*

骨粗鬆症は予防が大切!運動や栄養が決め手

公開日: : 最終更新日:2014/11/19 健康

039211

閉経後の女性に多い、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という骨の病気があります。

年をとると、骨がスカスカになり、骨折しやすくなってしまいます。

骨粗鬆症の解説と、治療や予防法、日ごろから心がけたいコツを紹介します。

 

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは?

 

粗鬆症とは、骨の密度である、骨密度が減って、骨が弱くなってしまう病気です。

自覚症状がないため、骨粗鬆症になっていても気がつかず

骨折して病院に行き、骨密度を測ったら、骨粗鬆症だった、というケースがほとんどです。

 

高齢になると、骨折から寝たきりになってしまうケースが非常に多く

お年寄りの骨折しないための注意は、非常に重要 です。

 

女性に多い病気 高齢の男性も注意が必要

 

女性に多い原因は、閉経によるホルモンバランスの崩れ、です。

この原因によって、女性の患者が多くを占め

実際の2割程度しか、治療を受けていない のが現状です。

 

痛みがないので、実際に骨折をしないと、骨の状態がスカスカだとしても

気がつかないで生活ができてしまうからです。

 

そのほか、喫煙や、極端なダイエットや、偏食によっても、骨密度が低くなります。

男性も、70歳を過ぎたら、骨密度の検査を受けたほうがいいのです。

010907

 

骨粗鬆症チェック

 

以下のような症状に心当たりがありますか?

 

・運動をあまりしない

・好き嫌いが多い

・魚や豆類、牛乳や乳製品をあまりとらない

・最近、背が縮んだ気がする

・腰が曲がってきた気がする

・女性は閉経している、男性は70歳以上だ

・家族に骨粗鬆症を診断された人がいる

・アルコールをたくさん取る

・煙草をたくさん吸う

・過去に些細なことで骨折したことがある

 

このような傾向がある人は、骨粗鬆症になりやすいので、注意が必要です。

牛乳

 

治療薬の種類

 

骨粗鬆症の治療に使われる薬

・カルシウムを補う

・女性ホルモンに似た作用

・骨の細胞を強化する薬

など、さまざまな方向から治療し、それに合う薬が処方されます。

 

最新の薬は、月に1度飲めばいい ものも、処方薬として飲むことができます。


スポンサードリンク

わずらわしさがな、ということで、需要は今後も伸びていくでしょう。

かかりつけの専門医に相談の上、希望を言ってみてはいかがでしょうか。

 

子供のころから始める予防

 

子供のうちから、骨粗鬆症の予防対策が必要です。

現代では、加工食品の増加により、体内に毒素がたまりやすくなっていたり

食生活の種類も豊富になって、偏食したり、無理なダイエットをしてしまいがちです。

 

若いうちから、カルシウムを積極的に取ったり

バランスのいい食生活 を心がけましょう。

 

日常に運動を取り入れた生活も、骨を丈夫にする上で必要なことです。

 

骨は自分の体重の反動で強くなる

 

宇宙飛行士が、宇宙から帰ってくると、全員が骨粗鬆症になっています。

これは、たった1週間でも、地に足をつけない生活をするから です。

 

足を大地に踏み下ろし、その反動で、骨が強くなります。

足を積極的に使った運動を、習慣にしましょう。

ranningu

2分で2時間の効果に匹敵する運動とは?

 

昭和大学整形外科の阪本教授は、フラミンゴ療法というものを提唱しており

片足で1分立つと、53分間歩いたのと同じだけの骨への刺激 があると、発表しています。

 

片方1分ずつ、片足立ちをすれば、2時間ウオーキングした場合と同じだけの

骨への刺激が得られるのです。

 

本当は、全身を使った運動が好ましいですが、

時間がない時には、2分で骨が強くなるのであれば、

やらない手はないですね。

 

積極的に取りたい栄養素

 

1.カルシウム

食事としては、カルシウムを多く含むものを取りましょう。

小魚や甲殻類など、牛乳や乳製品に多く含まれています。

 

2.ビタミンD

ビタミンDはカルシウムの吸収を助けます

きくらげ、うなぎ、さんまなどに多く含まれます。

 

3.ビタミンK

ビタミンKは骨形成を促す作用をします。

卵、納豆、ほうれん草、にら、小松菜などに多く含まれます。

 

自分の生活を振り返って、心配になったら

将来のために、今から骨を丈夫にする習慣 をつけましょう。

 


スポンサードリンク

関連記事

no image

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

夏の風物詩といえば土用の丑の日に鰻(うなぎ)、ですよね。ではなぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるんで

記事を読む

静電気がおこりやすい体質は?対策は?防止グッズって効果あり?

冬になると、静電気がおこりやすくなります。 ドアノブに触ると、バチッといったり。   静

記事を読む

no image

味覚障害は亜鉛不足が原因?若者の舌が危ない!

最近の若者の特徴として、味覚障害が増えているという専門家の医師の報告がありました。 味

記事を読む

顎関節症(がくかんせつしょう)の症状は?自宅での治し方は?

顎関節症(がくかんせつしょう)に悩む人が、増えてきました。 顎関節症とは?症状や治し方は? 何科に行

記事を読む

メニエール病の症状は?予防方法はある?

めまいや耳鳴りから疑われやすい病気として代表的なメニエール病。 メニエール病とは、一体どのよう

記事を読む

ミドリムシの驚くべき効果とは?ミドリムシが人類を救う?

最近、テレビなどで、紹介されているミドリムシ。 栄養価が高く、栄養のバランスも良く、吸収率も

記事を読む

橋本病とは?原因と症状チェックで予防する

橋本病という病気をご存知ですか? 日本人の女性に多く、特に40~50代の女性の、10人に1人の高い割

記事を読む

no image

亜麻仁油(アマ二油)の効果的な使い方とは?ダイエットやアトピーにも

ダイエットの天敵が油と言われているのは、体積に対してカロリーが高いからです。そして、食欲が増えて

記事を読む

足が熱い原因は?隠れ冷え性の疑い?

夏、足の裏がほてって、困ったことはありませんか? 夏だから、暑いのが当たり前なのに、なぜか足の裏が異

記事を読む

反り腰とは?改善方法は?ほおっておくと腰痛に!

反り腰をご存じでしょうか? 自分でも、姿勢を正しくしようとして、反り腰になっていませんか? 反り腰の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑