*

コレステロールを下げるには?食事は何を食べればいいの?運動は?

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 健康

健康診断でコレステロール値が高い、と出てしまったなら、改善が必要です。

放っておくと、血管が詰まる病気になりやすく、大変危険です。

コレステロールを下げる方法、何を食べて、何を食べない ほうがいいのか?

コレステロール値と運動の関係も、紹介します。

 

  スポンサードリンク  
コレステロールとは?

コレステロールとは、脂肪の一種で、ホルモンの材料になったり、

細胞膜の材料になったりします。

一日に必要なコレステロール値のうち、1/3~1/4は、食べ物から摂取してまかない

大部分は体内、主に肝臓で作られています。

 

コレステロールには、善玉コレステロール(HDL悪玉コレステロール(LDLがあり、

HDLとLDLのバランスが崩れると、体に悪い影響があります。

 

一般には、

総コレステロール値             240mg/dl未満
LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値 60~140mg/dl
HDLコレステロール(善玉コレステロール)値 40~99mg/dl

 

がセーフで、これ以上になると、治療が必要です。

 

それぞれのコレステロールの役目

 

LDL(悪玉)の働きは、体の隅々に、コレステロールを届けることです。

この数値が多くなると、コレステロールが過剰になり、

血管を詰まりやすくしてしまいます。

 

HDL(善玉)の働きは、増えすぎたコレステロールを排除する働きがあります。

 

両方とも必要なものなので、悪玉と言われるLDLが正常値でも

善玉のHDLが少なすぎるなら、

バランスが崩れて しまっていることになり、治療が必要です。

a0002_001139

 

 

コレステロール値が高くなる原因

 

コレステロール値が高い場合、大体において、悪玉であるLDLの値が大きいのです。

原因は、高血圧や、糖尿病、甲状腺機能低下やステロイドホルモン剤の服用

遺伝などがあります。

甲状腺機能低下(橋本病)については、こちらの記事も参考にどうぞ。

橋本病とは?原因と症状チェックで予防する

 

生活習慣が原因の、コレステロール値の高い食生活や、運動不足によるものは、

日々の注意で改善 が見込まれますので、ぜひ取り組みましょう。

スポンサードリンク

 

コレステロールを下げる食事とは?

 

コレステロール値を下げるには、

①食べないほうが良いものをやめて、

②食べるべきものを積極的に取る必要があります。

 

①食べないほうが良いもの

 

●飽和脂肪酸

常温で固形になる油、バター、肉の脂、クリームなどです。

ラーメンやチャーハン、揚げ物をよく食べたり、甘いものが好きなら、

飽和脂肪酸の取り過ぎを気にしてみましょう。

 

●トランス脂肪酸

マーガリンや、ショートニングなど、ファストフードの揚げ油は

トランス脂肪酸です。

動脈硬化、心臓疾患などの原因 となります。

油の種類についてのこちらの記事も参考にしてみてください

亜麻仁油の効果的な使い方とは?ダイエットやアトピーにも

 

②食べるべきもの

 

●水溶性食物繊維

コレステロールを外に排出する働きがあります。

ライ麦、納豆、ごぼう、かぼちゃ、果物などに多く含まれています。

 

●玉ねぎ(オニオンスライス)

玉ねぎを生で食べると、血液サラサラ効果が期待できて

コレステロール値を下げます。

 

●しいたけ

しいたけに含まれるエリタデニンは、血管の外にコレステロールを出す働きがあります。

 

●緑茶

緑茶に含まれるカテキンはコレステロールの吸収を抑える 働きがあります。

 

●オメガ3系の油

魚の脂(DHA・EPA)や、亜麻仁油、エゴマ油などは

コレステロールを下げる働きをします。

 

●ビタミンC・E

抗酸化作用で、コレステロールの酸化を防ぎます。

 

コレステロールと運動の関係

 

運動で直接、悪玉コレステロールを減らすことはできません。

ですが、善玉コレステロール(HDL)は有酸素運動で増える のです。

 

ジョギングやウオーキングをすれば、善玉コレステロールが増えるので、

必然的に、コレステロールを排出する働きが増えて、

悪玉コレステロールも減っていく、ということです。

 

食事と運動をうまく取り入れて、コレステロールを下げ、

動脈硬化を防いで、いつまでも若い血管を作りましょう。

 

  スポンサードリンク  

関連記事

no image

秋が旬の食べ物 冬に備える体づくり

旬の食べ物は、その季節に必要な栄養素にあふれています。 必ずきちんと取って、冬の寒さに

記事を読む

no image

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

夏の風物詩といえば土用の丑の日に鰻(うなぎ)、ですよね。ではなぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるんで

記事を読む

no image

子供の外反母趾が増えている!原因と予防の方法とは?

ライフスタイルの変化により、現在の小学生の半分が足裏に異常 が出ています。 外反母趾や偏平足、浮足な

記事を読む

エアウィーヴの効果すごい?!睡眠の質が上がるとメリット多し

ぐっすり寝たはずなのに疲れが抜けた感じがしない...。腰が痛くて眠れない...。など、そんな症状に悩

記事を読む

胃下垂の症状と治療法は?腹筋を鍛えれば治る?

胃下垂と聞いてイメージするのが、「胃下垂の人は食べても太らない」 「痩せの大食い」といったところでし

記事を読む

温活とは?ダイエットにもなるあったか習慣のすすめ

  最近目にする言葉、「温活」をご存知ですか? 温活とは、体を温める活動の事。 冷え性は万病のもと

記事を読む

腰痛の決め手は背筋!でも鍛えすぎにご用心!

腰痛予防には、腹筋が良いといわれていますよね。 ですが、腹筋を鍛えすぎたり、間違ったトレーニングをす

記事を読む

no image

マヌカハニーの効果効能とは?美味しく食べて健康に!

  はちみつの中でも、マヌカハニーという種類のはちみつは、奇跡のはちみつ と言われて

記事を読む

葉酸が妊活・妊娠に必要なわけとは?オススメの葉酸サプリは?

妊活・妊娠中に欠かせない栄養として認識が高まっている葉酸。大切な赤ちゃんのためだからこそ、慎重になり

記事を読む

足が熱い原因は?隠れ冷え性の疑い?

夏、足の裏がほてって、困ったことはありませんか? 夏だから、暑いのが当たり前なのに、なぜか足の裏が異

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大津祭2018の日程と見どころを紹介 無形文化財の曳山のすばらしさを堪能

京都の祇園祭を、色濃く継いでいる大津祭が10月に行われます。 天

名古屋祭り2018  歴史ある名古屋の名物秋祭り 今年はディズニーも!

昭和30年から続く名古屋の秋祭り「名古屋まつり」が今年で64回目を迎え

八代花火大会2018の日程は?九州で花火競技会といえばココ!

毎年恒例の八代花火大会は、10月中旬に開催されます。 今年の「や

備前焼祭り2018の日程と見どころや備前焼の魅力を紹介します

備前焼祭りが今年も開催されます。 愛好家だけでなく、普段使いにし

no image
青森ねぶた祭り 2018年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑