*

片頭痛の原因は?予防法は?避けたほうが良いものは?

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 健康

頭痛

 

日頃、片頭痛に悩まされる人には、共通点があります。

病院で診てもらうだけでなく、自分でできる、予防法はあるでしょうか?

日頃注意することと、頭痛が始まった時の対処法について、紹介します。

 

  スポンサードリンク  

片頭痛とは?

  

片頭痛とは、頭痛のひとつの種類で、

頭の片側だけが痛む、頭痛です。

 

脈を打つように、「ズキン、ズキン」と痛み、

数時間~数日間続く場合もあります。

吐き気を伴う場合も、あります。

 

片頭痛になりやすい人は、

・低血圧で女性

・親が頭痛持ち

・日々忙しい(ストレスもかかっている)

です。

片頭痛の原因は?

片頭痛の原因は、まだあまりよくわかっていません。

 

一番有力な説は、目の近くにある、三叉神(さんさしんけい)が、

脳の血管が広げる時に、刺激を受けて、

痛み物質が出てくるため、血管の回りの神経に、

炎症がおこる、という説です。

 

炎症がおきる時に、吐き気や、臭い

光に敏感になる場合もあります。

 

片頭痛がおこる前に、光の筋やキラキラするものが、

幻覚として、見える人もいます。

 

女性は、体の特徴として、女性ホルモンの分泌が、変化していくため、

それに合わせて、片頭痛がおこる場合もあります。

 

肩こりや、目の疲れから、片頭痛を誘発することがあります。

 

比較的、両親のどちらかが、片頭痛持ちの場合、

子供も、片頭痛がおこりやすくなる、遺伝的な傾向があります。

 

マグネシウム不足が、片頭痛の原因という、説もあります。

片頭痛かどうかチェック

・動くと痛い。ズキンズキンと、脈打つような痛み

・数時間続く

・1時間ほど寝ると治る

・日々忙しく、ストレスがかかっていて、休みなど、リラックスすると頭痛がする。

吐き気を伴う

・眩しかったり、臭いに敏感になる。

・頭痛薬が手放せない。

 

このような症状が、定期的におこる場合は、

医者に行って、みてもらいましょう。

内科、もしくは、神経内科、脳外科で、みてもらってください。

頭痛がおこったら

頭痛がおこったら、最良なのは、暗くした部屋で、安静に、

休むことです。

片頭痛に効くツボ

頭痛が始まってしまった場合に、ツボを押して、和らげましょう。

 

片頭痛に効くツボは、

百会(ひゃくえ)頭のてっぺんにあるツボ

合谷(ごうこく)手の甲の親指と、人差し指がわかれるあたり

外関(がいかん)手の甲がわの、関節部分から、指三本分上

です。

百会child-106728_640 外関

 

 

百会は、どのタイプの頭痛にも、効くと言われています。

 

合谷は、目の疲れや肩こりに効きます。

スポンサードリンク

骨と骨の間を、ぐりぐり押しましょう。

 

外関は、頭の痛みを、軽減させます。

こちらも、骨と骨の間を、ぐりぐり押しましょう。

冷やすor温める

人によって、冷やした方がいいか、

温めたほうがいいか、違ってきます。

 

それぞれにあったもの(保冷剤、カイロ)を使い、

安静に休みましょう

(片頭痛は、冷やした方が良いケースが、多いです)

 

寝過ぎるのも、頭痛の原因になりますので、注意が必要です。

休みの日に眠り過ぎて、頭が痛くなった経験は、ありませんか?

アルコールを取らない

血管が、さらに広がるので、注意しましょう。

頭痛があるのに、お酒は飲まないと思いますが。

ワイン

普段から気をつけたいこと

普段から、片頭痛予防をしましょう。

 

赤ワインとチーズ、チョコレートを取り過ぎない

アルコール、とくに赤ワインや、チーズ、チョコレートには、

血管拡張作用があります。

 

頭痛がおこりそうな時、緊張状態が続いた後など、

一気に、血管が広がり、片頭痛のもとになる、

可能性があります。

 

普段から、頭痛がクセになっている人は、

アルコールやチーズ、チョコレートを、控えるようにしましょう。

 

病院治療と、整体と並行して、

チーズ、チョコレートを控えたら片頭痛がかなり改善したという、

ケースもあります。

 

寝過ぎ 寝不足に注意

寝過ぎでも、寝不足でも、片頭痛の原因になります。

 

忙しくても、睡眠時間はきちんと取り、

休みの日でも、寝過ぎないように、

規則正しい生活を、心がけましょう。

????

ストレスを避ける

気がつかないうちに、ストレスがたまっている事もあるので、

夜寝る前など、リラックスする事が、必要です。

 

ゆっくりお風呂に入ったり、アロマの香りをつかって、

リラックスを心がけましょう。

 

アロマを選ぶときに、女性ホルモンに近い作用の、ローズ系は、

苦手な人や、体調によっては、頭痛の原因になったりしますので、

注意が必要です。

 

おすすめは、

  • ミント系
  • カモミール
  • ラベンダー
  • ユーカリ

などです。

マグネシウムを含む食品をとる

マグネシウム不足の片頭痛は、全体の30~50%と言われています。

 

マグネシウムを意識的に取り、良くなれば、それに該当します。

 

マグネシウムを多く含む食品は、

  • ゴマ
  • ヒマワリの種
  • アーモンド
  • 海苔

です。

 

眩しい光 大きな音を控える

眩しい光や、大きな音が、頭痛の原因である場合、

日頃から、なるべく避けるように、しましょう。

 

臭いも敏感になるため、香水など、きつい臭いでも、

頭痛が起きやすいケースも、あります。

 

デパートの化粧品売り場など、臭いのきつい場所は、

避けるようにしましょう。

 

 

片頭痛持ちなら、きちんと病院で、治療を受け、

日頃から、

  • 規則正しい生活をする。
  • ストレスをためない。
  • 食べるもので予防をする。

などを、こころがけましょう。

  スポンサードリンク  

関連記事

口内炎の原因は?痛みをすぐとる方法とは?

知らない間に出来ている、口内炎。 一度できると、2週間は治らないし、 食事の時も

記事を読む

no image

亜麻仁油(アマ二油)の効果的な使い方とは?ダイエットやアトピーにも

ダイエットの天敵が油と言われているのは、体積に対してカロリーが高いからです。そして、食欲が増えて

記事を読む

足が熱い原因は?隠れ冷え性の疑い?

夏、足の裏がほてって、困ったことはありませんか? 夏だから、暑いのが当たり前なのに、なぜか足の裏が異

記事を読む

コレステロールを下げるには?食事は何を食べればいいの?運動は?

健康診断でコレステロール値が高い、と出てしまったなら、改善が必要です。 放っておくと、血管が詰

記事を読む

葉酸が妊活・妊娠に必要なわけとは?オススメの葉酸サプリは?

妊活・妊娠中に欠かせない栄養として認識が高まっている葉酸。大切な赤ちゃんのためだからこそ、慎重になり

記事を読む

no image

夏の快適入浴法!コレで暑い夏を乗り切ろう

熱い夏は、湯船につかるのが億劫で、ついシャワーですませてしまいがちです。ですが、暑い夏を乗り切るには

記事を読む

橋本病とは?原因と症状チェックで予防する

橋本病という病気をご存知ですか? 日本人の女性に多く、特に40~50代の女性の、10人に1人の高い割

記事を読む

メニエール病の症状は?予防方法はある?

めまいや耳鳴りから疑われやすい病気として代表的なメニエール病。 メニエール病とは、一体どのよう

記事を読む

ココアの効能は?アンチエイジングや体臭にも?

数年前に、ココアが健康に良いということで、 品切れになる現象が、おきました。 果たして、ココアが健

記事を読む

献血の条件は?血液検査で何がわかるの?

若者の献血離れが、にわかに心配の種になっています。 献血をすると何が良いのでしょうか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

30品目の栄養がとれる雑穀米で健康的な献立を

今の食事にプラスするだけで、一日30品目の栄養をとることができる「三十

消臭除菌スプレーは子供にも安心なものにこだわる必要がある?!

インフルエンザや感染症が心配な時期、家庭での除菌や衛生管理が気になりま

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるな

タングルティーザーというヘアブラシが最強すぎる!

絡まりやすい髪、ツヤのない髪、細い髪、そんな扱いにくい髪に毎日悩まされ

しょうがを手軽にとって代謝アップ!美容やダイエットにも

お料理の隠し味や体を温めたい時、身近な食材として活躍する生姜。 体を

→もっと見る

PAGE TOP ↑