*

足が熱い原因は?隠れ冷え性の疑い?

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 健康

夏、足の裏がほてって、困ったことはありませんか?

夏だから、暑いのが当たり前なのに、なぜか足の裏が異常にほてるのは?

それは、体が悲鳴をあげているサインかもしれませんよ。

足の裏がほてる原因と、対策を紹介します。

最後には、私が発見したノーベル賞級の法則も、公開しています!

 

  スポンサードリンク  
足の裏がほてる原因とは?

 

足の裏が、ほてって、不快なことはありませんか?

その時に、両手のひらはどうでしょうか?

 

ほてりの原因は、大きく分けて4つです。

・冷えからくるほてり

・血行不良

・自律神経失調症

・更年期障害

 

血行不良とは、立ち仕事の時、足がむくみ

足の裏が熱くなります。

 

それ以外も、自律神経失調症や、更年期障害からくるとしたら、

夏になると、足がほてる、冬はそうでもない、という場合には

当てはまりませんね。

 

夏になると、足の裏がほてる、手のひらもほてる、という場合は、

冷えからくるほてり、隠れ冷え性のサインなのです。

 

夏なのに、冷え性って?

001511_min

夏は、気温も高く、体に熱がこもってしまいます。

だから汗を出して、体温を下げようとしますね。

 

でも、冷房のきいた快適な部屋にいて、体は暑くないのに、

足の裏や、手のひらだけが、熱くなってくることはないでしょうか。

 

それは、隠れ冷え性の可能性が高いです。

もしくは、冷え性が進んでしまった結果です!

 

冷え性なら、足先が冷たいはずでは?と思っていたら危険です。

冷えで、体が悲鳴をあげているかもしれませんよ。

 

足の裏がほてるメカニズムは?

 

体は、大事な臓器を守ろうとします。

 

冬には、足や手が凍えてしまいますね。

それは、体の大事な臓器を守るため、血液をそちらを優先して流すため、

末端の血管は、収縮してしまい、手や足が冷たくなってくるのです。

 

そして、どんどん手や足が冷たくなってきて、これ以上は危険と判断すると、

体が、「これはまずい!」といって(?)反対に、手や足に血液を送り始めます

そして、手や足がポカポカになってくるのです。

 

それは、体の内部に送る血液を犠牲にしているのです。

手や足のほてりは、体の大事な機関の犠牲の上に、成り立っているのです。

 

ものすごく、怖いことですよね。

 

隠れ冷え性チェック

 

こんな症状はありませんか?

・平熱が低い(35度代)

・お腹や、太ももが冷たい

・一日中立ち仕事、もしくは座り仕事だ。

・肩こりや頭痛が慢性化している

・太りやすい

・顔色が悪い、目の下にクマが出来やすい。

・気温が低くないのに、朝起きるのがつらい。

 

ストレスが原因の血行不良や、ほかの原因も、考えられますが、

当てはまる項目があれば、体の内部が冷たい、隠れ冷え性の疑いがあります。

 

そして、夏はさらに、隠れ冷え性が悪化しやすいのです。

 

夏の冷房にやられる冷え性

 

アイス2

夏は、体が、熱を出しやすく変化しています。

 

暑い戸外から、汗をかいて帰ってきて、

クーラーのキンキンに冷えた、室内に入ると、

あっという間に体の熱が、奪われてしまいます。

 

そして、自分で感じているより、冷え過ぎてしまうのです。

内臓冷え性とも言います。

 

夏い多い、胃もたれや、消化不良、食欲不振といった不調も、

内臓が冷えているうえに、冷たい物を、食べたり飲んだりして、

胃をさらに冷たくしてしまいます。

 

1度の体温低下で、免疫力が30%ダウン?

 

内臓が冷え、平熱が下がると、免疫力が下がってしまいます。

免疫力は、すべての病気に対抗する力です。

 

風邪や、疲れなどの不調から、アレルギーに関する疾患、

ガンなどにも、免疫力が関わってきます。

 

反対を言えば、夏に、体を冷やさない工夫をすれば、

免疫力がアップするという事なのです。

 

まさか、暑い夏に、冷え性が進んでいたとは思いませんよね。

 

夏の冷え性対策

 

とにかく、体の内部を温めることが大事です。

 

足がほってってきたな、と思ったら、

熱いお茶を1杯飲んでみてください。

ほてりが、すぐに和らぎますよ。効果テキメンです。

 

食べ物や飲み物で

・飲み物は、極力あたたかいものを飲む

・生サラダより、温サラダや、根菜類の野菜を食べる

しょうがなど、体を温めるものを、積極的に取る

dri0027-099

着るもので

・冷房のきいた部屋では、はおるものを着る

・外と中で、脱ぎ着出来るような、冷房対策をする

靴下をはく

 

夜寝る前に

・お風呂はシャワーだけですませず、湯船に入る

・ふくらはぎをマッサージしたり、ストレッチをする

・有酸素運動をして、血行を良くする

パジャマは長ズボンを履く

・あえて、靴下をはいて寝る

 

よく、足は温め、頭は冷やすといいますよね。

夏は暑くて、寝苦しいですが、頭は冷やしても、

足は冷やさないようにしましょう。

 

(冷え性が原因の場合)まちがっても、足の裏を、

アイスノンや熱ピタで冷やす、なんてことのないように!

冷えを増進してしまいます!危険ですよ!!

 

夏の間に冷え性を改善させ、免疫力が下がる、冬に備えましょう。

 

夏の冷え対策に過去記事もどうぞ

夏の快適入浴法!コレで暑い夏を乗り切ろう

温活とは?肌・女子力の敵 怖~い冷えを解消しよう!

 

冬に影響する夏の冷えの法則

 

夏場に、手足がほてる現象が起きやすいのですが、冷え性がクローズアップする冬に、あまり聞かないのはなぜなんでしょうか?

 

私が思うに、冬は意外と暖かいものを、飲んだり食べたりしているから、だと思います。

ということは、夏は思った以上に体が冷えている、のではないでしょうか。

夏には、自動販売機でホットドリンクはありませんしね。

 

体が冷えると、免疫力が落ちるというのは、先ほど書きましたが、夏に冷えていると、免疫力が落ちたまま、秋と冬に突入することになります。

 

そうするとどうなるか?

 

これは、ある冬の日の私の体験と、実感の話です。

 

毎年冬になると、インフルエンザが流行しますね。

はやめに予防接種を受ける人も、大勢います。

 

その反面、インフルエンザに一度もかかったことがない、という人も割と存在します。

私の周りでも、数人いますね。

 

私は、もちろん(?)隠れ冷え性だし、仕事はデスクワークだし、代謝も、免疫力もグダグダなんでしょう。

毎年ではないですが、インフルエンザにかかります。

 

インフルエンザというのは、感染しても発症しないひとも多いのです。

感染した時に免疫力が弱くなっていると、発症しやすいのです。

 

ある年、インフルエンザの高熱にうなされていた寝床で、なぜか考えていました。

「インフルエンザにかかる年と、かからない年があるし、なにがちがうのだろう?」と。

 

そこでふと思いついたのが、夏の過ごし方でした。

去年の夏はこうだった、その前の年はこう、と、思い出してみたところ、ある法則を思いついたのです。

その法則とは、

 

「夏に運動して過ごすと、冬にインフルエンザにかからない!」という法則です。

はっきりと、運動した年はかからなかった、運動しなかった年はかかった、と、分けられたのでした。

 

運動の習慣はないのですが、たまに思いついたように、ランニングやら、●●ダイエットダンスやらを、数か月やったりします。

ちょうど、夏にやった年の冬は、インフルエンザにかからなかった、というわけです。

 

夏に、代謝や免疫力を上げる事をさぼったら、その代償が冬に出るんですね。

偶然かもしれませんが、あながち、的外れではないのではないでしょうか

 

それを思いついた時、「そっか!じゃあ、これから、夏は頑張って運動する!」と、高熱にうなされながら決意したのでした。

今年はちょっと遅くなりましたが、早速明日から(?)はじめます!

 

もう、インフルエンザでうなされるのはごめんですからね。

夏にきをつければ、かかる確率が減るなら、頑張りますよ!

あなたも一緒に、レッツダンシング、ですよ。

 

  スポンサードリンク  

関連記事

no image

骨粗鬆症は予防が大切!運動や栄養が決め手

閉経後の女性に多い、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という骨の病気があります。 年をとると、

記事を読む

胃下垂の症状と治療法は?腹筋を鍛えれば治る?

胃下垂と聞いてイメージするのが、「胃下垂の人は食べても太らない」 「痩せの大食い」といったところでし

記事を読む

プリン体とは?多く含まれている食品は?体への影響は?

プリンというと、お菓子のプリンを思い浮かべますが、プリン体とは何でしょうか。 プリン体オフの缶

記事を読む

橋本病とは?原因と症状チェックで予防する

橋本病という病気をご存知ですか? 日本人の女性に多く、特に40~50代の女性の、10人に1人の高い割

記事を読む

メニエール病の症状は?予防方法はある?

めまいや耳鳴りから疑われやすい病気として代表的なメニエール病。 メニエール病とは、一体どのよう

記事を読む

顎関節症(がくかんせつしょう)の症状は?自宅での治し方は?

顎関節症(がくかんせつしょう)に悩む人が、増えてきました。 顎関節症とは?症状や治し方は? 何科に行

記事を読む

炭酸水の効果とは?健康に美容にダイエットに効く

最近は炭酸水が人気です。 昔からあるメーカーのものから、スーパーのプライベートブランドまで、 甘い清

記事を読む

no image

亜麻仁油(アマ二油)の効果的な使い方とは?ダイエットやアトピーにも

ダイエットの天敵が油と言われているのは、体積に対してカロリーが高いからです。そして、食欲が増えて

記事を読む

帯状疱疹って感染するの?発症する理由やかかったら注意することは?

帯状疱疹(たいじょうほうしん)にかかった、という人が、周りに何人かいます。 かなり痛みを伴うと

記事を読む

no image

マヌカハニーの効果効能とは?美味しく食べて健康に!

  はちみつの中でも、マヌカハニーという種類のはちみつは、奇跡のはちみつ と言われて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑