*

女性ひとり旅のプランの立て方アドバイス 国内編その1

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 旅行

ひとり旅をする女性が、増えてきていますね。

ツアーや、ひとり旅歓迎の宿も増えました。

ひとり旅する時、特に女性の旅での、プランの立て方や、注意点

ベテランひとり旅の管理人ポノ子が、紹介します。

 

ひとり旅のメリット

ひとり旅のメリットは、

・同行者がいないので、気を使わずのんびり出来る。

全部自分の予定で(ツアーで行かない前提で)動ける。

・旅先での楽しい出会い。

ですね。

 

思い出を分かち合う人がいるのは、素敵なことですけど、

たまに1人でのんびり、知らない土地を旅するのも、

同じような日常の中での、スパイスになります。

 

意識が全部外に向くので、

友達や彼氏と行く旅より、後からよく覚えているものです。

 

ひとり旅ができるかチェック

 

1人で、旅行にいける人は、どのくらいいるのでしょうか?

 

中には、1人で、食堂に入れないという、女性もいますね。

ひとり旅に行くなら、ひとりご飯は必須なので、

ファストフード店しか入れないのでしたら、

ここはクリアしておきましょう。

 

立ち食い蕎麦屋や、牛丼店で1人で食事出来るなら、合格です。

女子力低いよっ!っていう野次は聞き流して、

ひとり旅で一皮むけたイイ女になれば、女子力はアップするのです。

 

どこに、どのようにして行く?

 

まず、どこに行くかは、最重要項目ですよね。

大体、どこに行きたいか、日ごろから情報を集めているから、

ひとり旅してみようかな?と思うので、

行きたい場所があると考え、ここは、割愛します。

 

次に、どのようにして行くか、ですが、

ひとり旅ツアーに参加

移動手段と宿泊先だけ決めて、あとは各自で動く、旅行会社のフリープラン

最初から最後まで、すべて自分で手配するひとり旅

①→③に行くほど、自由度が高く、料金も割高です。

 

ポノ子のおすすめは、②か③です。

 

①は、ほとんど団体旅行と変わりません。


スポンサードリンク

メリットといえば、皆ひとりだらけなので、旅先で友達が出来やすいです。

 

ですが、あまり気の合いそうもないひとと、席が隣同士になったら、

帰ってくるまで一緒なので、そうなってしまったら、面白くないのです。

 

ですから、②か③で行きましょう。

 

 

旅行会社のセレクトフリープランを利用する

 

a0731_000060

②を選んだ場合ですね。

旅行会社でよくある、交通機関と宿のみのパックです。

ネットより、旅行会社の店頭においてある

パンフレットによくある、企画です。

 

例えば、北海道にひとり旅に行く時、

②の方法で行こうとした場合

(ポノ子の初ひとり旅はこの方法でした)

最初に決めるのが、どの街に行くか、です。

 

いろいろ考えて、北から南下していこうと決めた場合、

釧路泊→富良野泊→札幌泊→函館泊、というルートをとるとします。

 

飛行機は、釧路空港着、函館空港発というチョイスですね。

 

宿は、釧路、富良野、札幌、函館の街の、そのパンフレットに載っている宿から、

ランクの追加料金なども考慮して、選びます。

 

すでに、行きと帰りの足と、宿は確保したので、

あと考えることは、途中の移動手段のことです。

 

これも、旅行会社のオプションでついている場合もあります。

その場合は、観光をしながら、次の街に連れて行ってくれたりします。

 

1日目釧路に泊まり、2日目釧路→富良野でいうと、

朝、釧路を7:39のスーパーあおぞら4号にのれば、富良野に11時35に着く…とか、

1つ1つ、時刻表とにらめっこしながら、大体の時間を決めておいた方が良いです。

 

これが、東京や大阪など、都会だったら、時間を決めずに動けます

次の列車がすぐ来るからです。

 

もしくは、レンタカープランも選択肢としてアリです。

それなら、列車の時間を気にしなくていいです。

ですが、連日運転は疲れるので、一日おきに列車で移動とかにしましょう。

 

列車移動、レンタカーともに、余裕をもったスケジュールを組みましょう。

 

では、③を選んだ場合の注意点は?

長くなったので、次回にします。お楽しみに。

 

 

 

 


スポンサードリンク

関連記事

no image

軽井沢の観光スポット!著名人が通ったあの場所!避暑地の歴史も!

夏の避暑地の人気スポット、軽井沢。 今ではすっかり、アウトレットでの買い物で有名ですが、

記事を読む

no image

北海道へフェリーで行く。ルートや料金を比較!

北海道へ旅行に行くのに飛行機で行くことが多いですね。たまにはマイカーでフェリーを使って行ってみません

記事を読む

no image

青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが お囃子やハネトといわれ

記事を読む

函館 観光おすすめスポット 夜景の裏技やラッキーピエロ紹介!

函館は、坂の多い街です。何気ない風景が絵になる街です。 いろんなステキな場所がありますが、 マニア

記事を読む

no image

夜行バス 女性専用車がアツい!最新の夜行バス事情

夏休みは、帰省したり旅行したり、何かと交通手段に頭を悩ませますよね。 安いけれど、ツライ、痛い

記事を読む

no image

スーツケースはどれを買う?損をしないための事前チェック

最近では国内旅行にもキャスター付きのスーツケースが大活躍です。 空港でのスーツケース扱いをみると破損

記事を読む

女性ひとり旅のプランの立て方アドバイス 国内編その2

女性ひとり旅、プランの立て方アドバイスの2回目です。 今回は、すべて自分で手配する、個人旅行のプラン

記事を読む

軽井沢の安い駐車場と、渋滞を避ける方法とは

軽井沢は5月のGWとお盆の時期は、観光客の車でごった返し、大渋滞になります。 特に碓井軽井沢I

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑