*

漆器のお手入れはとっても簡単!もっと普段使いにしよう

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 家事

scansnap_urushi1

特別な時に使う、漆器の食器は、装飾が施されていて、

手入れが大変そう。

お正月のおせちで使った、漆器の重箱のお手入れって、

気をつけないといけないのでしょうか?

 

漆器のお手入れ方法と、普段使いをおすすめする理由を、

紹介します。

  スポンサードリンク  

漆器とは?


漆器とは、木や紙で出来た型に、漆(うるし)を塗ったものです。

装飾品、日用品、食器などがあります。

 

6200年前の中国が発祥地、といわれていました。、

日本には、中国から伝わったと考えられていましたが、

その後、福井県で1万2600年前の、漆木が発見されました。

 

国内の漆器の産地

 

日本各地に、独自の特徴をもった漆器が、数多くあります。

中でも一番有名なのが、石川県輪島にある、

輪島塗(わじまぬり)です。

 

各地で独自に発展した歴史は、

武器用、普段使い用、観光客の土産用、職人が開発した、など、

さまざまです。

 

例えば、きらびやかで高価な輪島塗は、

町おこしの役割として、発展しました。

 

そのため、現在でも漆を75回~100回、塗り重ねるのです。

一般的な汁椀でも、3万円~です。

 

安く買える漆器で有名なのは、石川県の山中漆器です。

 

こちらは、普段使いの食器を中心に、発展し、

現在は、プラスチックにウレタン塗装の、

漆器風食器の開発も、最初に手掛けました。

 

一般的な汁椀で(木の素地)3千円~と、

輪島塗に比べ、お手頃です。

 

漆器の手入れ方法

食器の場合

スポンジを使って、中性洗剤で、優しく洗ってください。

食器洗浄機は、使えません

乾いたふきんで、水気を拭きます。

 

長時間、水に付けないほうが良いです。

自然乾燥より、すぐにふきんで拭いた方が、よりいいでしょう。

ですが、そんなに神経質になる必要は、ありません。

 

装飾品の場合

a0800_000330

貝や金箔など、装飾が施されている、高価なものは、

水拭きして、から拭きをします。

拭くときは、優しく扱ってくださいね。

 

漆器を普段使いにしよう

漆器で出来た食器の、普段使いをおすすめします。

理由は

  • 手入れが簡単
  • 軽くて割れない
  • 熱いものを入れても持てる
  • 口当たりがやさしい
  • 使い続けることで、色が変わっていく

ということが、上げられます。

 

漆器のお手入れ方法のところで、紹介しましたが、

食べ終わった後の、食器を洗う時でも、

普通の食器のように、洗剤とスポンジが使えます。

 

そして、うっかり手が滑って、下に落としても、割れない。

お気に入りの、陶器やガラスの器を割った時の、

悲しい思いは、しなくて済むのです。

 

高いものは、ひびが入ったら、修復も可能です。

とにかく、長持ちして重宝します。

 

長年使い続けていると、表面の漆の色が、変化していきます。

良くわかるのが、朱色の漆です。

 

新品の時は、鮮やかな朱色ですが、

使ううちに、落ち着いた朱色に、変化していきます

 

木目調の漆器の場合は、使うほどに、

美しい木目が、浮き出てきます。

 

漆器のデメリットは

漆器は木なので、乾燥や紫外線に弱いです。

スポンサードリンク

ですが、エアコンの風が、ガンガンに当たる所に置いたりしなければ

ひび割れすることは、めったにありません

 

漆は水をはじくので、カビが生えてくる心配は、ありません。

まれに生えてきた場合は、不良品か、劣悪品と思われます。

 

同じく、色落ちがある場合も、

制作工程で不備があったものかもしれません。

 

熱いものを入れることは、可能ですが、

沸騰したての汁を、すぐに注ぐと、

漆が白くなってしまうことが、あります。

急な温度変化によるためです。

 

食器洗浄機や、電子レンジやオーブン、直火は、

使えません。

電子レンジOKとある製品は、合成品です。

 

陶器に比べて、デザインの面で、

種類があまりなく、選べません。

 

最近では、漆の色も、目新しいものが出てきていますが、

陶器やガラスのような、デザイン性はありません。

 

ですが、毎日使う食器は、

味わいのある、木の食器も、いいものです。

最近では、漆器の弁当箱なども、人気ですね。

benntoubako

漆器を選ぶときの注意

漆器は、高いです。

それは、漆器に使う、漆の生産が少ないためです。

 

安い値段が付いている場合(1000円以下)

素地がプラスチックだったり、片面は化学漆が使われていたりします。

 

そのため、一般のものより安い場合、

その点を注意して、購入してください。

 

裏面にシールが貼ってあり、

原材料名が記されています。

素地は木で、塗装は漆(うるし)なのを、

確認してください。

 

専門家は、匂いで判別が出来るそうですが、

素人は難しいでしょう。

 

製造元が販売している、直売所などは、

安くても、ちゃんとしたものを売っています。

 

お店の人が、きちんと説明してくれますので、

安い値段設定でも、大丈夫です。

 

ネットなら、さまざまなデザインのものを、見比べる事が出来ます。

3000円前後の価格帯だったら、普段使いなら、

十分元がとれるのでは、ないでしょうか?
一度使うと、手軽さと、食べ物のおいしさで、

手放せなくなるのが、漆器の食器です。

 

いいものは、修復が出来るので、一生ものです。

 

ぜひ、長く使い続けられる、漆器を身近において、

どんどん使ってほしいです。

 

職人の技に圧巻

かつて、輪島に旅行に行った時に見た、資料館では、漆器製品のできるまでを、展示していました。

木型を作る職人さんや、柄を描く職人さん、漆を塗る職人さんと、分業で進めているのでした。

 

いい漆器ほど、漆を何度も重ね塗りをします。

だからあの光沢のある、美しい漆器が出来るのですね。

 

泊まった宿は、食器がすべて輪島塗でした。

何と贅沢な、食事なのでしょう。輪島塗は、漆器の中でもいちばん高級品と言われています。

 

なかでも一番感動したのが、使い込むほどに落ち着いた色彩に変化する、ということです。

資料館では、喫茶店も併設しており、もちろん、コーヒーカップも輪島塗です。

そこで使われているカップとか、資料館の中でも、新品と使い込んだ品を並べて展示していました。

 

使い込んだ輪島塗の、落ち着いた品のある朱に変化した食器をみて、陶器にはない素晴らしさだと思ったのです。

 

陶器でも、備前焼など、使い込むほどに色の変化が楽しめる物も、あるけれどね。

やっぱり、しっとりとした朱に変化した漆器を見て、いいものを長く使うよさを、実感しました。

 

輪島塗でそろえるのは、難しいかも。安いものでも数万円ですし。

それでも、ひとつずつ、そろえていきたいな、と思ったのです。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

no image

衣替えの時期は?楽な収納方法とは?

季節の衣替え、めんどうですよね。 いつ衣替えをしたらいいんでしょうか? 衣替えを楽にする、収納方法が

記事を読む

消臭除菌スプレーは子供にも安心なものにこだわる必要がある?!

インフルエンザや感染症が心配な時期、家庭での除菌や衛生管理が気になります。 特に小さなお子さん

記事を読む

no image

服や靴下の嫌な臭いは洗濯前にひと手間で解決!

布についた臭いを取るスプレーが売れています。 ですが、それを使っても、どうもさっぱりし

記事を読む

no image

風呂のカビ掃除を楽にする方法とは

お風呂場は湿気もあり、カビが生えやすいですよね。カビを落とすのに強力洗剤がありますが、それを使うとき

記事を読む

電子レンジの掃除のコツ!頑固な汚れも落とすワザ!!

電子レンジの中、こまめに掃除していますか? 汁物のこぼれた跡や、爆発してしまって、壁にこびりつ

記事を読む

水だけで汚れが落ちる万能洗剤水ピカが凄かった

普段ご家庭のお掃除で、油汚れ、血液、泥汚れ、水垢など場所や汚れの種類に合わせ何種類もの洗剤をご購入さ

記事を読む

掛けられるティッシュケースが便利で気に入りました

ティッシュボックスの置き場にモヤッとした経験ってありませんか。けっこう場所をとってしまううえ、インテ

記事を読む

タオルはホテルスタイルにすれば毎日リッチな気分

日本を代表する三大タオル産地は、今治、泉州、三重ですが、日本のタオルといえば、真っ先に今治タオルが頭

記事を読む

no image

台風が来る前に準備しておきたいこと

毎年台風が日本を通過していと、大変な被害が出て、ニュースでも取り上げられています。 地域によって状況

記事を読む

加湿器おすすめタイプはこれ!加湿器病ってなに?

寒くなってくると、気になるのが、乾燥ですね。 インフルエンザの流行も、乾燥肌の小シワも、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑