*

脳の成長は年をとっても続く?

公開日: : 最終更新日:2016/06/07 健康

考える

人間の体の機能は、20~25歳くらがピークで、それ以降は下降するという考えが一般的です。

ですが、脳は、年をとっても脳細胞は増えるのです。

日ごろの小さな習慣で、脳を若返らせる方法を紹介します。

 

  スポンサードリンク  
脳細胞はいくつになっても成長する

 

1998年にスウェーデンのエリクソン氏が

脳細胞はいくつになっても成長する 」という発表をしました。

それまでは年を取ったら、脳の機能も衰えると言われてきました。

 

現に、私たちの日常でも、「もう年だから」とか「言葉がなかなか出てこない」といった

愚痴めいた言い訳をしています。

正式に研究結果を発表されては、もう言い訳も通用しませんね。

 

脳の老化に関する間違い

 

脳は成長しない、という常識が、間違いだった事はわかりました。

ではこれはどう説明するのでしょうか?

 

●物忘れ、ど忘れが多くなってきた

これは、脳の能力の低下ではありません。

ど忘れとは、一度脳にしまわれた記憶が、うまく出てこないこと、を意味します。

うまく出てこないということは、アウトプットの経路が詰まっていることであり、

生活がマンネリ化してしまい、脳に新しい刺激を送っていないということです。

 

●若い人に比べ新しいことを覚えるのに時間がかかる

新しい記憶は、脳の海馬というところに入ります。

そこで、長く保存しておくべき記憶と、忘れてもいい記憶を分けるのですが、

それがうまくいかないと、記憶をとどめおくことができなくなります。

 

脳は使わない部分が、萎縮していくので、

海馬を活発にする習慣 を、日ごろから心がけることにより、改善していきます。

 

脳細胞を増やす3つのコツ

 

脳細胞を増やし、若い脳を保つ習慣を持ちましょう。

 

①運動する・楽器を演奏する

指は、脳の大脳皮質に影響を与えていると言われます。

指をよく動かす ことが、脳を若返らせることにつながります。

ウォーキングなど、同じリズムを繰り返す 動作は、

脳のストレスを取り除き、リラックス効果があります。

 

新しい趣味を持とうと、楽器を習い始めるケースも多いですが、

それらを総合すると、楽器を演奏するのは、とても理にかなっていると言えます。

  • 指を動かす
  • 同じリズムを刻む(練習をする)
  • 聴覚の刺激が脳に伝わる
  • 新しい事を覚えるため、脳が刺激される

音楽には興味がない、というのであれば、かえってストレスになってしまいますので、

スポンサードリンク

その場合は、定期的な運動をする事でも、同じ効果が期待できます。

 

いろんな楽器がありますが、ウクレレなどは、初心者からでも楽しめます。

初めてでも簡単に弾けるウクレレ講座の動画です。

 

②外出する

毎日の同じような生活が、考えることを遠ざけてしまいます。

年をとると、一日があっという間に過ぎていく、という感覚のことです。

 

いつもと違う道から通勤したり、異業種の集まり に積極的に参加したり、

まったく言葉がわからない国に旅行に行ったり、

興味があったがしていなかった、新しいことにチャレンジしたりして、

脳に刺激を与えれば、充実した時間が過ごせるし、脳も若返ります。

 

③頭を使う・勉強する

コンピュータープログラマーを年齢ごとに調査し、

「年輩プログラマーは、若い人に比べ新しい仕事についていくことが難しいか」

というテーマの研究を、ノースカロライナ州立大学が行いました。

 

その結果、年輩プログラマーは若い人よりも知識があり、

仕事のスキルも向上しているという結果が出ました。

 

新しいことを勉強したり、脳を使ったりすることは、脳を若返らせることにつながるのです。

「脳トレゲーム」や、興味を持った分野の資格の勉強を始めたりして、

積極的に考える習慣をつけましょう。

 

音読 も効果的です。

脳を活性化させる5つの方法として、

  1. 読む
  2. 触れる
  3. 書く
  4. 聴く
  5. 唱える

がありますが、音読は1・4・5の項目に該当します。

 

少し前にブームになった、脳のための「大人の塗り絵」「写経」

同じように複数の項目が該当しますね。

shakyou2

 

脳のためによくないことは?

 

それはストレス です。

 

日本人は、悪夢を見ることが多いという研究結果があります。

それは、寝る前に「今日の反省」をする癖があるからだそうです。

すると、寝ている間中、脳にストレスがかかってしまいます。

 

今日からは、寝る前に、「今日の出来事で良かったこと」を考えたり、

リラックスする音楽を聴いたり、気に入った写真集をのんびり眺めたり、

寝る直前には、ガヤガヤしたりバタバタしたりせずに(うるさいテレビ番組もダメ)

ゆったりとした時間を取って、寝るようにしましょう。

 

そして勉強がはかどる朝に早起きして

朝から勉強したり、運動したり、積極的に活動しましょう。

 

脳も気持も、ちょっとした心掛け次第で、若々しくいられるんですね!

  スポンサードリンク  

関連記事

ココアの効能は?アンチエイジングや体臭にも?

数年前に、ココアが健康に良いということで、 品切れになる現象が、おきました。 果たして、ココアが健

記事を読む

no image

貧血の予防・改善対策 原因と必要な栄養素は?

肩こり、冷え性、倦怠感、肌荒れなど、体のささいな不調も、貧血のサインだったりするのです。 貧血は万

記事を読む

ミドリムシの驚くべき効果とは?ミドリムシが人類を救う?

最近、テレビなどで、紹介されているミドリムシ。 栄養価が高く、栄養のバランスも良く、吸収率も

記事を読む

no image

秋が旬の食べ物 冬に備える体づくり

旬の食べ物は、その季節に必要な栄養素にあふれています。 必ずきちんと取って、冬の寒さに

記事を読む

足が熱い原因は?隠れ冷え性の疑い?

夏、足の裏がほてって、困ったことはありませんか? 夏だから、暑いのが当たり前なのに、なぜか足の裏が異

記事を読む

no image

雑穀を食べよう!種類と効能 レシピ紹介!

最近では、雑穀が注目されています。雑穀米にして、毎日とりたいですね。 どんな雑穀がどんな効能がある

記事を読む

no image

骨粗鬆症は予防が大切!運動や栄養が決め手

閉経後の女性に多い、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という骨の病気があります。 年をとると、

記事を読む

口内炎をアッという間に治し痛みをすぐとる方法はコレ!

口内炎の痛みを和らげる方法として、以前こちらの記事を紹介しました。 おかげさまで、いろんなところで取

記事を読む

口内炎の原因は?痛みをすぐとる方法とは?

知らない間に出来ている、口内炎。 一度できると、2週間は治らないし、 食事の時も

記事を読む

no image

い草を食べると痩せる?

畳に使われるい草、昔は薬草として使われていました。 現在はあまり食用には使われないのですが、 い草

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

30品目の栄養がとれる雑穀米で健康的な献立を

今の食事にプラスするだけで、一日30品目の栄養をとることができる「三十

消臭除菌スプレーは子供にも安心なものにこだわる必要がある?!

インフルエンザや感染症が心配な時期、家庭での除菌や衛生管理が気になりま

やさい酵素で生酵素を手軽に取る!発酵食品が美容と健康に効く?

近年、健康やダイエット食品として塩麹や甘酒などの発酵食品が見直されるな

タングルティーザーというヘアブラシが最強すぎる!

絡まりやすい髪、ツヤのない髪、細い髪、そんな扱いにくい髪に毎日悩まされ

しょうがを手軽にとって代謝アップ!美容やダイエットにも

お料理の隠し味や体を温めたい時、身近な食材として活躍する生姜。 体を

→もっと見る

PAGE TOP ↑