*

土浦花火大会2016の日程は?穴場は?

公開日: : おでかけ

茨城県の秋の風物詩、土浦花火大会が、

今年も開催されます。

正式名称が「土浦全国花火競技大会」だけあって、

全国から優秀な花火師が集い、優劣を競います。

土浦花火大会の日程、穴場情報も紹介します。

 

  スポンサードリンク  
土浦全国花火競技大会とは?

 

茨城県の土浦市で、毎年10月に開催される、花火大会です。

 

秋田の大曲、新潟の長岡と並んで、

三大花火大会のひとつとして、有名です。

 

全国から、我こそはと、腕自慢の花火師たちが、競い合う大会です。

 

自由参加のため、斬新で、アイデアあふれるテーマの花火が見られ、

優勝者は、内閣総理大臣賞が与えられます。

 

まれにみる大規模な花火大会のため、

毎年かなりの人出がある、花火大会なのです。

 

日程は?

 

今年で85回を数える土浦花火大会。

毎年10月の第一土曜日に開催されます。

2016年の今年は10月1日です。

日程 平成28年10月1日(土)雨天延期(状況により日程が決まる)
時間 18:00~20:30
打ち上げ数 20,000発
打ち上げ場所 茨城県土浦市 学園大橋付近
問合せ 土浦商工会議所観光課 TEL:029-826-1111http://tsuchiura-hanabi.jp/
見どころは?

 

有名な秋田県大曲の花火競技会と並ぶ、花火コンクールです。

 

大曲と違う点は、大曲が、指定業者のみの参加に対し、

土浦はほぼ、自由参加という点です。

 

そのため参加業者集めが、盛り上がるのです。

 

この花火大会は、コンクールという位置づけということもあり、

最新のデザインの花火が上がります。

 

そこで高得点をもらった花火が、次の時期の流行になります。

 

最新流行の花火が見られるというのは、

花火フリークにとっては、たまらない大会なのです。

 

ほかにも、大会が提供するワイドスターマイン「土浦花火づくし」

長い時間と、打ち揚げ数で、会場は圧倒されっぱなしなのです。

片貝まつり2

アクセスは?

 

電車で:JR常磐線土浦駅下車 徒歩30分
随時シャトルバス運行

http://www.tsuchiura-hanabi.jp/access/pdf/2013okaeri_map.pdf
徒歩のかたのためのお帰りマップ

車で:桜土浦IC降車 国道6号経由 約5km
浦北IC降車 国道6号経由 約5km
駐車場は無料・有料 計5,500台

道路の交通規制あり。

渋滞が見込まれますので、極力電車でおいでください。

http://www.tsuchiura-hanabi.jp/access/pdf/2014kotsukisei.pdf
交通規制図と駐車場案内

 

混み具合は?

 

近くで、正面で見ようとすると、混んでいます。

有料桟敷席付近の一般席は、前日から席取りが始まっています。

 

隙間に入り込む場合も、16:00(開始2時間前)には、

席以外身動きが取れない、混みようです。

 

10月ということもあり、夏と違って、

陽が落ちると寒くなる日もあります。

トイレなども心配ですね。

 

15:00くらいまでに、トイレ、出店での買い物

すませておく必要があります。

 

JR土浦駅からは、歩いて打ち揚げ会場まで、30分位です。

駅からシャトルバスも往復しています。

 

仕掛け花火は見られませんが、

基本、駅から歩いていく途中の、河原ならどこからでも、

見ることができます。

 

街中の駐車場も無料・有料合わせて5500台ありますが、

14:00にはほぼ満車です。

kounosu3

穴場は?

 

車で行くとしたら、開催時間の前後3時間は、

渋滞で身動きが取れない、と思ってください。

 

それでもどうしても、車で、というのなら、

いくつか穴場を紹介します。

 

土浦バイパス(6号線)の高架橋の西側の田んぼのあぜ道

ちょうど、打ち揚げ会場の横になります。

場所も近いため、迫力満点の花火が見られます。

 

ですが、田んぼに行く道は、駐車禁止となるため、

車を停めるのなら、田んぼのあぜ道に入るしかないのです。

 

  • 近くから見られる
  • 車の中から見られる

という利点があるのに対し、帰りは渋滞必須です。

大通りまで、なかなか出られません。

 

いろんな対策(トイレとか、寒さとか)をきちんとして、

覚悟の上で行く、穴場スポットです。

 

少し離れた虫掛の田園地帯

6号線の打ち揚げ場所より少し北に、虫掛という地名の場所があります。

 

土浦バイパスを、かすみがうら方面に行って、左側(西側)の田んぼは、

駐車禁止区域ではありませんので、車を停めて見られます。

 

帰りは、やはり渋滞に巻き込まれやすいので、

上記のような、対策は必要ですね。

 

まあまあ離れた見晴らしのいい穴場

土浦駅だと、西口方面が会場になります。

そこをあえて東口方面に行き、霞ヶ浦湖畔に国民宿舎のとなり、

霞ヶ浦総合公園内にある、風車が目印の場所です。

 

地元の人しか行かない、穴場です。

帰りも、大通りに出なければ、渋滞に巻き込まれず、帰れます。

 

見晴らしはいいのですが、やはり間近でみるより、迫力は落ちます。

それでも、全体が見渡せて、なかなかいい観覧場所です。

a0800_001217_min

復興の願いを込めて

 

土浦花火大会は、大正14年に始まって、今年で85回です。

 

くしくも、関東大震災の不況を打破するために始まったといわれる、

土浦花火大会は、大きな大会になりました。

 

記憶にも新しい、東日本大震災の復興のためにも、

もっともっと盛り上げていく必要が、あるのかもしれませんね。

 

 

  スポンサードリンク  

関連記事

日本スリーデーマーチ2016in東松山に参加してみよう 当日受付は初心者向き

11月に埼玉県で開催される「日本スリーデーマーチ」。 自然豊かな東松山市を歩く、世界でも屈指の

記事を読む

隅田川花火大会2017の穴場は?第二会場の花火を見るべし!

2017年の隅田川花火大会の開催は7月29日(土曜日)19:05~20:30に決定しました。

記事を読む

益子の陶器市は年2回!若手作家の個性的な作品がたくさん

陶器の産地として、海外にもその名が知られている益子町では、毎年春と秋の二回、町を挙げての一大イベント

記事を読む

修善寺紅葉まつりの日程と見頃の時期は?ライトアップ情報も

伊豆随一の温泉街として有名な修善寺は、秋には見事な紅葉が見られる事でも、観光客の人気となっています。

記事を読む

河津桜の見頃は?河津桜まつり2014の日程は?抜け道情報も

一足先に咲く、桜と言えば、河津桜ですね。 毎年、河津桜まつりがおこなわれ、 たく

記事を読む

岩手雪まつり2016の日程は?体験型雪まつりはファミリーで楽しめる

意外と長い歴史の、岩手雪まつり。 前身の「小岩井かまくら」から数えて、今回が49回目となり、現

記事を読む

no image

プラネタリウム 関東の人気スポットを紹介!その2

関東の人気プラネタリウム、第2段です。 今回は、大人向け、個性派プラネタリウムの紹介です。 &nb

記事を読む

no image

科学技術館へ行って夏休みの自由研究のネタ探し

夏休みの自由研究、毎年何にするか迷ってしまう。気がつくと夏休みも終わりに近づいてしまって焦る! そん

記事を読む

玉村花火大会2014の日程は?絶対に気をつけてほしい注意点は?

群馬県の玉村町の花火が、関東でもじわじわ人気を集めています。 たまむらの花火大会の魅力と、これを知

記事を読む

no image

京都の紅葉を見に行く!紅葉の時期と名所はココ♪

京都は一年中人気の観光地ですが、特に紅葉の時期が最高です。 綺麗な日本庭園が紅葉で染まり、ライトア

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑