*

ミュシャとは?ミュシャ展国内5か所で開催!アールヌーボーの美しい世界

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 おでかけ

2013年東京を皮切りに、全国5か所を回るミュシャ展

はたしてミュシャとは、一体どんな人物だったのでしょうか?

ミュシャの経歴と、魅力に迫ります。

 

  スポンサードリンク  
アルフォンス・ミュシャとは?

みゅしゃ3

アルフォンス・ミュシャは、19世紀末から活躍した画家

当時流行のアール・ヌーヴォー の、代表的な画家です。

 

アール・ヌーヴォーとは、19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパを中心に流行した

新しい芸術を意味する、花や植物をモチーフとした装飾が特徴の、美術運動です。

建築から絵画まで、幅広い分野で、流行しました。

 

その中で、グラフィックデザインの分野での代表画家が、アルフォンス・ミュシャです。

 

ミュシャは、現在のチェコで生まれ、舞台美術や壁画を描いていましたが失業し

雑誌の挿絵を書いていました。

 

myusha1

出世作「ジスモンダ」

フランスの大女優サラ・ベルナールに評価され

彼女の舞台のポスター が話題となり

ミュシャの出世作になりました。

 

その後、サラの専属ポスター画家、舞台美術家として活躍する一方

お菓子や、自転車などの企業ポスター も手掛け

独特の繊細で精密なタッチと、落ち着いた色調と、

高貴漂う人物描写が話題となり、

大人気のポスター画家、挿絵画家として活躍しました。

 

 

 

晩年は、チェコに戻り、舞台美術を手掛けたり、ポスターとはタッチの違う宗教絵画などを描きました。

 

ミュシャの絵画の魅力

 

ミュシャの魅力は、何と言っても、細部まで微細で美しい装飾性に優れ

流れるような曲線で描かれた美しい女性 です。

 

女性の髪の細かいライン、女性の体のラインを際立たせる衣装や、花をモチーフにした背景の装飾

ロマン漂う色彩。

 

ミュシャの絵は、100年たった今でも色あせないで

生き生きとした躍動感あふれる女性が描かれています。

 

組みの作品も数多く残っていて

有名なところでは、4枚組の「四季」「四つの星」「四芸術」などがあります。

ミュシャ2

「四季」

 

堺市立文化館・アルフォンス・ミュシャ館

 

大阪府堺市には、アルフォンス・ミュシャ館があります。

常設で、ミュシャの作品が展示されています。

 

彫刻やポスター、油絵など、さまざまなミュシャの作品が展示されている

日本で唯一のミュシャ専門の美術館です。

 

企画展も定期的に行っています。

堺市立文化館・アルフォンス・ミュシャ館

住所   :大阪府堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館4F(入口は2F)
電話   :072-222-5533
アクセス :JR阪和線堺市駅下車徒歩2分
開館時間 :9:30~17:15
観覧料  :大人500円 高・大学生300円 小・中学生100円

企画展「ミュシャの横顔」

開催期間:2013/07/13(土)~2013/11/10(日)

 

 

国内5か所を回るミュシャ展

 

日本テレビ開局60周年を記念して、「ミュシャ展・パリの夢 モラヴィアの祈り」 が、

国内5か所を回ります。

 

東京森アーツセンターギャラリーの様子です

 

東京が終わり次回、新潟、愛媛、宮城、北海道と回ります。

 

新潟県立万代島美術館

2013/6/1(土)~2013/8/11(日)

http://www.teny.co.jp/mucha/index.html

 

愛媛県美術館

2013/10/26(土)~2014/1/5(日)

 

宮城県美術館

2014/1/18(土)~2014/3/23(日)

 

北海道立近代美術館

2014/4/5(土)~2014/6/15(日)

 

 

ミュシャの魅力をもっと伝えたい管理人なのでした。

  スポンサードリンク  

関連記事

岩手雪まつり2016の日程は?体験型雪まつりはファミリーで楽しめる

意外と長い歴史の、岩手雪まつり。 前身の「小岩井かまくら」から数えて、今回が49回目となり、現

記事を読む

車酔いしない方法とは?乗る前の準備も大切

長距離のバス旅行や、ドライブでゆううつなのが、 車酔いですよね。 旅行はしたいけど、車酔いの

記事を読む

秩父夜祭り2016の日程は?有料観覧席が取れなくても見所満載

勇壮な山車の曳き回しと、鮮やかな冬の花火の競演が見事な「秩父夜祭」。 笑点でお馴染みの、林家た

記事を読む

カワサキハロウィン2016は日本最大級!川崎にカモン!

神奈川県川崎市の秋を盛り上げる一大イベント、カワサキハロウィン。 日本最大級のハロウィンイベン

記事を読む

佐賀バルーンフェスタ2016の日程と見どころ紹介 大空に広がる夢のイベント

今年もアジア最大の熱気球競技イベント「佐賀バルーンフェスタ」が10月28日に開幕します。 毎年

記事を読む

伊勢神宮の内宮と外宮のアクセスは?お参りの注意点も紹介

2013年には、式年遷宮で話題になった伊勢神宮。 その翌年である2014年は、より一層のご利益

記事を読む

新居浜太鼓祭り2015の日程は?迫力の太鼓台の差し上げを見に行こう

愛媛県で行われる、新居浜太鼓祭りの季節がやってきました。 今年の日程や、見どころなど、地元の人

記事を読む

no image

プラネタリウム 関東の人気スポットを紹介!その1

最近のプラネタリウムは、ただ星を映し、説明するだけではなく さまざまなオリジナル企画がみられます。

記事を読む

no image

車の運転上達のコツ ペーパードライバーから早く脱出する

ぺーパードライバーで、いざ運転をしないといけなくなった時、ちょっと怖いですよね。 とりあえず慣

記事を読む

札幌オータムフェスト2014の日程や見どころ紹介!今年は規模拡大?!

一足早く本格的な秋を迎える北海道で、今年も秋の一大イベント「札幌オータムフェスト2014」が開催され

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑