*

味覚障害は亜鉛不足が原因?若者の舌が危ない!

公開日: : 最終更新日:2016/06/07 健康

a0002_010299

最近の若者の特徴として、味覚障害が増えているという専門家の医師の報告がありました。

味覚障害とは?亜鉛が関係しているらしいが、どういうこと?

といった、疑問についてまとめました。

 

  スポンサードリンク  
味覚障害とは?

 

味覚障害の症状は

  • 味覚減退(味の感覚が鈍ってくる
  • 味覚消失(味がわからなくなる)
  • 自発性異常味覚(何も口にしていないのに、味覚を感じる)
  • 異味症(違う味を感じる)

などがあります。

これにひとつでも当てはまると、味覚障害です。

そして、現代の若者の深刻な問題は、味覚障害の自覚症状があまりない、ということです。

 

味覚障害はなぜ起こる?

 

味覚を感じる機能は、舌にある、味を感知する舌のざらざらブツブツした部分「味蕾(みらい)」

食べ物が触れることによって、味蕾の中にある味孔から神経をとおって、脳に伝わります。

 

味覚の存在は、腐ったもの、毒物を口にした時に、体を守るために、

「吐き出せ」という命令を、脳が出すことを助ける、必要な機能です。

 

味覚症状の原因は、さまざまです。

  1. 舌炎・口内炎・舌のやけど
  2. 中耳炎
  3. 糖尿病
  4. ストレス・うつ

などで、1.の原因は、味蕾が傷ついたため、それ以外は脳に伝わる味覚神経のマヒによるものです。

 

現代の若者の味覚障害の原因が、この中にないのに、

ある日突然、味覚障害がおこる という、多数の症例があるのは、

味蕾の異常が原因となっているからです。

 

亜鉛不足が味蕾に影響する?

 

亜鉛とは、必須アミノ酸のひとつで、体の細胞の新陳代謝をになう栄養素です。

味蕾が味細胞を作る機能も、亜鉛の役割です。

 

不足すると、味覚障害はもとより、貧血、髪の毛が傷む、皮膚炎などの症状が出ます。

スポンサードリンク

 

亜鉛は、普通に食事をしていれば、特に不足することはないのですが、

以下の理由が、食生活の変化に伴って出てきた、現代の亜鉛不足の要因です。

 

1.食品自体に亜鉛の含有量が少なくなっている

窒素やリン酸をつかう、化学肥料の使用により、亜鉛を含んだ豊かな土壌が変化してしまいました。

野菜が育つ過程で、亜鉛が吸収されなくなるため、

普通にスーパーに売られているほうれん草と、有機農法で育てられたほうれん草は、

亜鉛の含有量が50倍 もの差ができる、という報告があります。

 

a0006_001124

 

2.加工食品に含まれる防腐剤の一種が、亜鉛の吸収を妨げる

外食や、コンビニ弁当、インスタント食品の多様化により、

いつでも好きなものを食べられる環境ができています。

 

加工食品に使われるポリリン酸ナトリウムは、亜鉛を体の外に出してしまい、

フィチン酸は、亜鉛を吸収しにくくします。

 

そのほか、精製された小麦は亜鉛をほとんど含んでいないので、

白いパン、パスタ などをよく食べるなら、亜鉛不足を心配するべきです。

 

亜鉛はとり過ぎると中毒になりますが、

中毒になるには、

・レバーなら1日28kg

・アワビなら1日20kg

続けて食べた場合なので、普通の生活では、取り過ぎるということはありません

 

亜鉛の多い食べ物

焼き鳥レバ

亜鉛が多く含まれる食品は、

  • カキ(貝の)
  • レバー
  • 牛肉赤身
  • チーズ
  • きな粉
  • インゲン豆
  • ほうれん草

などです。

 

亜鉛は水に溶けやすいので、調理も注意が必要です。

油には溶けにくいので、

  • 油で揚げる
  • 炒める

がオススメです。

 

野菜を洗った時、長い時間水につけておくことも、

亜鉛を減らしてしまうため、気をつけてください。

 

日々の食生活で不足しがちな亜鉛をきちんと取って、

健康に、食べ物を美味しくいただきたいですね。

 

  スポンサードリンク  

関連記事

no image

亜麻仁油(アマ二油)の効果的な使い方とは?ダイエットやアトピーにも

ダイエットの天敵が油と言われているのは、体積に対してカロリーが高いからです。そして、食欲が増えて

記事を読む

炭酸水の効果とは?健康に美容にダイエットに効く

最近は炭酸水が人気です。 昔からあるメーカーのものから、スーパーのプライベートブランドまで、 甘い清

記事を読む

良く噛む効果とは?体と脳に効くスゴイ作用!

食事を美味しく食べられることは、幸せですね。 最近では、食べ物を良く噛むと、良い効果があると、 健

記事を読む

橋本病とは?原因と症状チェックで予防する

橋本病という病気をご存知ですか? 日本人の女性に多く、特に40~50代の女性の、10人に1人の高い割

記事を読む

チョコレートの意外な効果?ダイエットやリラックス効果もあり?

最近になってチョコレートの、健康効果が 見直されてきました。 美味しいおやつとして、代表的なお菓子

記事を読む

no image

い草を食べると痩せる?

畳に使われるい草、昔は薬草として使われていました。 現在はあまり食用には使われないのですが、 い草

記事を読む

プリン体とは?多く含まれている食品は?体への影響は?

プリンというと、お菓子のプリンを思い浮かべますが、プリン体とは何でしょうか。 プリン体オフの缶

記事を読む

帯状疱疹って感染するの?発症する理由やかかったら注意することは?

帯状疱疹(たいじょうほうしん)にかかった、という人が、周りに何人かいます。 かなり痛みを伴うと

記事を読む

顎関節症(がくかんせつしょう)の症状は?自宅での治し方は?

顎関節症(がくかんせつしょう)に悩む人が、増えてきました。 顎関節症とは?症状や治し方は? 何科に行

記事を読む

no image

秋が旬の食べ物 冬に備える体づくり

旬の食べ物は、その季節に必要な栄養素にあふれています。 必ずきちんと取って、冬の寒さに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

30品目の栄養がとれる雑穀米で健康的な献立を

今の食事にプラスするだけで、一日30品目の栄養をとることができる「三十

消臭除菌スプレーは子供にも安心なものにこだわる必要がある?!

インフルエンザや感染症が心配な時期、家庭での除菌や衛生管理が気になりま

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるな

タングルティーザーというヘアブラシが最強すぎる!

絡まりやすい髪、ツヤのない髪、細い髪、そんな扱いにくい髪に毎日悩まされ

しょうがを手軽にとって代謝アップ!美容やダイエットにも

お料理の隠し味や体を温めたい時、身近な食材として活躍する生姜。 体を

→もっと見る

PAGE TOP ↑