*

良く噛む効果とは?体と脳に効くスゴイ作用!

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 健康

apple-15687_640_min

食事を美味しく食べられることは、幸せですね。

最近では、食べ物を良く噛むと、良い効果があると、

健康がテーマのメディアで、取り上げられています。

では、良く噛むことは、どんな効果があるのでしょうか。

 

  スポンサードリンク  
卑弥呼の歯がイーぜ!

 

 

これは、呪文でなく、噛むことの効果の項目の、

頭文字を取って、覚えやすくしているのです。

「4126電話は良いふろ」みたいな事ですね。

  • 「ひ」肥満防止
  • 「み」味覚の発達
  • 「こ」言葉の発音
  • 「の」脳の発達
  • 「は」歯の病気を防ぐ
  • 「が」ガンの予防
  • 「いー」胃腸の働きをよくする
  • 「ぜ」全力投球・全身に力が入る

それぞれの効果を、詳しく説明します。

 

肥満防止、ダイエットの味方

 

良く噛むことは、肥満防止、食べすぎ防止につながります。

それは、満腹中枢が働くことと、唾液が良く出ること

この2つの効果によるものです。

 

満腹中枢が働けば、食べている途中で、

もうお腹がいっぱい、と、脳が指令を出し

食べたくなくなります

 

その満腹中枢は、食事開始から20分位で、

働くといわれています。

 

早食いの人は、食事を10分ほどで、終わらせている場合も多く、

たいてい、肥満気味です。

 

反対に、痩せている人は、とても食べる時間が長く、

ゆっくり噛んでいます

 

なるべく、一口で30回は噛んで、飲み込むようにしましょう。

 

唾液のすごい効果

 

食事_min

良く噛むことは、唾液を多量に出す効果があります。

 

唾液には、

  • アミラーゼがでんぷんを消化する作用
  • 味覚部室を溶かし、食べ物の味を感じる作用
  • 飲み込む時に、滑りやすくする作用
  • 口の中をなめらかに、発声しやすくする作用
  • 抗菌物質が、粘膜を保護する作用
  • 歯を再石灰化する作用
  • 細菌の繁殖を抑える作用
  • 口の中の汚れを流す作用

こんなにもたくさんの、効果があります。

 

肥満防止や、胃腸の調子を整えるには、

よく噛むことで、ご飯などの炭水化物に含まれるでんぷんを、

唾液が消化を助けることで、胃腸での負担を軽くします。

 

そのため、栄養も吸収されやすく、体が満足し

偽の食欲が起こらず、食べ過ぎを防げます

 

味覚を敏感にする効果では、

食事の味付けを、薄味に変えていくことが出来て、

塩分の取り過ぎも、防ぐことが出来ます。

 

口の中を湿らせる効果では、

ドライマウスを防ぎ、細菌が体内に入ってくるのを阻止します。

発声に対しても、滑らかに、はっきりと出来るようになります。

 

多量の唾液は、口の中を絶えず洗うことにつながり、

スポンサードリンク

歯に付いた食べカスを、きれいにすることにより、

虫歯予防、歯周病予防、口臭予防につながります。

 

歯の病気といえば、虫歯ですが、

唾液の、再石灰化作用で、軽い虫歯は、唾液で治ってしまうのです。

 

その効果を解っている、歯医者さんは、軽い虫歯は、

削らないで、様子を見る先生もいます。

なるべくなら削らないで、治ったほうが、一番良いからです。

 

ガンの予防にいい、という根拠は

唾液の殺菌効果によるものです。

 

発ガン物質といわれる、「トリプ・P1」や

「アフラトキシンB」や「ベレツピレン」が、

30秒唾液に浸すだけで、毒性がなくなったのです。

 

噛むと脳に良い効果が!

 

脳

噛むことによって、唾液が出て、

さまざまないい作用がある、ということですが、

最近注目されているのは、

噛むことで、脳にいい効果がある、という実験結果の報告です。

 

歯の根元にある、「歯根膜(しこんまく)」という組織は、

歯を衝撃から守る、クッションの役割のほかに、

歯にかかる力を精密に感知する、センサーの役割もあります。

 

そのセンサーのある神経が、脳神経の三叉(さんさ)神経とつながっていて、

よく噛むことで、運動や感覚、記憶、思考、意欲に関する

脳の部分の活性化につながることが、実験でわかっています。

 

良く噛む食事をはじめて、寝たきりだった老人

歩くことが出来るようになったり、

反対に、入れ歯が合わず、良く噛めなくなった途端、

ボケ始めたという、話も、少なくありません。

 

歯は、物を噛むこと以外に、

体のバランスをとる、重要な機関であることもわかりました。

 

奥歯がなくなると、体に力が入らないのは、

歯根膜のセンサーが、働かなくなって、運動能力が衰えると、

考えられます。

 

実際、重いものを持ち上げる時、踏ん張るとき、

奥歯をかみしめますね。

そうすることで、体に力が、グッと入るのです。

 

良く噛むためには、歯が大事

 

歯をなくす原因は、虫歯ではなく、歯周病です。

 

歯周病にかかって、歯がグラグラすると、

すぐ抜きたがる歯医者がいますが、

抜かないで治せるなら絶対にその方が良いです

 

歯医者によって、なるべく抜かずに、治療してくれる所もあるので、

きちんと選ぶことが大切です。

 

自分で出来る、歯周病予防は、歯ぐきのマッサージです。

歯を磨いた時、血が出る場合は、歯周病ですので、

時間をかけて、マッサージすると効果的です。

 

 

いい歯で、良く噛むことが、さまざまないい効果をもたらすのです。

たくさん噛む秘訣は、一口を少量にする  ことです。

良く噛んで、脳と体をいつまでも健康に、保ちましょう。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

橋本病とは?原因と症状チェックで予防する

橋本病という病気をご存知ですか? 日本人の女性に多く、特に40~50代の女性の、10人に1人の高い割

記事を読む

no image

子供の外反母趾が増えている!原因と予防の方法とは?

ライフスタイルの変化により、現在の小学生の半分が足裏に異常 が出ています。 外反母趾や偏平足、浮足な

記事を読む

チョコレートの意外な効果?ダイエットやリラックス効果もあり?

最近になってチョコレートの、健康効果が 見直されてきました。 美味しいおやつとして、代表的なお菓子

記事を読む

献血の条件は?血液検査で何がわかるの?

若者の献血離れが、にわかに心配の種になっています。 献血をすると何が良いのでしょうか?

記事を読む

片頭痛の原因は?予防法は?避けたほうが良いものは?

  日頃、片頭痛に悩まされる人には、共通点があります。 病院で診てもらうだけでなく、自分

記事を読む

腰痛の決め手は背筋!でも鍛えすぎにご用心!

腰痛予防には、腹筋が良いといわれていますよね。 ですが、腹筋を鍛えすぎたり、間違ったトレーニングをす

記事を読む

冷えとり靴下がブーム!エコで健康的に暖かく!

  寒くなってくると、冷え症にはつらくなる季節。 最近、冷えとり靴下と

記事を読む

温活とは?ダイエットにもなるあったか習慣のすすめ

  最近目にする言葉、「温活」をご存知ですか? 温活とは、体を温める活動の事。 冷え性は万病のもと

記事を読む

no image

夏の快適入浴法!コレで暑い夏を乗り切ろう

熱い夏は、湯船につかるのが億劫で、ついシャワーですませてしまいがちです。ですが、暑い夏を乗り切るには

記事を読む

プリン体とは?多く含まれている食品は?体への影響は?

プリンというと、お菓子のプリンを思い浮かべますが、プリン体とは何でしょうか。 プリン体オフの缶

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑