2回目です。 前回は、北関東を中心に紹介しました。 今

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑