*

ユニクロライトダウン2013 誕生以来の軽さ バリエーション

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 ファッション

ユニクロダウン

毎年進化を遂げる、ユニクロのライトダウンシリーズ。

今年は、さらに軽さと、デザインのバリエーションを増やしての登場です。

具体的に、どんなところが進化したのでしょうか?

 

  スポンサードリンク  
ユニクロライトダウンシリーズ

 

 

発売依頼、毎年改良を重ねて、発売されるライトダウンシリーズですが、

今年の目玉は、転写プリントと(ダウンベストに採用)

WOMENのみの、ウルトラライトダウンコンパクトジャケットです。

 

ダウンベストは、転写プリントの技術によって、

遠目だと、ニット製品のような柄に見えます。

この転写プリントは、高度な技術なのです。

 

近くで見ると、「柄かよ!」って突っ込みを入れたくなりますが、

離れて見ると、ニットのベストに見えるから不思議。

着こなしのバリエーションも増える、というものです。

 

ウルトラライトダウンコンパクトジャケットは、

WOMENのみなんですが、

デザインは、丸首で、襟なしジャケットです。

コンセプトは、「カーデガン代わりに着られる」。

 

ダウンジャケットは、寒さをしのぐために、

ほとんど襟がありますね。

ジッパーを上まであげれば、首まできっちり閉まり、

寒さ対策万全になります。

 

それが、このジャケットは、襟がないので、

ダウンジャケットにありがちな、カジュアル感だけでなく、

ボトムやインナー、アクセサリーを工夫することにより、

オフィスや、ちょっとしたカジュアルなパーティにでも、

似合いそうな着こなしが、出来そうです。

 

ライトダウンの軽さの秘密

 

ライトダウンの軽さの秘密は、

東レと共同開発した、特殊なナイロンで作られた生地です。

 

丈夫で、柔らかく、軽い。

店頭で触ってもらえるとわかりますが、

非常に滑らかです。

 

このナイロン糸は、髪の毛の1/10の細さで、

軽さが特徴の、この製品の重要な、部分なのです。

 

さらなる、軽さの秘密は、ダウンパックが無いこと。

ダウンジャケットは、中の毛が出てこないように、

ダウンを入れてから、その上に、生地を重ねています。

 

ユニクロのライトダウンは、ダウンを入れてある生地が、

表面の生地なので、その分軽量になります。

 

心配な、ダウンの抜け毛ですが、

表面生地を特殊加工してあるので、抜けにくくなっています。

 

ライトダウンの暖かさの秘密は

 

ダウンジャケットは、ふっくらしているのが特徴で、

そのふくらみの高さによって、暖かさが変わります。

 

それをフィルパワーと言いますが、

一般的に550が上質といわれるところ、

ユニクロのライトダウンは、640という、高い数値を実現しています。

それにより、軽いのに、暖かいダウンが生まれました。

a1180_007296_min

どんな着こなしがいいのか

 

ユニクロファンでも、そうでなくても、

ちょっと躊躇する部分が、

「みんなとかぶってしまう」ということ。

 

これだけ、流通しているということは、

もちろん人気だから、ということもあるのですが、

同じ服を持っている人が、あちこちにいる、という事でもあります。

 

そんな時には、インナーとして着る、というのをおすすめします。

コートの下に、カーデガンの代わりに、着るイメージです。

 

その場合は、薄いインナーだけを着た上から、試着してみて、

フィットするくらいのサイズにすると、良いでしょう。

 

あまり大きいサイズは、コートの下でもたつくので、

おすすめできません。

 

 

 

ライトダウンで冬が越せるか?

 

残念ながら、ユニクロのライトダウンを、

ダウンジャケットの代わりに、上着として着こなし、

冬の寒さに耐えられるか?といったら、

住んでいる場所にも、よりますが(南国なら大丈夫かも)

それだけでは、やはり無理です。

 

ちょっと寒くなる秋から冬にかけての、気温の定まらない時期に、

軽くて持ち運びが楽なので、ジャケットとして、活躍します。

 

本格的な冬では、これだけでは、寒いです。

それなので、本格的な冬には、ニット代わりに着たり

部屋の中で着て、ちょっと暖房を控えめに出来たり

工夫してみてください。

kannsou

 

一番上に、厚いダウンジャケット、その下に、ライトダウンと

本当に寒いときには、厚手ニットに比べ、かなり軽いので、

良いんですよ。

 

ダウン&ダウンは、上のダウンを脱いだ時、ちょっと恥ずかしいかな?

寒さ対策としては、おすすめなのですが。
去年も買ったユニクロライトダウンのベスト

今年は、プリント柄を購入してみようと思います。

表面の生地は、今年のほうが、さらに柔らかくなっていて、楽しみです。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

ティペットとは?ちょこっと小物でファッション上級のテク

ファッション誌では、2012年頃から当たり前のように登場するようになった「ティペット」。 ここ

記事を読む

バーバリー ブラックレーベルを買うなら今でしょ!もう手が届かなくなるかも?

バーバリーのブラックレーベル・レディースが、 2013年7月に、販売終了になりました。  

記事を読む

モダールとは?ユニクロや無印良品のアイテムにも!

数年前から聞かれるようになった、モダールという布地。 ユニクロや無印良品の、Tシャツやストールにも、

記事を読む

福袋を通販で買うメリットとは?

  お正月の福袋を求める人の行列が、風物詩として、 ニュースで取り上げられます

記事を読む

no image

ユニクロ リネン チクチクする?だったらGAP エディー・バウアーも

ユニクロのリネンシャツ、人気ですよね。色がカラフルで迷います。 価格も安くて、大人買い出来ちゃ

記事を読む

no image

ユニクロ リネンシャツと 無印良品 リネン商品 違いは?

ユニクロも無印良品も、夏のラインをそろえてきました。 とくに無印良品では、リネン(麻)素材を使った商

記事を読む

ユニクロ ウォームイージーパンツ(暖パン)が予想以上に暖かかった!

ユニクロから出ている、ウォームイージーパンツ。 通称、暖パン。 数年前から、発売していましたね。 &

記事を読む

ビルケンシュトック人気デザインは?手入れ方法も紹介

夏のサンダルといえば、ビルケンシュトックが定番ですね。 ビーサンみたいに安っぽくなく、しっかり

記事を読む

no image

サングラスで紫外線を防いでシミ予防?

紫外線の強い季節には、日焼け止めやUVカットのファンデーションを使って予防していますよね。 目から入

記事を読む

no image

クールビズ始まりました。夏に最適、麻のシャツの手入れ方法。

夏に最適なのは、綿素材よりも麻のシャツ です。 シャリ感があるため、着た時にさっぱりと爽やかな着心地

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑