*

軽井沢の安い駐車場と、渋滞を避ける方法とは

公開日: : 最終更新日:2016/06/07 旅行

軽井沢は5月のGWとお盆の時期は、観光客の車でごった返し、大渋滞になります。

特に碓井軽井沢ICから軽井沢アウトレットに向かう道と、

新幹線と並行して走っている国道18号の、軽井沢駅から中軽井沢駅の区間は、

車が止まったまま動かなくなってしまいます。

そこで、軽井沢に行くときの渋滞を避けるコツを教えます。

 

  スポンサードリンク  
まず、朝は早くから行動しましょう!

 karuizawaeki

軽井沢アウトレットが午前10時に開店 しますので(繁忙期は9時開店の日もあり)、

碓井軽井沢ICからアウトレットに向かう観光客の車が込み始めます。

なので、それまでにここを通過することが必要です。

 

朝は頑張って早起きをしましょう。

パークイーストとパークウェストの駐車場は24時間やっています。

ニューイーストとニューウェストは、営業開始の2時間前から利用可能です。

2時間まで300円(2000円以上買い物をすれば無料)それ以降は1時間100円です。

旧軽井沢付近の駐車場は3時間で1000円くらいかかりますので

ここで少し買い物をすれば、同じ料金で12時間(買い物をしないと9時間)停められることになります。

 

軽井沢ショッピングプラザMap
map_all

移動はレンタサイクルを借りよう。

 

アウトレット近くにもレンタサイクル 店がありますし、

イースト、ニューイースト側にとめれば軽井沢駅が近いので、

駅の中を通って北口に出ます。レンタサイクル店がたくさんあります。

 

自転車なら、旧軽井沢や別荘街などの細い道でも楽に行けるので便利です。

塩沢湖まで足をのばせば、おもちゃや絵本の美術館もあるので楽しめます。

暑い夏に自転車で、涼しい森の中をサイクリング するのも気持ちいがいいです。

karuizawa

料金は半日で1300円くらい (店舗によって多少変わります)。

そのほか1時間単位で料金がきめられています。

 

帰りの渋滞を回避する方法

 

自転車で半日満喫して、アウトレットで買い物を楽しんだら、帰宅になりますが、

またまた、渋滞が気になります。

通常、碓井軽井沢ICからは15分くらいで着く距離ですが、

渋滞の時には2時間以上 かかるときもあります。

 

方法としては

①帰る時間をすごく早くorすごく遅くする。

これは人と同じ時間の行動を避けることによって、渋滞を回避する方法です。

午後の早い時間に帰ることにするか、夕食も軽井沢でとってから帰るか?ということです。

 

早く切り上げて、星野温泉近くに新しくできたショップなどを見に行くか、

鬼押し出しに行ってから戻ってくるとか(帰りが遅くなる覚悟で)

あえてドライブを楽しんでみるのはどうでしょうか。

http://www.hoshino-area.jp/
星野エリアHP
http://www.princehotels.co.jp/amuse/onioshidashi/
鬼押し出し園HP
 

②アウトレットから東に行きひとつ先の松井田妙義ICから帰る。

2時間の渋滞にはまるくらいなら、アウトレットからほとんど渋滞なしの

碓氷峠を通って40分で、松井田妙義IC にいくというのはどうでしょうか。

碓井峠は山道なので運転に気をつけてください。

 

アウトレットに行かないなら駐車場をタダにする方法がある

 

それは駐車場を持っているレンタサイクル屋さんで、自転車を借りる 方法です。

http://karuizawarentaca.main.jp/?page_id=71
アクティブサイクル(軽井沢駅北口そば)

こちらはレンタサイクルのお客さんに駐車場料金を無料で車を置かせてもらえます(17台)。

シーズン中は予約した方が確実です。

 

http://www13.ocn.ne.jp/~c-mate/f_top.htm
サクラメイト(4店舗あり)

こちらも無料で駐車場を貸してくれます。HPに割引券あり。

 

ほかにも駐車場にタダで車を置かせてくれるレンタサイクル屋さんは結構あります。

シーズン中は電話で確認 したほうがいいです。

 

無料で借りる場合、自転車を返してもまだ、車をタダで置かせてくれるかわかりませんので

自転車を一日借りるか(一日で1800円くらい)自転車を返したら、

別の場所に移動するのがいいでしょう。

 

その際、日中の国道18号線の軽井沢~中軽井沢間 と、

アウトレットの西側の通称プリンス通り は、大渋滞ですので、そこを避けて移動してください。

やはり帰りは、上記の渋滞を回避する方法をとって、ストレスなく、安全運転で家まで帰ってくださいね。

 

http://karuizawa-kankokyokai.jp/

軽井沢観光協会HP

 

軽井沢の観光スポットを紹介しています。

軽井沢の観光スポット!著名人が通ったあの場所!避暑地の歴史も!

 

GWのなか日の最悪な渋滞に遭遇 赤ちゃんより遅い?

 

地元なもので、軽井沢に行く時には、必ず平日に行っていました。

もちろん、会社をお休みして、ですよ!

混雑具合は、よーくわかっていたからです。

 

それが、GWの連休なか日に行くことになってしまいました。

高速は混むだろうと予想して、下道で行きました。

碓氷峠は、旧と新があり、旧道のほうは上記で紹介した、渋滞を避ける道です。

 

旧碓氷峠は、けっこう険しい峠道です。運転上級者におすすめです。

新碓氷峠は、同じくねくね道でも、運転に自信がない私でも、何とか行けました。

でも、新碓氷峠の弱点は、南軽井沢の交差点から、高速組と合流するということです!

 

朝、10時頃、南軽井沢の交差点までは、もちろん、渋滞知らずで行けました、が!

そこから、どういう結果になったかというと、500m進むのに、1時間を要したという、とても残念な体験をしてしまいました。

 

時速0.5キロですよ。たぶん、赤ちゃんのハイハイより、遅いですよ!

やもたてもたまらず、通りのはたの、レンタサイクル店にgoしました(涙)

アウトレットは、まだはるか先だというのに。

 

でも自転車ならスイスイ。天気が悪く時折小雨が降ったりしましたが、GWの貴重な休みを、リゾートで楽しむことが出来ました。

・GWとお盆には、軽井沢に行かない!

・行く時は、絶対に早起きする!

これを、固く心に決めましたね。

 

最近ではアウトレットも売り場拡大したり、ますます混む要素が増しています。

そんななか、ハルニレテラス(星野リゾート内)で、朝7時ころから朝食を食べるという、トレンドもあるとか。

軽井沢に行く時は、「早起きは三文の得」を実感することになりそうです。

  スポンサードリンク  

関連記事

no image

北海道へフェリーで行く。ルートや料金を比較!

北海道へ旅行に行くのに飛行機で行くことが多いですね。たまにはマイカーでフェリーを使って行ってみません

記事を読む

函館 観光おすすめスポット 夜景の裏技やラッキーピエロ紹介!

函館は、坂の多い街です。何気ない風景が絵になる街です。 いろんなステキな場所がありますが、 マニア

記事を読む

no image

青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが お囃子やハネトといわれ

記事を読む

女性ひとり旅のプランの立て方アドバイス 国内編その1

ひとり旅をする女性が、増えてきていますね。 ツアーや、ひとり旅歓迎の宿も増えました。 ひとり旅する時

記事を読む

no image

軽井沢の観光スポット!著名人が通ったあの場所!避暑地の歴史も!

夏の避暑地の人気スポット、軽井沢。 今ではすっかり、アウトレットでの買い物で有名ですが、

記事を読む

no image

夜行バス 女性専用車がアツい!最新の夜行バス事情

夏休みは、帰省したり旅行したり、何かと交通手段に頭を悩ませますよね。 安いけれど、ツライ、痛い

記事を読む

no image

スーツケースはどれを買う?損をしないための事前チェック

最近では国内旅行にもキャスター付きのスーツケースが大活躍です。 空港でのスーツケース扱いをみると破損

記事を読む

女性ひとり旅のプランの立て方アドバイス 国内編その2

女性ひとり旅、プランの立て方アドバイスの2回目です。 今回は、すべて自分で手配する、個人旅行のプラン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑