*

味覚障害は亜鉛不足が原因?若者の舌が危ない!

公開日: : 最終更新日:2016/06/07 健康

a0002_010299

最近の若者の特徴として、味覚障害が増えているという専門家の医師の報告がありました。

味覚障害とは?亜鉛が関係しているらしいが、どういうこと?

といった、疑問についてまとめました。

 

味覚障害とは?

 

味覚障害の症状は

  • 味覚減退(味の感覚が鈍ってくる
  • 味覚消失(味がわからなくなる)
  • 自発性異常味覚(何も口にしていないのに、味覚を感じる)
  • 異味症(違う味を感じる)

などがあります。

これにひとつでも当てはまると、味覚障害です。

そして、現代の若者の深刻な問題は、味覚障害の自覚症状があまりない、ということです。

 

味覚障害はなぜ起こる?

 

味覚を感じる機能は、舌にある、味を感知する舌のざらざらブツブツした部分「味蕾(みらい)」

食べ物が触れることによって、味蕾の中にある味孔から神経をとおって、脳に伝わります。

 

味覚の存在は、腐ったもの、毒物を口にした時に、体を守るために、

「吐き出せ」という命令を、脳が出すことを助ける、必要な機能です。

 

味覚症状の原因は、さまざまです。

  1. 舌炎・口内炎・舌のやけど
  2. 中耳炎
  3. 糖尿病
  4. ストレス・うつ

などで、1.の原因は、味蕾が傷ついたため、それ以外は脳に伝わる味覚神経のマヒによるものです。

 

現代の若者の味覚障害の原因が、この中にないのに、

ある日突然、味覚障害がおこる という、多数の症例があるのは、

味蕾の異常が原因となっているからです。

 

亜鉛不足が味蕾に影響する?

 

亜鉛とは、必須アミノ酸のひとつで、体の細胞の新陳代謝をになう栄養素です。

味蕾が味細胞を作る機能も、亜鉛の役割です。

 

不足すると、味覚障害はもとより、貧血、髪の毛が傷む、皮膚炎などの症状が出ます。


スポンサードリンク

 

亜鉛は、普通に食事をしていれば、特に不足することはないのですが、

以下の理由が、食生活の変化に伴って出てきた、現代の亜鉛不足の要因です。

 

1.食品自体に亜鉛の含有量が少なくなっている

窒素やリン酸をつかう、化学肥料の使用により、亜鉛を含んだ豊かな土壌が変化してしまいました。

野菜が育つ過程で、亜鉛が吸収されなくなるため、

普通にスーパーに売られているほうれん草と、有機農法で育てられたほうれん草は、

亜鉛の含有量が50倍 もの差ができる、という報告があります。

 

a0006_001124

 

2.加工食品に含まれる防腐剤の一種が、亜鉛の吸収を妨げる

外食や、コンビニ弁当、インスタント食品の多様化により、

いつでも好きなものを食べられる環境ができています。

 

加工食品に使われるポリリン酸ナトリウムは、亜鉛を体の外に出してしまい、

フィチン酸は、亜鉛を吸収しにくくします。

 

そのほか、精製された小麦は亜鉛をほとんど含んでいないので、

白いパン、パスタ などをよく食べるなら、亜鉛不足を心配するべきです。

 

亜鉛はとり過ぎると中毒になりますが、

中毒になるには、

・レバーなら1日28kg

・アワビなら1日20kg

続けて食べた場合なので、普通の生活では、取り過ぎるということはありません

 

亜鉛の多い食べ物

焼き鳥レバ

亜鉛が多く含まれる食品は、

  • カキ(貝の)
  • レバー
  • 牛肉赤身
  • チーズ
  • きな粉
  • インゲン豆
  • ほうれん草

などです。

 

亜鉛は水に溶けやすいので、調理も注意が必要です。

油には溶けにくいので、

  • 油で揚げる
  • 炒める

がオススメです。

 

野菜を洗った時、長い時間水につけておくことも、

亜鉛を減らしてしまうため、気をつけてください。

 

日々の食生活で不足しがちな亜鉛をきちんと取って、

健康に、食べ物を美味しくいただきたいですね。

 


スポンサードリンク

関連記事

炭酸水の効果とは?健康に美容にダイエットに効く

最近は炭酸水が人気です。 昔からあるメーカーのものから、スーパーのプライベートブランドまで、 甘い清

記事を読む

メニエール病の症状は?予防方法はある?

めまいや耳鳴りから疑われやすい病気として代表的なメニエール病。 メニエール病とは、一体どのよう

記事を読む

静電気がおこりやすい体質は?対策は?防止グッズって効果あり?

冬になると、静電気がおこりやすくなります。 ドアノブに触ると、バチッといったり。   静

記事を読む

no image

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?

夏の風物詩といえば土用の丑の日に鰻(うなぎ)、ですよね。ではなぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるんで

記事を読む

隠れ難聴は大人の中耳炎?それは急性・滲出性・好酸球性?

  中耳炎とは、中耳が炎症を起こすことを言います。 主な特徴と言えば、耳痛、難聴、耳だれな

記事を読む

no image

雑穀を食べよう!種類と効能 レシピ紹介!

最近では、雑穀が注目されています。雑穀米にして、毎日とりたいですね。 どんな雑穀がどんな効能がある

記事を読む

no image

貧血の予防・改善対策 効果的な栄養の取り方は?

貧血で一番多いのが、鉄欠乏性貧血です。 日ごろから、不足しがちな鉄を効果的に取る方法や、 貧血に必

記事を読む

片頭痛の原因は?予防法は?避けたほうが良いものは?

  日頃、片頭痛に悩まされる人には、共通点があります。 病院で診てもらうだけでなく、自分

記事を読む

冬の隠れ脱水は空気の乾燥が原因?命にかかわるほど重大なの?

冬になると空気が乾燥してきますね。 空気が乾燥すると、肌が突っ張ったり、インフルエンザにかかり

記事を読む

献血の条件は?血液検査で何がわかるの?

若者の献血離れが、にわかに心配の種になっています。 献血をすると何が良いのでしょうか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
片貝花火大会2017の日程は?世界一の花火を見よう!

国内で有名な花火大会というと、新潟県の長岡の花火大会や、秋田県の大曲花

高崎まつり 2017の日程は?見どころは?花火の穴場紹介も!

2017年の高崎まつりは、8月5日(土)~6日(日)に行われます。

柏崎花火大会2017の日程は?穴場スポットや渋滞情報も紹介

  新潟柏崎の花火大会は、ぎおん柏崎まつりの一部で行わ

板橋花火大会2017の日程は?穴場スポットは?戸田橋花火とダブルで楽しむ

東京の花火大会で、行ってみたい・行ってよかった花火大会で、1位

no image
青森ねぶた祭り 2017年の日程と詳細は?

東北の短い夏のお楽しみ、青森のねぶた祭りといったら、勇壮華美なねぶたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑