*

胃下垂の症状と治療法は?腹筋を鍛えれば治る?

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 健康

胃下垂と聞いてイメージするのが、「胃下垂の人は食べても太らない」

「痩せの大食い」といったところでしょうか。

胃下垂とは、一体どんな状態の事を言うのでしょうか?

症状は?改善する方法があるのか?胃下垂についてお教えします。

 

  スポンサードリンク  
胃下垂とは?

胃下垂とは、文字通り、胃が下がっている状態のを言います。

胃の正常な位置は、みぞおちあたりなんですが、

へそのあたりまで下がっていたり、ひどくなると、骨盤のあたりまで下がってしまいます。

 

胃の上部、食道からすぐは、正常の人と同じ位置にあり、

下部が下がっていて、胃の形が縦に細長くなっている 形状です。

 

胃下垂の原因は?

 

胃下垂の原因は、さまざまな説があります。

 

腹筋が弱くなっているため

お腹にある腹筋が弱くなると、本来肋骨(ろっこつ)の中に入っているはずの内臓が、

下に落ちてしまい、元の位置にもどらなくなってしまうことが原因で、胃下垂になります。

 

ストレスが原因

緊張やストレス状態にさらされ、副交感神経が正常に働かなくなる と、

胃に入った食物を消化する機能が弱まり、長い時間胃の中にとどまるため、

その状態が繰り返されると、だんだんと胃が下がってきてしまいます。

 

骨の歪みが原因

骨、特に肋骨が歪んだり、両側の肋骨が縮んで、スペースが狭くなり

本来、肋骨の中に入るべき内臓が、下に押し出されてしまうためです。

肺や心臓、肝臓など、胃よりも上部にある内臓に押し出され、胃が下に出て しまいます。

 

この場合は、肺も押しつぶされているため、深呼吸をするのが苦手になります。

035267_min

胃下垂が悪化すると胃アトニ―に!

 

胃下垂の人の自覚症状は、ない場合もあります。

胃のレントゲンを撮って、初めて胃下垂と診断され、驚くケースも多いです。

 

食後にお腹のどこが膨れるかを見れば、よくわかります。

正常の人は、みぞおちあたり、へその上部が膨れます。

胃下垂の人は、へそのあたりやその下、いわゆる下腹部がポッコリ と出てしまいます。

 

胃下垂が悪化すると、胃アトニ―という病気になりやすくなります。

胃アトニ―とは、胃の内部筋肉がゆるみ、消化吸収がうまく出来ない 病気です。

症状は、胃もたれ、食欲不振、胃痛 膨満感(食後にお腹が張ったようになること)などです。

 

もっとひどくなると、胃酸のバランスが崩れ、胃炎や潰瘍の引き金になります。

 

胃が常時冷たいため、全身が冷え性になり、冷え性が原因のさまざまな病気の引き金にまります。

 

胃下垂でも、体調不良を感じなければ特に治療は、行われません。

胃アトニ―になってしまって、うまく栄養が取れなくなった場合は、

食事の量を少なくして、回数を多くしたり など、日々の生活に工夫が必要です。

 

食後は、横になると、食べ物が停滞しないので、楽に感じます。

食後にすぐに横になるのは、行儀が悪いと言われる行為ですが、

胃下垂の人にとって、少し食事して横になることは、必要なことなのです。

sute-ki

胃下垂は太らないか?

 

最近は、胃下垂の人は太らないという噂を真に受けて、

若い人は、胃下垂になる方法 を探しているようです。

 

確かに、胃下垂の人は、痩せている人が多いです。

それは、食欲不振だったり、消化吸収が悪かったりするからなのです。

 

正常な人が胃下垂になりたい、といって、無理に胃下垂になろうとするのは、

健康面でリスク が大きすぎます。

正しい方法で減量をするようにしましょう。

 

胃下垂(胃アトニ―)の治療法

 

胃下垂を改善するには、その原因によって、対処法を考える必要があります。

先ほどあげた原因の要素が混ざり合っているので、複合的に改善方法 を行うべきです。

 

●腹筋が弱くなっている原因に対して

 

腹筋や、全身の筋肉を鍛えましょう。

胃下垂の人は、運動不足が多いので、腹筋運動や、全身運動、

ウオーキングなど、有酸素運動も並行して行いましょう。

 

有酸素運動を習慣にすれば、ストレス解消 にもなります。

動画を参考に腹筋運動をしましょう。

●姿勢を正す

 

胃下垂の人は猫背になっています。

姿勢を正しくすれば、腹筋に力が入ります

姿勢を正しくすることが、重要です。

 

●ストレスが原因に対して

 

ストレスや、緊張状態を解消する習慣をつけましょう。

夜寝る前に、ゆったりとした時間を過ごしたり、ヨガや、ストレッチで体をのばしたり、

有酸素運動で心地よい汗をかいて、ストレス解消を心がけましょう。

 

●骨の歪みが原因に対して

 

肋骨が歪んでいるということは、バランスを取るために、

骨盤を含め、全身の骨が歪んでいる 状態です。

 

自分でできる範囲で、歪み解消の体操をしてみたり、

それでも改善されないようなら、整体に行って、骨の歪みを正しましょう。

 

●食事の取り方に気をつける

 

もともと消化吸収が悪ので、暴飲暴食をひかえ 、消化のいいものを回数を増やし食べるなど

工夫が必要です。

 

専門医に相談し、消化吸収を助ける治療や薬を処方してもらったり、

漢方でも、消化器系にいい漢方薬もあるので、専門店で相談してみましょう。

 
 

  スポンサードリンク  

関連記事

no image

い草を食べると痩せる?

畳に使われるい草、昔は薬草として使われていました。 現在はあまり食用には使われないのですが、 い草

記事を読む

片頭痛の原因は?予防法は?避けたほうが良いものは?

  日頃、片頭痛に悩まされる人には、共通点があります。 病院で診てもらうだけでなく、自分

記事を読む

腰痛の決め手は背筋!でも鍛えすぎにご用心!

腰痛予防には、腹筋が良いといわれていますよね。 ですが、腹筋を鍛えすぎたり、間違ったトレーニングをす

記事を読む

冬の隠れ脱水は空気の乾燥が原因?命にかかわるほど重大なの?

冬になると空気が乾燥してきますね。 空気が乾燥すると、肌が突っ張ったり、インフルエンザにかかり

記事を読む

顎関節症(がくかんせつしょう)の症状は?自宅での治し方は?

顎関節症(がくかんせつしょう)に悩む人が、増えてきました。 顎関節症とは?症状や治し方は? 何科に行

記事を読む

no image

骨粗鬆症は予防が大切!運動や栄養が決め手

閉経後の女性に多い、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という骨の病気があります。 年をとると、

記事を読む

隠れ難聴は大人の中耳炎?それは急性・滲出性・好酸球性?

  中耳炎とは、中耳が炎症を起こすことを言います。 主な特徴と言えば、耳痛、難聴、耳だれな

記事を読む

no image

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

夏の風物詩といえば土用の丑の日に鰻(うなぎ)、ですよね。ではなぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるんで

記事を読む

口内炎の原因は?痛みをすぐとる方法とは?

知らない間に出来ている、口内炎。 一度できると、2週間は治らないし、 食事の時も

記事を読む

炭酸水の効果とは?健康に美容にダイエットに効く

最近は炭酸水が人気です。 昔からあるメーカーのものから、スーパーのプライベートブランドまで、 甘い清

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑